研究者
J-GLOBAL ID:200901040598386854   更新日: 2021年12月15日

李 仁子

イ インジャ | LEE In-Ja
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/5526b9b110125a1d3093e4ecf5ea05fb.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/5526b9b110125a1d3093e4ecf5ea05fb.html
研究分野 (2件): 防災工学 ,  文化人類学、民俗学
研究キーワード (3件): 災害人類学 ,  脱北者、多文化教育 ,  文化人類学、移動、在日コリアン
論文 (22件):
  • 引退後の力士たちが担う相撲文化に関する人類学的研究. 2020. 69. 1. 1-15
  • 張奇, 李仁子. 中国における寄宿制学校の生徒の学校外教育活動に関する研究. 東北大学大学院教育学研究科研究年報. 2020. 68. 2. 1-23
  • 張奇, 李仁子. 「学区房」から見る中国義務教育の格差 -北京市の小学校入学事情を事例に-. 東北大学大学院教育学研究科研究年報. 2019. 68. 1. 1-16
  • 朴 歓, 李 仁子. 北朝鮮ブームに伴う人びとの移動に関する人類学的研究-1960 年代の中国朝鮮族を事例に-. 教育思想. 2019. 46. 113-121
  • 上之郷 奈穂, 李 仁子, 林 義捷. 伝統文化の担い手に関する文化人類学的考察. 東北大学大学院教育学研究科研究年報. 2018. 67. 1. 53-65
もっと見る
MISC (29件):
  • 李仁子. 津波被災直後の3日間-被災4集落の被災状況とその後の比較検討-. 日本自然災害学会学術講演会講演概要集. 2021. 39th
  • 李 仁子. 災害の治癒と祭-大津波被災地の石巻市長面の氏子青年会ー. 時事ジャーナル. 2017. 1451. 82-83
  • 李 仁子. 震災に負けない知恵. 河北新報. 2017
  • 李 仁子. 親類付き合いの知恵. 河北新報. 2017
  • 李 仁子. 故郷のお墓. 河北新報. 2017
もっと見る
書籍 (21件):
  • グリーフケアを身近に
    勉誠出版 2018 ISBN:9784585210436
  • ヴェールの向こう側から-北朝鮮民衆の文化人類学的分析
    東北大学東北アジア研究センター 2015
  • 外国人妻の被災地支援-被災地の民族誌に向けた一素描
    明石書店 2012
  • 自己言及的民族誌の可能性
    2009
  • 移民政策へのアプローチ-ライフサイクルと多文化共生
    明石書店 2009
もっと見る
講演・口頭発表等 (15件):
  • 災害時の外国人のボランティアは積極的な防災になりうる
    (人文科学研究所 第99回公開講演会「多文化な日常における防災-『いつも』と『もしも』をつなぐ」 2021)
  • 津波被災直後の3日間 -被災4集落の避難状況とその後の比較検討-
    (第39回日本自然災害学会学術講演会 2021)
  • 紐帯の強化、紐帯の断絶 ー外部からの被災地復興支援のあり方をめぐって
    (日本文化人類学会 第53回研究大会 2019)
  • Two Kinds of Korean in Japan: A Culture of Cooperation among Korean mingrant Communities in Japan.
    (Reillumination of Korean Diasporic Societies in Asia 2009)
  • 日本在住の脱北者の支援に関する文化人類学的研究
    (韓国ムジゲセンター国際ワークショップ「脱北者の支援、何が問題か」 2008)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1998 京都大学 文化人類学
学位 (1件):
  • 博士(人間・環境学) (京都大学)
受賞 (1件):
  • 2004/11/20 - 東北大学 沢柳賞 沢柳賞研究部門賞
所属学会 (8件):
異文化間教育学会 ,  日本宗教学会 ,  宗教と社会学会 ,  日本文化人類学会 ,  東北教育哲学教育史学会 ,  韓国・朝鮮文化研究会 ,  日本比較教育学会 ,  日本自然災害学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る