研究者
J-GLOBAL ID:200901039980512438   更新日: 2020年07月02日

塩谷 奈緒子

シオヤ ナオコ | Shioya Naoko
所属機関・部署:
職名: 講師(教育A)
研究分野 (1件): 日本語教育
研究キーワード (4件): 教室文化 ,  実践研究 ,  対話 ,  教室文化研究
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2020 - 2022 市民性育成のための教室文化論による対話型日本語教室活動の実践研究モデルの開発
  • 2014 - 2016 「「教室文化論」に基づく教師養成活動の教育 実践モデルとデータベースの構築」
  • 2007 - 2009 「共生日本語」教育構築の試み-「共生日本語」 による教室実践モデル開発
論文 (8件):
  • 「教室文化幻想に抗う-教育実践から考える2」(パネル発表:細川英雄・武一美・新井久容・塩谷奈緒子「一つの正解を求めない対話活動の意味-「商品」として消費される言語教育のあり方に抗して」)『言語教育の商品化と消費を考えるシンポジウム 報告集 Kindle版』. 2016
  • 「日本語教育観を語り、語り直し、語り合う「対話」の活動-教師の自立と協働を目指して」(パネルセッション:塩谷奈緒子・武一美・新井久容「日本語教育における「対話」の意味と可能性-学習者と教師の「自立」の観点から」)『ヨーロッパ日本語教育』20. 2016
  • 書評「牲川波都季著『戦後日本語教育学とナショナリズム「思考様式言説」に見る包摂と差異化の論理』」『早稲田日本語教育学』20. 2016
  • 「生きることを考える、生きる活動としての日本語教育実践研究-日本語教師間の対話を介した自立と協働に向けて[寄稿]」(シンポジウム:塩谷奈緒子・柳瀬陽介・難波博孝・細川英雄「言語教育の目的と実践研究」『言語文化教育研究』12. 2014
  • 「11年後の私の言語文化教育-大学院における「言語文化教育研究」の実践から[寄稿]」『言語文化教育研究』11. 2013
もっと見る
MISC (1件):
  • 塩谷奈緒子・古賀和恵「総合日本語(SP3・4)3Sクラスにおけるポートフォリオ活動の試み「日本での生活・日本語学習の振り返り」活動の実践 」」『日本語センター及び日研におけるポートフォリオ実施のための理論と実践』早稲田大学日本語教育研究センター. 2010
書籍 (5件):
  • 「教室活動の生成とアセスメント--対話型の教室活動におけるアセスメントと教室作り」佐藤慎司・熊谷由理編『アセスメントと日本語教育--新しい評価の理論と実践』くろしお出版
    くろしお出版 2010
  • 「第3章 私の将来」津村奈央・須賀和香子・塩谷奈緒子・市嶋典子・武一美(細川英雄・蒲谷宏編)『日本語教師のための「活動型」授業の手引き-内容中心・コミュニケーション活動のすすめ』スリーエーネットワーク
    2008
  • 「教室文化再考-対話型の日本語教室活動における教室文化作りについて」細川英雄・ことばと文化の教育を考える会『ことばの教育を実践する・探求する-活動型日本語教育の広がり』凡人社
    2008
  • 『教室文化と日本語教育-学習者と作る対話の教室と教師の役割』明石書店
    明石書店 2008
  • 「クラス活動における支援と教師の役割」細川英雄・NPO法人「言語文化教育研究所」スタッフ『考えるための日本語』明石書店
    2004
講演・口頭発表等 (10件):
  • 「実践研究は何をめざすか(パネル)」
    (言語文化教育研究学会特別企画IN北京「実践 研究はなにをめざすか」 2017)
  • 「教室文化幻想に抗う-教育実践から考える2」(パネルセッション:細川英雄・武一 美・新井久容・塩谷奈緒子「一つの正解を求めない対話活動の意味-「商品」として 消費される言語教育のあり方に抗して」)言語教育の「商品化」と「消費」を考えるシ ンポジウム.
    (2016)
  • 「日本語教育観を語り、語り直し、語り合う「対話」の活動-教師の自立と協働を 目指して」(パネル発表:塩谷奈緒子・武一美・新井久容「日本語教育における「対 話」の意味と可能性-学習者と教師の「自立」の観点から」)第19回ヨーロッパ日本語教育シンポジウム
    (2015)
  • 「生きることについて考える、生きる活動としての日本語教育実践研究」(シンポジウ ム:塩谷奈緒子・柳瀬陽介・難波博孝・細川英雄「言語教育の目的と実践研究」 言語文化教育研究学会2013年度研究集会大会.
    (2014)
  • 「日本での生活・日本語学習のポートフォリオを作る-対話からはじめる日本語教室 活動の試み」日本語教育国際研究大会(ICJLE 2012 Nagoya)
    (2012)
もっと見る
学位 (1件):
  • 日本語教育学 (早稲田大学)
経歴 (4件):
  • 2010 - 現在 早稲田大学大学院 日本語教育研究科 非常勤講師
  • 2010/04 - 2012/03 日本大学 日本語講座 非常勤講師
  • 2007/04 - 2010/03 早稲田大学 日本語教育研究センター 講師(専任扱)
  • 2005/04 - 2007/03 早稲田大学 日本語教育研究センター 助手
所属学会 (3件):
言語文化教育研究学会 ,  日本語教育学会 ,  ヨーロッパ日本語教師会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る