研究者
J-GLOBAL ID:200901039988067794   更新日: 2020年09月29日

大谷 智子

OHTANI Tomoko
研究キーワード (6件): デバイス評価 ,  臨場感・迫真性 ,  ワークショップ ,  錯視ブロック ,  色彩 ,  視覚
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2019 - 2022 メディア芸術作品を介した仮想世界インタフェースの抽出
  • 2015 - 2020 実感を伴う情報表現に関する研究
  • 2018 - 2019 感覚情報の認知がコンテンツの臨場感・迫真性の判断に与える影響に関する検討
  • 2018 - 2019 話者映像が音声刺激の聞き取りおよび再生成績に及ぼす影響
  • 2018 - 2018 錯視模様を利用した,二次元平面と三次元立体の対応
全件表示
論文 (20件):
もっと見る
MISC (22件):
  • 大谷智子. 特集「心とVR ポジティブコンピューティング」巻頭言. 日本バーチャルリアリティ学会誌. 2018. 23. 1. 6
  • 大谷智子, 丸谷和史. 能動的な観察をうながすワークショッププログラムの開発. AMC Journal 芸術情報センター活動報告書. 2017. 2. 50-63
  • 福地健太郎, 大谷智子. VRメディア評論「落語:あたまやま,小説:フラットランド」. 日本バーチャルリアリティ学会誌. 2017. 22. 3. 52-53
  • 福地健太郎, 大谷智子. VRメディア評論「映画:この世界の片隅に」片渕須直(監督・脚本)、こうの史代(原作)他. 日本バーチャルリアリティ学会誌. 2017. 22. 2. 52-53
  • 福地健太郎, 大谷智子. VRメディア評論「小説:朝のガスパール」筒井康隆(著),新潮社. 日本バーチャルリアリティ学会誌. 2017. 22. 1. 54-55
もっと見る
書籍 (1件):
  • Digital Public Art Project 空気の港〜テクノロジー×空気で感じる新しい世界〜
    美術出版社 2010
講演・口頭発表等 (52件):
  • カフェウォール錯視の3次元的解釈と錯視パターンのバリエーション
    (2018年度 日本図学会秋季大会(東京) 2019)
  • The optical illusion blocks: Optical illusion patterns in a three dimensional world
    (Vision Sciences Society 16th Annual demo night, [demo] 2018)
  • 芸術と○○
    (STEAM (un)conference Vol.1, 日本工学アカデミー 2016)
  • 能動的な観察をうながすワークショッププログラムの開発
    (日本教育工学会第32回大会 2016)
  • 振動付加が3D映像コンテンツの高次感性評価に及ぼす影響
    (電子情報通信学会技術報告,EMM 2016)
もっと見る
Works (1件):
  • 錯視ブロックワークショップ シリーズ
    大谷智子 2008 - 現在
学位 (1件):
  • 博士(心理学)
経歴 (7件):
  • 2020/04 - 現在 明治大学 総合数理学部 助教
  • 2015/04 - 2020/03 東京藝術大学 芸術情報センター 助教
  • 2013/04 - 2015/03 東北大学 電気通信研究所 助教
  • 2012/04 - 2013/03 東京大学大学院情報学環 特任助教
  • 2009/08 - 2012/03 東京大学インテリジェント・モデリング・ラボラトリー 特任研究員
全件表示
委員歴 (7件):
  • 2017/04 - 現在 日本バーチャルリアリティ学会 理事
  • 2015/04 - 現在 日本バーチャルリアリティ学会 学会誌編集委員
  • 2011/04 - 現在 日本VR学会 国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト実行委員会
  • 2009/01 - 現在 日本VR学会 「情報技術と文化の融合」調査研究委員会
  • 2015/04 - 2019/05 日本図学会 理事
全件表示
受賞 (2件):
  • 2017/09 - 主催:キッズデザイン協議会、後援:経済産業省、消費者庁、内閣府 第11回キッズデザイン賞「子どもたちの創造性と未来を拓くデザイン部門」経済産業大臣賞(部門優秀賞) 錯視ブロックワークショップグループ
  • 2009/05 - 日本色彩学会 平成21年度日本色彩学会論文奨励賞
所属学会 (10件):
日本顔学会 ,  日本認知科学会 ,  日本基礎心理学会 ,  日本視覚学会 ,  電子情報通信学会 ,  日本図学会 ,  ACM ,  日本バーチャルリアリティ学会 ,  日本色彩学会 ,  日本心理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る