研究者
J-GLOBAL ID:200901040789042365   更新日: 2019年05月22日

津下 誠治

ツゲ セイジ | TSUGE Seiji
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 植物病理学
研究キーワード (3件): 植物病原細菌 ,  分子生物学 ,  植物ー微生物の相互作用
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2018 - 2021 イネ紋枯病菌の病原性機構解明-エフェクタータンパク質の同定-
  • 2016 - 2019 イネ白葉枯病菌の病原性関連遺伝子群hrpにおける糖依存的な新規発現制御機構の解明
  • 2013 - 2016 TALエフェクターを介したイネ白葉枯病菌の宿主感受性誘導機構の解明
  • 2010 - 2013 植物・細菌両細胞で機能する白葉枯病菌タンパク質LrpXによる植物抵抗性の抑制機構
  • 2007 - 2009 イネ白葉枯病菌の病原性遺伝子hrpの発現誘導に関わる植物シグナル受容機構の解明
全件表示
論文 (46件):
  • Ikawa Y, Ohnishi S, Shoji A, Furutani A, Tsuge S. Concomitant regulation by a LacI-type transcriptional repressor XylR on genes involved in xylan and xylose metabolism and the type III secretion system in rice pathogen Xanthomonas oryzae pv. oryzae. Molecular Plant-Microbe Interactions. 2018. 31. 605-613
  • Rashid MM, Ikawa Y, Tsuge S. GamR, the LysR-type galactose metabolism regulator, regulates hrp gene expression via transcriptional activation of two key hrp regulators, HrpG and HrpX, in Xanthomonas oryzae pv. oryzae. Applied and Environmental Microbiology. 2016. 82. 3947-3958
  • Ikawa Y, Tsuge S. The quantitative regulation of the hrp regulator HrpX is involved in sugar-source-dependent hrp gene expression in Xanthomonas oryzae pv. oryzae. FEMS Microbiology Letters. 2016. 363. fnw071
  • Ishikawa K, Yamaguchi K, Sakamoto K, Yoshimura S, Inoue K, Tsuge S, Kojima C, Kawasaki T. Bacterial effector modulation of host E3 ligase activity suppresses PAMP-triggered immunity in rice. Nature Communications. 2014. 5. 5430
  • Tsuge S, Furutani A, Ikawa Y. Regulatory network of hrp gene expression in Xanthomonas oryzae pv. oryzae. Journal of General Plant Pathology. 2014. 80. 303-313
もっと見る
MISC (105件):
もっと見る
書籍 (2件):
  • 植物病理学
    文英堂出版 2010
  • 植物防疫 72 (5)
    日本植物防疫協会 2018
講演・口頭発表等 (38件):
  • イネ白葉枯病菌の非病原性遺伝子について
    (第18回 植物細菌病談話会 1995)
  • Colletotrichum higginsianum pathogenicity mutants identified by restriction enzyme mediated integration (REMI) mutagenesis
    (10th International Congress of Molecular Plant-Microbe Interactions 2001)
  • Analysis of structure and function of the Na+/glucose symporter (SglS)-like gene of Xanthomonas oryzae pv. oryzae
    (10th International Conference on Plant Pathogenic Bacteria 2001)
  • イネ白葉枯病菌の病原性・非病原性に関する分子生物学的解析
    (第22回 植物細菌病談話会 2003)
  • Identification of a novel transcriptionalregulator involved in expression of Xanthomonas oryzae pv. oryzae hrp genes
    (1st International Conference on Bacterial Blight of Rice 2004)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1983 - 1987 京都大学 農学部 農林生物学科
  • 1987 - 1993 京都大学 農学研究科 農林生物学専攻
学位 (1件):
  • 農学博士(農学) (京都大学)
経歴 (5件):
  • 1993/11 - 2000/12 京都府立大学 助手
  • 2001/01 - 2001/03 京都府立大学 講師
  • 2001/04 - 2007/03 京都府立大学 講師
  • 2007/04 - 2008/03 京都府立大学 准教授
  • 2008/04 - 現在 京都府立大学 准教授
委員歴 (3件):
  • 2018/01 - 現在 日本植物病理学会 原著編集委員
  • 2012/01 - 2015/12 日本植物病理学会 原著編集委員
  • 2008/01 - 2011/12 日本植物病理学会 編集幹事
所属学会 (2件):
日本植物病理学会 ,  日本細菌学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る