研究者
J-GLOBAL ID:200901040728637579   更新日: 2020年10月21日

米田 達郎

ヨネダ タツロウ | yoneda taturou
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 日本語学
研究キーワード (3件): 科学語彙 ,  狂言詞章 ,  日本語史
論文 (13件):
  • 米田達郎. 「日輪」から「太陽」へ-江戸の科学書を中心に-. 近代語研究第二十一集. 2019. 275-294
  • 米田達郎. 日本語史資料としての江戸時代中後期狂言詞章-鷺流狂言詞章保教本を起点として-. 近代語研究. 2018. 20. 193-211
  • 米田達郎. 江戸時代中後期狂言詞章における終助詞ナアについて-鷺流狂言保教本を中心に-. 近代語研究. 2016. 18. 101-122
  • 米田達郎. 近松世話浄瑠璃を中心とした終助詞ワイノについて-鷺流狂言保教本における終助詞ワイノ再考-. 近代語研究. 2015. 17. 105-124
  • 米田達郎. 江戸時代中後期狂言詞章の終助詞トモについて-鷺流狂言詞章保教本を中心に-. 国語と国文学. 2013. 90. 10. 51-66
もっと見る
MISC (2件):
  • 米田達郎. 鷺流狂言保教本に使用される(ウ)ズルについて -2古語型として使用される背景について-. 大阪工業大学紀要(人文・社会篇). 2020
  • 米田達郎. 人称詞オレの歴史的変化. 大阪工業大学紀要. 2017. 61. 2. 1-12
書籍 (8件):
  • 改訂増補 光明皇后御伝
    吉川弘文館 2020
  • 鷺流狂言詞章保教本を起点として狂言詞章の日本語学的研究
    武蔵野書院 2020
  • 文章表現テキストI・II
    2020
  • 蜷川式胤「八重之残花」
    2018
  • 日本語の配慮表現の多様性 歴史的変化と地理的・社会的変異
    くろしを出版 2014
もっと見る
講演・口頭発表等 (12件):
  • 日本語史の中における翻訳語-幕末・明治の星名を中心に-
    (奈良シニア大学 2020)
  • 江戸の科学書を中心に見た十二宮の名称について-双児宮を中心に-
    (第18回天文文化研究会 2019)
  • 狂言詞章における終助詞ナアについて
    (文法史研究会 2014)
  • 近代語の依頼表現-江戸を中心に-
    (配慮表現シンポジウム 2011)
  • 江戸時代後期における星の表現についてー 国学・洋学と一般民衆-
    (第6回天文文化研究会 2009)
もっと見る
学位 (1件):
  • 文学(博士) (大阪大学)
経歴 (3件):
  • 2014/04 - 現在 大阪工業大学 工学部 准教授
  • 2012/04 - 2014/03 大阪工業大学 工学部 講師
  • 2007/04 - 2012/03 大阪工業大学 知的財産額部 講師
委員歴 (1件):
  • 2016/09 - 2017/09 表現学会 外部査読委員
所属学会 (4件):
日本漢字学会 ,  表現学会 ,  能楽学会 ,  日本語学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る