研究者
J-GLOBAL ID:200901039850026922   更新日: 2010年03月24日

吹田 篤治

スイタ トクジ | Suita Tokuji
所属機関・部署:
職名: 助手
研究分野 (2件): 応用数学、統計数学 ,  数学基礎
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2001 - ベッセル関数の数値計算とその性質
MISC (37件):
  • 吹田 篤治, 吉田年雄. ベッセル関数に関連する有限級数についての恒等式. 日本応用数理学会論文誌. 2002. 12. 2. 189-195
  • 吹田 篤治. 複素変数の実数次第2種ベッセル関数(単精度、倍精度). センターニュース Vol.28 Supplement 1 ライブラリプログラム 東京大学大型計算機センター. 1996. 28. 1. 23-38
  • 吹田 篤治. 複素変数の実数次第2種変形ベッセル関数(単精度、倍精度). センターニュース VOL.28 Supplement 1 ライブラリプログラム 東京大学大型計算機センター. 1996. 28. 1. 23-38
  • 吹田 篤治. 複素変数の実数次第1種ハンケル関数(単精度、倍精度). センターニュース Vol.19 Supplement 1 ライブラリプログラム 東京大学大型計算機センター. 1996. 28. 1. 23-38
  • 吹田 篤治. 複素変数の実数次第2種ハンケル関数(単精度、倍精度). センターニュース VOL.28 Supplement 1 ライブラリプログラム 東京大学大型計算機センター. 1996. 28. 1. 23-38
もっと見る
書籍 (1件):
  • BESPACK べッセル関数プログラムパッケージ利用の手引
    東京大学大型計算機センター 1990
講演・口頭発表等 (8件):
  • 漸化式を用いるベッセル関数の積分の誤差解析における一般化された超幾何級数の和の定理の応用
    (情報処理学会第70回全国大会 2008)
  • ガンマ関数を含む級数の和について
    (日本大学理工学部学術講演会 1999)
  • ベッセル関数パッケージBESPACKについて
    (1988年電子情報通信学会春季大会 1988)
  • 複素変数第一種ベッセル関数の倍精度サブル-チン・ス-パ-コンピユ-タへの適合性について
    (日本大学理工学部学術講演会 1984)
  • 複素変数Hankel関数の計算ルーチンについて
    (日本大学理工学部学術講演会 1982)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1971 日本大学 大学院 理工学研究科 数学
  • - 1969 日本大学 理工学部 数学
学位 (1件):
  • 修士 (日本大学大学院理工学研究科)
所属学会 (3件):
日本応用数理学会 ,  電子情報通信学会 ,  情報処理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る