研究者
J-GLOBAL ID:200901040573003845   更新日: 2021年06月22日

日引 聡

ヒビキ アキラ | AKIRA HIBIKI
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 経済政策
研究キーワード (5件): RPS制度 ,  固定価格買取制度 ,  災害保険 ,  再生可能エネルギー ,  環境政策の評価
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2018 - 2023 事前の防災対策と事後の救済・復興事業に関する時間整合性条件の検証
  • 2018 - 2022 インド・バングラデシュにおけるPM2.5暴露経路の解明と健康影響低減政策の研究
  • 2016 - 2020 公共政策としての法学:エビデンス・ベースの政策評価
  • 2016 - 2020 日本の農業政策に関する実証研究~農業部門の非効率性および経済厚生への影響
  • 2013 - 2018 都市を大震災から守るための事前的対策と事後的対策についての時間整合性に関する研究
全件表示
論文 (35件):
  • Yukihide Kurakawa, Akira Hibiki. Effectiveness of feed-in tariff and renewable portfolio standard under strategic pricing in network access. Economically Enabled Energy Management. 2020. 79-92
  • Masamitsu Kurata, Kazushi Takahashi, Akira Hibiki. Gender differences in associations of household and ambient air pollution with child health: Evidence from household and satellite-based data in Bangladesh. World Development. 2020. 128. 104779-104779
  • Koji Miyawaki, Yasuhiro Omori, Akira Hibiki. Discrete/Continuous choice modelon the nonconvex budget set. Econometric Reviews. 2018. 37. 2. 89-113
  • 日引 聡. 第9章日本の固定価格買取制度と太陽光発電普及の効果. 原発事故後のエネルギー需給の変化と日本経済への影響. 2016
  • 岡川 梓, 堀江 哲也, 須賀 伸介, 日引 聡. 久米島農家の赤土流出対策実施・サトウキビ作型選択の要因. 環境科学会誌. 2015. 28. 6. 432-437
もっと見る
MISC (39件):
  • Katsuhito Nohara, Masaki Narukawa, Akira Hibiki. Using contingent behavior analysis to estimate benefits from coral reefs in Kume Island, Japan: A Poisson-inverse Gaussian approach with on-site correction. Policy Design Lab. Discussion Paper, Graduate School of Economics and Management, Tohoku University. 2021. TUPD-2021-001
  • 野村魁, 日引聡. 従量制によるごみ排出有料化の排出削減効果に関する実証 研究. 東北大学大学院経済学研究科サービス・データ科学研究センターディスカッションペーパー. 2020. J-8
  • 野村魁, 日引聡. 気候変動による病害虫被害への影響と水稲の収量/品質への 影響に関する実証研究. 東北大学大学院経済学研究科サービス・データ科学研究センターディスカッションペーパー. 2020. J-9
  • 日引 聡. 第5章 ベトナムの環境問題と環境政策. アジアの国際不動産投資-市場・制度・透明性. 2020. 99-116
  • Katsuhito Nohara, Masaki Narukawa, Akira Hibiki. Estimating the value of coral reefs in Kume Island, Japan, using a contingent behavior method: A Poisson-Inverse Gaussian approach with on-site correction. DSSR Discussion Paper, Graduate School of Economics and Management, Tohoku University. 2019. 103
もっと見る
書籍 (20件):
  • アジアの国際不動産投資 : 市場・制度・透明性
    慶應義塾大学出版会 2020 ISBN:9784766426595
  • 原発事故後のエネルギー供給からみる日本経済 : 東日本大震災はいかなる影響をもたらしたのか
    ミネルヴァ書房 2016 ISBN:9784623076710
  • 気候変動リスクとどう向き合うか : 企業・行政・市民の賢い適応
    金融財政事情研究会,きんざい (販売) 2014 ISBN:9784322124248
  • 環境エネルギー・資源戦略 (馬奈木俊介編著)
    日本評論社 2013
  • 災害の経済学(馬奈木俊介編著)
    中央経済社 2013
もっと見る
講演・口頭発表等 (100件):
  • Long-Term Impact of Temperature Rise on Rice Yield in Japan
    (WEAI Virtual 96th Annual Conference 2021)
  • How Extreme Weather Affect Production in Manufacturing Sectors? Analysis of Typhoon Strike
    (WEAI Virtual 96th Annual Conference 2021)
  • Does Temperature Rise Really Reduce Agricultural Production and Social Welfare?
    (WEAI Virtual 96th Annual Conference 2021)
  • Gendered Impacts of Household and Ambient Air Pollution on Child Health: Evidence from Household and Satellite-based Data in Bangladesh
    (The 1st NERPS Research Seminar 2020)
  • 気候変動が日本のコメ生産に与える影響に関する経済分析
    (福島大学経済経営学類学術講演会 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1985 - 1990 東京大学
  • 1981 - 1985 上智大学 経済学科
学位 (1件):
  • 経済学博士 (上智大学)
経歴 (15件):
  • 2020/09 - 現在 独立行政法人経済産業研究所
  • 2015/04 - 現在 東北大学 大学院経済学研究科
  • 2014/08 - 現在 国立研究開発法人国立環境研究所 社会環境システム研究センター 環境経済評価連携研究グループ
  • 2018/04 - 2020/03 東北大学 大学院経済学研究科
  • 2012/04 - 2015/03 上智大学 経済学部 経済学科
全件表示
受賞 (1件):
  • 1997/09 - 日本計画行政学会 日本計画行政学会奨励賞
所属学会 (1件):
環境経済政策学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る