研究者
J-GLOBAL ID:200901039888275047   更新日: 2020年07月12日

小椋 光

オグラ テル | Ogura Teru
所属機関・部署:
職名: 特定事業教員
研究分野 (1件): 分子生物学
論文 (47件):
  • Inoue Yosuke, Hanazono Yuya, Noi Kentaro, Kawamoto Akihiro, Kimatsuka Masato, Harada Ryuhei, Takeda Kazuki, Iwamasa Natsuki, Noguchi Keiichi, Shigeta Yasuteru, Namba Keiichi, Ogura Teru, Miki Kunio, Shinohara Kyosuke, Yohda Masafumi. Split Conformation of Chaetomium Thermophilum Hsp104 Disaggregase. Science Advances, submitted. 2020
  • Nahar S, Chowdhury A, Ogura T, Esaki M. A AAA ATPase Cdc48 with a cofactor Ubx2 facilitates ubiquitylation of a mitochondrial fusion-promoting factor Fzo1 for proteasomal degradation. Journal of biochemistry. 2019
  • Yohda Masafumi, Inoue Yosuke, Hanazono Yuya, Noi Kentaro, Kawamoto Akihiro, Takeda Kazuki, Noguchi Keiichi, Namba Keiichi, Ogura Teru, Miki Kunio, Shinohara Kyosuke. TRANSIENT SPLITTING OF HSP104 HEXAMERIC RING AND ITS IMPLICATION IN PROTEIN DISAGGREGATION. PROTEIN SCIENCE. 2019. 28. 22
  • Okumura M, Noi K, Kanemura S, Kinoshita M, Saio T, Inoue Y, Hikima T, Akiyama S, Ogura T, Inaba K. Dynamic assembly of protein disulfide isomerase in catalysis of oxidative folding. Nature chemical biology. 2019. 15. 5. 499-509
  • Mojumder S, Sawamura R, Murayama Y, Ogura T, Yamanaka K. Functional characterization of UBXN-6, a C-terminal cofactor of CDC-48, in C. elegans. Biochemical and biophysical research communications. 2019. 509. 2. 462-468
もっと見る
MISC (23件):
  • 津田 幸元, 植田 光晴, 山中 邦俊, 増田 曜章, 三隅 洋平, 小椋 光, 安東 由喜雄. 新規トランスサイレチンアミロイドーシス線虫モデルの開発. 臨床神経学. 2018. 58. Suppl. S231-S231
  • 福田夏希, 宮崎広海, 分山結加里, 中原悠介, 佐藤卓史, 小橋川敬博, 逢坂文那, 斉藤貴士, 前仲勝実, 野井健太郎, 小椋光, 中村照也, 山縣ゆり子, 森岡弘志. 生体内AGE化タンパク質検出系の構築に向けた一本鎖抗体(scFv)の創製と評価. 日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集. 2016. 16th. 118
  • 村田和義, 江崎雅俊, 小椋光, 荒井重勇, 山本悠太, 田中信夫. 超高圧STEMトモグラフィーによる細胞丸ごとの構造解析. 名古屋大学電子光学研究のあゆみ. 2015. 25. 23
  • 江崎雅俊, 宮崎直幸, 村田和義, 小椋光. Cdc48/p97はFzo1の分解促進によってミトコンドリア融合反応を制御する. 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web). 2014. 37th. 3P-0348 (WEB ONLY)
  • 松下 由佳, 山中 邦俊, 小椋 光. 細胞生物学講座 神経疾患とAAA+タンパク質. 細胞. 2006. 38. 8. 343-346
もっと見る
書籍 (14件):
  • シャペロン界の偶像破壊者AAA型シャペロン.
    タンパク質の一生集中マスター (バイオ研究マスターシリーズ(遠藤斗志也, 森 和俊, 田口英樹(編))(羊土社) 2007
  • タンパク質を解きほぐすAAA+シャペロン.
    生物工学 2006
  • 神経疾患とAAA+ タンパク質.
    細胞(7月臨時増刊号) 2006
  • アンフォールダーゼとしてのAAA蛋白質.
    蛋白質核酸酵素 増刊「細胞における蛋白質の一生」 2004
  • FtsH protease
    Academic Press・Handbook of Proteolytic Enzymes, 2nd edition 2004
もっと見る
講演・口頭発表等 (22件):
  • From common molecular basis of the AAA ATPase to various energy-dependent and independent activities of AAA proteins
    (The 7th International conference on AAA proteins 2007)
  • AAA family proteases/chaperones
    (38th Course-The Structure and Function of Large Molecular Assemblies 2006)
  • AAA+タンパク質の共通作動原理とそのバリエーション
    (第6回日本蛋白質科学会年会 ワークショップ「AAA+タンパク質の高次構造と作用のダイナミクス」 2006)
  • 膜蛋白質の品質管理を司るFtsH/parapleginプロテアーゼ
    (大阪大学蛋白質研究所セミナー「Membrane-proximal proteolysis: 膜近傍におけるプロテオリシス研究の最先端」大阪大学蛋白質研究所 2006)
  • Characterization of AAA proteins related to human genetic disorders in C. elegans
    (International Symposium on Life of Proteins, Maturation, Translocation and Quality Control in the Cell(「タンパク質の一生」国際会議) 2005)
もっと見る
Works (43件):
  • タンパク質のナノダイナミクス高速撮影装置の開発-AAAタンパク質の研究
    2004 - 2010
  • AAAシャペロン群のタンパク質構造変換機構と品質管理機構の研究
    2007 - 2008
  • AAA ATPaseの作動原理の解明
    2006 - 2008
  • AAAタンパク質の研究
    2004 - 2008
  • AAA型シャペロンの分子細胞発生生物学的研究
    2002 - 2007
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1983 京都大学 理学研究科 博士後期課程(生物物理学専攻)
  • - 1977 広島大学 理学部 生物学科(動物学専攻)
学位 (2件):
  • 理学博士 (京都大学)
  • 学士 (広島大学)
経歴 (5件):
  • 2020/04 - 現在 熊本大学 特定事業教員
  • 2002 - 2020 熊本大学 教授
  • 1990 - 2002 熊本大学 助教授
  • 1987 - 1990 熊本大学 講師
  • 1985 - 1987 熊本大学 助手
委員歴 (3件):
  • 2007 - 2008 諮問委員会
  • 2007 - 日本細胞生物学会合同大会 第59回日本細胞生物学会合同大会プログラム委員
  • 2007 - 日本発生生物学会 第40回日本発生生物学会プログラム委員
所属学会 (6件):
日本細胞生物学会合同大会 ,  日本発生生物学会 ,  日本生化学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本蛋白質科学会 ,  日本遺伝学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る