研究者
J-GLOBAL ID:200901039852341310   更新日: 2022年06月28日

荒川 伸一

Arakawa Shinichi
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 情報ネットワーク
論文 (181件):
  • Onur Alparslan, Shin'ichi Arakawa, Masayuki Murata. Next Generation Intra-Vehicle Backbone Network Architectures. 2021 IEEE 22nd International Conference on High Performance Switching and Routing (HPSR). 2021
  • Tatsuya Otoshi, Shin'ichi Arakawa, Masayuki Murata, Kai Wang, Takeo Hosomi, Toshiyuki Kanoh. Flexible Updating of Attractors in Virtual Network Topology Control with Bayesian Attractor Model. ICC 2021 - IEEE International Conference on Communications. 2021
  • Go Hasegawa, Satoshi Hasegawa, Shin'ichi Arakawa, Masayuki Murata. UONA: User-Oriented Network slicing Architecture for beyond-5G networks. ICC 2021 - IEEE International Conference on Communications. 2021
  • Mami Sugiura, Shin'ichi Arakawa, Masayuki Murata, Satoshi Imai, Toru Katagiri, Motoyoshi Sekiya. Utility Analysis of API Economy Based on Multi-Sided Platform Markets Model. Proceedings of International Conference on Digital Ecosystems and Technologies (ICDET 2020). 2020
  • Tatsuya Otoshi, Shin'Ichi Arakawa, Masayuki Murata, Kai Wang, Takeo Hosomi, Toshiyuki Kanoh. Acquiring New Categories by Self Data Gathering with Bayesian Attractor Model. Proceedings of IEEE International Conference on Human-Machine Systems. 2020
もっと見る
MISC (39件):
もっと見る
書籍 (5件):
  • Fast/Slow-Pathway Bayesian Attractor Model for IoT Networks Based on Software-Defined Networking with Virtual Network Slicing
    Springer 2021
  • Introduction to Yuragi Learning
    Springer 2021
  • Nature Inspired Computing and Optimization: Theory and Applications
    Springer Publishing 2017
  • 生命のしくみに学ぶ情報ネットワーク設計・制御
    コロナ社 2015 ISBN:9784339028058
  • Quality and Reliability of Large Scale Telecom Systems - Case Studies: Olympic Games
    John Wiley & Son 2002
講演・口頭発表等 (111件):
  • 実世界のポテンシャル場表現に基づく管理型自己組織化リソース制御
    (電子情報通信学会技術研究報告(NS2018-291) 2019)
  • コアペリフェリ構成を用いた仮想化ネットワーク機能配置の効率性および安定性の評価
    (電子情報通信学会技術研究報告(NS2018-110) 2018)
  • Virtual Network Topology Method with Fractal Property (複雑コミュニケーションサイエンス)
    (電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 2018)
  • 依頼講演 光通信網におけるベイズ型アトラクター選択モデルに基づく仮想ネットワーク再構成手法 (フォトニックネットワーク)
    (電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 2018)
  • マーケットモデルにもとづくAPIエコノミーの社会的厚生の分析 (情報ネットワーク)
    (電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 2018)
もっと見る
Works (17件):
  • YLPF-Core: Yuragi Learning Platform Core Module
    NEC Brain, Inspired Computing Research Alliance Laboratories 2020 - 現在
  • 生物システムのダイナミクスに学ぶ持続発展可能な情報ネットワークの構築手法
    2010 -
  • 管理型自己組織化技術に基づく多様なサービスを収容する光ネットワーク制御技術の研究開発
    2010 -
  • 生物システムのダイナミクスに学ぶ持続発展可能な情報ネットワークの構築手法
    2009 -
  • 新世代ネットワークの構築に関する設計・評価手法の研究開発 課題ア 新世代ネットワークアーキテクチャのコアとなる技術アイデア~光ネットワークを用いた、ネットワーク仮想化による複数サービスの資源最適化に関する研究開発~
    2009 -
もっと見る
経歴 (3件):
  • 2011/10 - 現在 大阪大学 情報科学研究科 情報ネットワーク学専攻 准教授
  • 2006/04 - 2011/09 大阪大学 情報科学研究科 情報ネットワーク学専攻 助手 (~2007.3)、助教
  • 2000/08 - 2006/03 大阪大学 経済学研究科 助手
委員歴 (9件):
  • 2019/06 - 現在 電子情報通信学会 デジタルサービス・プラットフォーム特別研究専門委員会 幹事
  • 2018/06 - 現在 電子情報通信学会 ネットワークシステム研究専門委員会 専門委員
  • 2015/06 - 現在 電子情報通信学会 フォトニックネットワーク研究専門委員会 専門委員
  • 2020 - 2020 The INTERNATIONAL TELETRAFFIC CONGRESS ITC 32 Ph.D. Workshop Co-chairs
  • 2020 - 2020 Conference on Blockchain Research & Applications for Innovative Networks and Services (BRAINS2020) TPC member
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る