研究者
J-GLOBAL ID:200901040829629453   更新日: 2020年09月01日

田澤 立之

Tazawa Ryushi
所属機関・部署:
研究分野 (2件): 呼吸器内科学 ,  医療管理学、医療系社会学
競争的資金等の研究課題 (30件):
  • 2017 - 2020 胃癌におけるBRCA1/2遺伝子変異解析およびタンパク質発現とその臨床的意義
  • 2016 - 2019 サイトカインパネル解析を用いた自己免疫性肺胞蛋白症の病態変化機序の解明
  • 2015 - 2019 次世代シークエンサーによる肺胞蛋白症重症化の分子機構の解明
  • 2015 - 2018 自己免疫性肺胞蛋白症に対する酵母由来組換えGM-CSF吸入の多施設共同医師主導治験
  • 2015 - 2018 肺胞蛋白症の発症機序を説明する数学モデルの構築とその検証
全件表示
論文 (61件):
  • Ryushi Tazawa, Takahiro Ueda, Mitsuhiro Abe, Koichiro Tatsumi, Ryosuke Eda, Shotaro Kondoh, Konosuke Morimoto, Takeshi Tanaka, Etsuro Yamaguchi, Ayumu Takahashi, et al. Inhaled GM-CSF for Pulmonary Alveolar Proteinosis. The New England journal of medicine. 2019. 381. 10. 923-932
  • Uchida Y, Nakagome K, Tazawa R, Akasaka K, Ito M, Haga Y, Komiyama KI, Soma T, Nakata K, Nagata M. Modified eosinophil adhesion in pulmonary alveolar proteinosis caused by CSF2RA deletion. Allergology International : official journal of the Japanese Society of Allergology. 2019. 68S. S14-S16
  • Nei T, Urano S, Motoi N, Hashimoto A, Kitamura N, Tanaka T, Nakagaki K, Takizawa J, Kaneko C, Tazawa R, et al. Memory B cell pool of autoimmune pulmonary alveolar proteinosis patients contains higher frequency of GM-CSF autoreactive B cells than healthy subjects. Immunology Letters. 2019. 212. 22-29
  • Nobutaka Kitamura, Shinya Ohkouchi, Ryushi Tazawa, Haruyuki Ishii, Toshinori Takada, Takuro Sakagami, Takahiro Tanaka, Koh Nakata. Incidence of autoimmune pulmonary alveolar proteinosis estimated using Poisson distribution. ERJ open research. 2019. 5. 1
  • Nakano R, Nakagaki K, Itoh Y, Seino U, Ueda T, Tazawa R, Kitamura N, Tanaka T, Nakata K. Assay system development to measure the concentration of sargramostim with high specificity in patients with autoimmune pulmonary alveolar proteinosis after single-dose inhalation. Journal of Immunological Methods. 2018. 460. 1-9
もっと見る
特許 (1件):
  • 酵母由来組換えヒト顆粒球マクロファージコロニー刺激因子を特異的に測定する試薬
書籍 (14件):
  • 「EBM呼吸器疾患の治療2016-2017」一ノ瀬正和,井上義一,舘田一博,弦間昭彦編
    中外医学社 2016
  • 「内科診断学 第3版」福井次矢,奈良信雄編
    医学書院 2016
  • 「今日の診断指針 第7版」金澤一郎,永井良三編
    医学書院 2015
  • 「今日の治療指針2013年版」山口徹,北原光夫,福井次矢編
    医学書院 2013
  • 「呼吸器疾患最新の治療2013-2015」貫和敏博,杉山幸比古,門田淳一編
    南江堂 2013
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1988 - 1993 東京医科歯科大学大学院 内科学専攻
  • 1982 - 1988 東京医科歯科大学 医学科
学位 (1件):
  • 博士(医学) (東京医科歯科大学)
経歴 (8件):
  • 2019/06 - 現在 東京医科歯科大学 学生支援・保健管理機構 教授
  • 2013/06 - 2019/05 新潟大学 医歯学総合病院 准教授
  • 2008/03 - 2013/05 新潟大学 医歯学総合病院 生命科学医療センター 講師
  • 2008/09 - 2008/12 シンシナティ小児病院肺生物学部門 客員研究員
  • 2003/02 - 2008/02 東北大学病院遺伝子・呼吸器内科 助手/助教
全件表示
受賞 (2件):
  • 2016/11 - 新潟県医師会 平成28年度新潟県医師会学術奨励賞
  • 2004/04 - 日本内科学会 第17回内科学会奨励賞
所属学会 (4件):
日本呼吸器学会 ,  日本内科学会 ,  日本人類遺伝学会 ,  アメリカ胸部疾患学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る