研究者
J-GLOBAL ID:200901040851755209   更新日: 2024年05月24日

金森 主祥

カナモリ カズヨシ | Kanamori Kazuyoshi
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 無機材料、物性
研究キーワード (14件): 高分子ゲル ,  エアロゲル ,  有機-無機ハイブリッド ,  リビングラジカル重合 ,  相分離 ,  多孔性物質 ,  ゾル-ゲル法 ,  polymer gels ,  aerogels ,  organic-inorganic hybrid ,  living radical polymerization ,  phase separation ,  porous materials ,  sol-gel method
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2022 - 2025 低密度高気孔率物質のクロススケール構造制御による強靭化と機能開拓
  • 2018 - 2021 精密配位子交換制御によるMOF表面修飾マクロ多孔性モノリスの作製と物性開拓
  • 2017 - 2020 有機架橋部を有するシリコーンエアロゲルの開発
  • 2014 - 2017 ヒドリドシリカモノリス担体中での金属・合金ナノ粒子のその場作製と触媒反応への応用
  • 2012 - 2015 新規有機高分子系エアロゲルの開発
全件表示
論文 (201件):
  • Ryota Ueoka, Yosuke Hara, Ayaka Maeno, Hironori Kaji, Kazuki Nakanishi, Kazuyoshi Kanamori. Unusual flexibility of transparent poly(methylsilsesquioxane) aerogels by surfactant-induced mesoscopic fiber-like assembly. Nature Communications. 2024. 15. 1
  • Katsura, D., Maeda, T., Kanamori, K., Yamamoto, T., Ohshita, J. Sound-Absorbing, Thermal-Insulating Material Based on Poly(methylsiloxane) Xerogel and Cellulose Nanofibers. Applied Sciences (Switzerland). 2024. 14. 6
  • Michaloudis, I., Rao, A.V., Kanamori, K. Sky-mimesis, a path from nanotechnology to visual arts: A review of art applications of aerogels. Micro and Nano Engineering. 2024. 23
  • Kim, T., Jung, H., Choi, H., Kang, D., Lee, W., Parale, V.G., Patil, U.M., Kim, Y., Kim, J., Kim, S.-H., et al. A NiFeSn oxyhydroxide electrocatalyst wet gel for highly efficient water electrolysis in alkaline media. Nano Energy. 2024. 124
  • Kanamori, K. Homogeneous silicone network formation in aqueous sol-gel systems toward low-density porous materials. Journal of the Ceramic Society of Japan. 2024. 132. 3
もっと見る
MISC (29件):
特許 (20件):
もっと見る
書籍 (8件):
  • 撥水・撥油・親水性材料の開発動向
    シーエムシー出版 2021
  • 配管技術
    日本工業出版 2021
  • 建築と社会
    日本建築協会 2019
  • セラミックス
    日本セラミックス協会 2019
  • セラミックス
    2018
もっと見る
講演・口頭発表等 (14件):
  • ポリシロキサン系におけるネットワーク構造設計:低密度多孔体作製のための指針
    (第57回セラミックス基礎科学討論会 2019)
  • ポリ有機シロキサン系におけるエアロゲルの合成・構造解析・機械的物性
    (先鋭固体化学・物理に関する討論会(第2回) 2018)
  • 有機ポリシロキサン系エアロゲル:ネットワークの設計指針と柔軟性の発現
    (第22回ケイ素化学協会シンポジウム 2018)
  • 力学強度が飛躍的に向上 有機-無機ハイブリッドによるエアロゲル創製と特性・応用展望
    (サイエンス&テクノロジーセミナー「エアロゲルのブレークスルーと エアロゲル粒子の産業展開」 2018)
  • 有機アルコキシシランを用いた柔軟エアロゲルの作製と応用
    (日本セラミックス協会第31回秋季シンポジウム 2018)
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 2005 京都大学 工学研究科 材料化学専攻
  • - 2005 京都大学
  • - 2000 京都大学 工学部 工業化学科
  • - 2000 京都大学
学位 (1件):
  • 博士(工学) (京都大学)
経歴 (7件):
  • 2005 - 2007 Postdoctoral Research Fellow of JSPS
  • - 2007 2005年4/1-2007年1/31 日本学術振興会特別研究員(PD)
  • 2007 - 年4/1-(現在) 京都大学大学院理学研究科化学専攻助教
  • 2007 - 年2/1-同年3/31 京都大学大学院理学研究科化学専攻助手
  • 2007 - - Assistant Professor in Department of Chemistry, Graduate School of Science, Kyoto University
全件表示
所属学会 (6件):
日本セラミックス協会 ,  国際ゾル-ゲル学会 ,  ケイ素化学協会 ,  日本ゾル-ゲル学会 ,  高分子学会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る