研究者
J-GLOBAL ID:200901040361059646   更新日: 2020年07月15日

川村 孝

カワムラ タカシ | Kawamura Takashi
所属機関・部署:
職名: 名誉教授
ホームページURL (1件): http://www.hoken.kyoto-u.ac.jp/
研究分野 (8件): 循環器内科学 ,  内科学一般 ,  医療管理学、医療系社会学 ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  医療管理学、医療系社会学
研究キーワード (2件): 産業医学 ,  臨床疫学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2013 - 2016 前高齢期から高齢期を見通し、予防医療や行政施策を個別化するための予測モデルの作成
  • 2000 - 2001 循環器疾患の発症と危険因子との時間的関連および至適予防対策時期に関する研究
  • 1995 - 1996 健康指標・体力指標・生活習慣を総合した健康増進指導法の確立
論文 (81件):
  • Kishimori T, Kiguchi T, Kiyohara K, Matsuyama T, Shida H, Nishiyama C, Kobayashi D, Okabayashi S, Shimamoto T, Hayashida S, Kitamura T, Kawamura T, Iwami T. Public-access automated external defibrillator pad application and favorable neurological outcome after out-of-hospital cardiac arrest in public locations: A prospective population-based propensity score-matched study. International journal of cardiology. 2020. 299
  • Kobayashi D, Sado J, Kiyohara K, Kitamura T, Kiguchi T, Nishiyama C, Okabayashi S, Shimamoto T, Matsuyama T, Kawamura T, Iwami T. Public location and survival from out-of-hospital cardiac arrest in the public-access defibrillation era in Japan. Journal of cardiology. 2020. 75. 1
  • Zhang L, Ukawa S, Zhao W, Okabayashi S, Ando M, Wakai K, Tsushita K, Kawamura T, Tamakoshi A. Daily sleep duration and the risk of incident disability among younger elderly Japanese adults in the New Integrated Suburban Seniority Investigation Project: A prospective study using competing event analysis. Geriatrics & gerontology international. 2019. 19. 9. 945-949
  • Nishiyama C, Sato R, Baba M, Kuroki H, Kawamura T, Kiguchi T, Kobayashi D, Shimamoto T, Koike K, Tanaka S, Naito C, Iwami T. Actual resuscitation actions after the training of chest compression-only CPR and AED use among new university students. Resuscitation. 2019. 141. 63-68
  • Okabayashi S, Kawamura T, Wakai K, Ando M, Tsushita K, Ohira H, Ukawa S, Tamakoshi A. Lifestyle and psychosocial factors and a decline in competence in daily living among Japanese early elderly people: from an age-specified community-based cohort study (NISSIN project). Environmental health and preventive medicine. 2019. 24. 1. 28
もっと見る
MISC (35件):
  • 井澤 純一, 小向 翔, 宜保 光一郎, 大久保 雅史, 清原 康介, 西山 知佳, 木口 雄之, 松山 匡, 川村 孝, 石見 拓, Callaway Clifton W., 北村 哲久. 成人院外心停止患者に対する病院前の高度な気道確保 全国救急蘇生統計コホート研究. 日本救急医学会雑誌. 2020. 31. 1. 1-17
  • 井澤 純一, 小向 翔, 宜保 光一郎, 大久保 雅史, 清原 康介, 西山 知佳, 木口 雄之, 松山 匡, 川村 孝, 石見 拓, Callaway Clifton W., 北村 哲久. 成人院外心停止患者に対する病院前の高度な気道確保 全国救急蘇生統計コホート研究. 日本救急医学会雑誌. 2020. 31. 1. 1-17
  • 畠山 稔弘, 木口 雄之, 小林 大介, 中村 直俊, 西山 知佳, 林田 純人, 清原 康介, 北村 哲久, 川村 孝, 石見 拓. 不断前進、病院前診療 大阪市での市民救助者への口頭指導と院外心停止後の神経学的予後. 日本救急医学会雑誌. 2019. 30. 9. 541-541
  • 岡田 遥平, 木口 雄之, 小池 薫, 川村 孝, 北村 哲久, 石見 拓. 院外心停止の患者においてECPR開始前のアシデミアは神経学的予後と関連する. 日本救急医学会雑誌. 2019. 30. 9. 652-652
  • 畠山 稔弘, 木口 雄之, 小林 大介, 中村 直俊, 西山 知佳, 林田 純人, 清原 康介, 北村 哲久, 川村 孝, 石見 拓. 不断前進、病院前診療 大阪市での市民救助者への口頭指導と院外心停止後の神経学的予後. 日本救急医学会雑誌. 2019. 30. 9. 541-541
もっと見る
書籍 (5件):
  • 臨床研究の教科書
    医学書院 2016
  • エビデンスをつくる: 陥りやすい臨床研究のピットフォール
    東京: 医学書院 2003. 2003
  • EBM時代の症例報告
    医学書院 2002 ISBN:4260138855
  • ナースのための不整脈トレーニングカード50
    東京: 日総研出版 1994 1994
  • 白衣判 ポケディア12
    東京: 日総研出版 1994. 1994
経歴 (4件):
  • 2020/04 - 現在 京都大学 名誉教授
  • 2011/04 - 2020/03 京都大学 センター長・教授
  • 1999/04 - 2011/03 京都大学 所長・教授
  • 1993/02 - 1999/03 名古屋大学医学部助教授
委員歴 (3件):
  • 2003/09 - 現在 内閣府食品安全委員会 専門調査委員
  • 2012/04 - 2020/06 (公社)全国大学保健管理協会 代表理事
  • 2012/12 - 2015/02 科学技術・学術審議会 専門委員
受賞 (1件):
  • 2016/10 - 保健文化賞
所属学会 (5件):
全国大学保健管理協会 ,  日本疫学会 ,  日本循環器学会 ,  日本循環器管理研究協議会 ,  日本産業衛生学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る