研究者
J-GLOBAL ID:200901040598386854   更新日: 2020年06月14日

李 仁子

イ インジャ | LEE In-Ja
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/5526b9b110125a1d3093e4ecf5ea05fb.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/5526b9b110125a1d3093e4ecf5ea05fb.html
研究分野 (2件): 防災工学 ,  文化人類学、民俗学
研究キーワード (3件): 災害人類学 ,  脱北者、多文化教育 ,  文化人類学、移動、在日コリアン
論文 (15件):
  • 李 仁子. 移住一世の帰郷と葬送儀礼に関する文化人類学的研究. 在外韓人研究. 2018. 45. 95-123
  • 朴歓, 李仁子. 中国と北朝鮮の国境地帯における人びとの移動と生活実践に関する人類学的研究:1930年代から1950年代を中心に. 東北大学大学院教育学研究科研究年報. 2018. 67. 1. 65-77
  • 李 仁子. 在日済州道民の移住に関する文化人類学的研究. 移住と帰還、そしてディアスポラ. 2017. 183-201
  • 李 仁子. 災害で失った子どもたちの親とその地域に関する人類学的研究-日本の大川小と韓国のセウォル号の事例-. 韓国社会福祉質的研究学会. 2017. 3-20
  • 李 仁子. 被災地での外国人の支援活動. 日本批評. 2013. 8. 214-237
もっと見る
MISC (17件):
  • 李 仁子. 災害の治癒と祭-大津波被災地の石巻市長面の氏子青年会ー. 時事ジャーナル. 2017. 1451. 82-83
  • 李 仁子. 震災に負けない知恵. 河北新報. 2017
  • 李 仁子. 親類付き合いの知恵. 河北新報. 2017
  • 李 仁子. 故郷のお墓. 河北新報. 2017
  • 李 仁子. 防災拠点としてのお寺. 河北新報. 2017
もっと見る
書籍 (21件):
  • グリーフケアを身近に
    勉誠出版 2018 ISBN:9784585210436
  • ヴェールの向こう側から-北朝鮮民衆の文化人類学的分析
    東北大学東北アジア研究センター 2015
  • 外国人妻の被災地支援-被災地の民族誌に向けた一素描
    明石書店 2012
  • 自己言及的民族誌の可能性
    2009
  • 移民政策へのアプローチ-ライフサイクルと多文化共生
    明石書店 2009
もっと見る
講演・口頭発表等 (13件):
  • 紐帯の強化、紐帯の断絶 ー外部からの被災地復興支援のあり方をめぐって
    (日本文化人類学会 第53回研究大会 2019)
  • Two Kinds of Korean in Japan: A Culture of Cooperation among Korean mingrant Communities in Japan.
    (Reillumination of Korean Diasporic Societies in Asia 2009)
  • 日本在住の脱北者の支援に関する文化人類学的研究
    (韓国ムジゲセンター国際ワークショップ「脱北者の支援、何が問題か」 2008)
  • 日本の拉致被害者と政府支援の現状と課題
    (大韓人権委員会 拉致被害者に関する国際懇談会 2007)
  • 日本在住脱北者の生業とネットワークに関する文化人類学的研究
    (日本文化人類学会 2007)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1998 京都大学 文化人類学
学位 (1件):
  • 人間・環境学 (京都大学)
受賞 (1件):
  • 2004/11/20 - 東北大学 沢柳賞 沢柳賞研究部門賞
所属学会 (8件):
異文化間教育学会 ,  日本宗教学会 ,  宗教と社会学会 ,  日本文化人類学会 ,  東北教育哲学教育史学会 ,  韓国・朝鮮文化研究会 ,  日本比較教育学会 ,  日本自然災害学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る