研究者
J-GLOBAL ID:200901039913173483   更新日: 2022年07月10日

合志 和洋

コウシ カズヒロ | Koshi Kazuhiro
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.hi.kumamoto-nct.ac.jp/~kkoshi/index.html
研究分野 (3件): リハビリテーション科学 ,  感性情報学 ,  ソフトコンピューティング
研究キーワード (3件): 生体信号解析 ,  ヒューマン情報技術 ,  感性工学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 感性コミュニケーション技術に関する研究
  • Study on Technology of Kansei Communication
論文 (31件):
  • Jin Akaishi, Masaki Sakata, Jouichiro Yoshinaga, Mitsutaka Nakano, Kazuhiro Koshi, Kimiyasu Kiyota. Estimating the Emotional Information in Japanese Songs Using Search Engines. Sensors. 2022. 22. 5. 1800-1800
  • 白濵成希, 上野航暉, 渡邉志, 森谷健二, 合志和洋, 松本圭司. 異なる言語作業記憶を用いたRSTが額の脳血流に及ぼす影響. 2021
  • 合志和洋, 守田龍史, 森谷健二, 松本圭司, 新谷洋人. ストループ試験に対する脳血流量の時間的変化:NIRSによる検討. 2021. 83-86
  • 古園愛美, 森谷健二, 合志和洋, 松本圭司. 人工振動による快適な睡眠環境を実現するための模擬波システム(SWS)の開発. 2021. 76-82
  • 白濵成希, 渡邉志, 森谷健二, 合志和洋, 松本圭司. サンプルデータ解析のためのVisual Analog Scaleを用いた主観評価の新手法sample data analysis. 情報処理学会誌. 2021. 29. 424-433
もっと見る
MISC (168件):
講演・口頭発表等 (51件):
  • SNSを利用した排尿報知に関する一検討
    (第29回電子情報通信学会九州支部学生会講演会 2021)
  • NIRS信号の解析によるストループ課題遂行時の集中度が脳内血液量に与える影響の検討
    (第29回電子情報通信学会九州支部学生会 2021)
  • 携帯型脳活動計測装置を用いたストループ課題遂行時の脳内血液量の評価
    (第29回電子情報通信学会九州支部学生会講演会 2021)
  • ストループ課題遂行時の集中度が脳内血液量に与える影響の一検討
    (火の国情報シンポジウム2021 2021)
  • NIRS信号の解析に関する研究
    (Japan ATフォーラム2020 2020)
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1998 豊橋技術科学大学 電子・情報工学
  • - 1998 豊橋技術科学大学
  • - 1993 豊橋技術科学大学 情報工学
  • - 1993 豊橋技術科学大学
学位 (2件):
  • 修士(工学) (豊橋技術科学大学)
  • 博士(工学) (豊橋技術科学大学)
経歴 (2件):
  • 1998 - 2000 豊橋技術科学大学,助手2000-2002 熊本電波工業高等専門学校,助手
  • 1998 - 2000 Toyohashi University of Technology, Research Associate2000-2002 Kumamoto National College of Technology, Research Associate
受賞 (1件):
  • 1997 - 平成9年度電子情報通信学会東海支部学生研究奨励賞
所属学会 (3件):
日本福祉工学会 ,  ヒューマンインタフェース学会 ,  電子情報通信学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る