研究者
J-GLOBAL ID:200901040861693074   更新日: 2021年01月07日

高橋 真

タカハシ シン | Takahashi Shin
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
  • 附属先端環境技術センター(CATE)  副センター長
  • 沿岸環境科学研究センター(CMES)  兼任教員
ホームページURL (2件): http://keisoku.deca.jp/http://keisoku.deca.jp/
研究分野 (1件): 化学物質影響
研究キーワード (46件): 深海生態系 ,  海洋汚染 ,  アジア-太平洋地域 ,  途上国 ,  e-waste ,  電子・電気機器廃棄物 ,  資源循環 ,  廃棄物処理 ,  内分泌撹乱 ,  毒性影響 ,  リスク評価 ,  環境動態 ,  生物濃縮 ,  有機スズ化合物 ,  臭素系難燃剤 ,  DDT ,  PCB ,  ダイオキシン類 ,  有機ハロゲン化合物 ,  微量元素 ,  有機金属 ,  重金属 ,  残留性有機汚染物質 ,  Deep-Sea Ecosystem ,  Marine Pollution ,  Asia-Pacific Region ,  Developing Countries ,  E-waste ,  Waste Electrical and Electronic Equipment ,  Material Recycle ,  Waste Treatment ,  Endocrine Disruption ,  Toxic Impact ,  Risk Assessment ,  Environmental Behavior ,  Bioconcentration ,  Organotin Compounds ,  Brominated Flame Retardants ,  DDT ,  PCB ,  Dioxin-Related Compounds ,  Organohalogen Compounds ,  Trace elements ,  Organometallic Compounds ,  Heavy metals ,  Persistent Organic Pollutants
競争的資金等の研究課題 (17件):
  • 2020 - 2025 次世代型有機フッ素化合物による環境汚染・生物蓄積の実態解明と毒性影響評価
  • 2020 - 2024 残留性有機汚染物質の包括網羅分析に基づくマスバランス解析と生態リスクの時系列評価
  • 2018 - 2021 ベトナムの廃棄物および工業・生活排水に由来する有害化学物質の動態とリスク評価
  • 2018 - 2020 PCB・POPsに関する時系列評価と環境管理方策に資する分析化学的研究
  • 2016 - 2019 内分泌かく乱物質の網羅分析とマスバランス解析に基づくヒト曝露・生態リスク評価
全件表示
論文 (187件):
  • Tatiya Wannomai, Hidenori Matsukami, Natsuyo Uchida, Fumitake Takahashi, Le Huu Tuyen, Pham Hung Viet, Shin Takahashi, Tatsuya Kunisue, Go Suzuki. Inhalation bioaccessibility and health risk assessment of flame retardants in indoor dust from Vietnamese e-waste-dismantling workshops. The Science of the total environment. 2020. 760. 143862-143862
  • Anh Quoc Hoang, Daichi Aono, Isao Watanabe, Michinobu Kuwae, Tatsuya Kunisue, Shin Takahashi. Contamination levels and temporal trends of legacy and current-use brominated flame retardants in a dated sediment core from Beppu Bay, southwestern Japan. Chemosphere. 2020. 266. 129180-129180
  • Kota Mukai, Takashi Fujimori, Hoang Quoc Anh, Satoshi Fukutani, Tatsuya Kunisue, Kei Nomiyama, Shin Takahashi. Extractable organochlorine (EOCl) and extractable organobromine (EOBr) in GPC-fractionated extracts from high-trophic-level mammals: Species-specific profiles and contributions of legacy organohalogen contaminants. The Science of the total environment. 2020. 143843-143843
  • Kou Nishimuta, Daisuke Ueno, Shin Takahashi, Michinobu Kuwae, Kiwao Kadokami, Takashi Miyawaki, Hidenori Matsukami, Hidetoshi Kuramochi, Taiki Higuchi, Yuki Koga, et al. Use of comprehensive target analysis for determination of contaminants of emerging concern in a sediment core collected from Beppu Bay, Japan. Environmental pollution (Barking, Essex : 1987). 2020. 115587-115587
  • Anh Quoc Hoang, Tri Manh Tran, Minh Binh Tu, Shin Takahashi. Polybrominated diphenyl ethers in indoor and outdoor dust from Southeast Asia: An updated review on contamination status, human exposure, and future perspectives. Environmental pollution (Barking, Essex : 1987). 2020. 116012-116012
もっと見る
MISC (120件):
もっと見る
書籍 (3件):
  • Reviews of Environmental Contamination and Toxicology
    2008
  • Developments in Environmental Science
    2007
  • Endocr Disrupter News Lett
    2003
講演・口頭発表等 (287件):
  • Screening and target analysis of organic micro-pollutants in drainage water: A case study in Vietnamese end-of-life vehicle dismantling area
    (環境化学オンライン研究発表会2020 2020)
  • 野生鳥類における残留性有機汚染物質の蓄積と経年変化
    (環境化学オンライン研究発表会2020 2020)
  • ペット動物から見る室内化学物質汚染の実態解明とリスク評価
    (第22回環境ホルモン学会研究発表会 2019)
  • 松山平野の河川水におけるフィプロニルとその分解物の汚染実態解明
    (第22回環境ホルモン学会研究発表会 2019)
  • Persistent Organic Pollutants in the Asia-Pacific Region
    (Workshop on Transdisciplinary Environmental Perspectives on a Shifting World: Ecotoxicants as Drivers of Change 2019)
もっと見る
学歴 (6件):
  • - 2000 愛媛大学 生物環境保全学
  • - 2000 愛媛大学
  • - 1997 愛媛大学 生物生存環境学
  • - 1997 愛媛大学
  • - 1995 弘前大学 地球科学科
全件表示
学位 (1件):
  • 博士(農学) (愛媛大学)
経歴 (6件):
  • 2018/01 - 現在 愛媛大学 大学院農学研究科 教授
  • 2016/04 - 2017/12 愛媛大学 大学院農学研究科 准教授
  • 2012/12 - 2016/03 愛媛大学 農学部 准教授
  • 2005/04 - 2012/11 愛媛大学 沿岸環境科学研究センター 准教授
  • 2002/09 - 2005/03 独立行政法人 国立環境研究所 循環型社会・廃棄物研究センター 研究員
全件表示
委員歴 (9件):
  • 2020/12 - 現在 愛媛県 環境審議会委員
  • 2020 - 現在 (公財)産業廃棄物処理事業振興財団 低濃度PCB廃棄物無害化処理認定申請技術評価委員
  • 2020 - 現在 環境省 東日本大震災に係る海洋環境モニタリング調査検討会委員
  • 2015 - 現在 西条市 環境審議会委員
  • 2015 - 現在 廃棄物資源循環学会中国・四国支部 理事
全件表示
受賞 (5件):
  • 2019/07 - KeAi Publishing (Emerging Contaminants) Best Paper Award Occurrence of emerging flame retardants from e-waste recycling activities in the northern part of Vietnam
  • 2019/07 - KeAi Publishing (Emerging Contaminants) Best Paper Award Comprehensive evaluation of dioxins and dioxin like compounds in surface soils and river sediments from e waste processing sites in a village in northern Vietnam: Heading towards the environmentally sound management of e-waste
  • 2019/06 - 一般社団法人 日本環境化学会 最優秀発表賞(SETAC JAPAN 賞) Contamination status, profiles, emission sources, and risks of PAHs and their methylated derivatives in road dusts from northern Vietnam
  • 2019/06 - 一般社団法人 日本環境化学会 第28回環境化学学術賞 残留性有機汚染物質(POPs)研究の環境化学分野への国際的貢献
  • 2015/05 - 一般社団法人 廃棄物資源循環学会 Best Paper Award Exposure assessment of lead to workers and children in the battery recycling craft village, Dong Mai, Vietnam
所属学会 (8件):
水環境学会 ,  American Chemical Society ,  廃棄物資源循環学会 ,  日本内分泌撹乱化学物質学会 ,  日本環境毒性学会 ,  日本環境化学会 ,  (社)環境科学会 ,  SETAC Asia-Pacific
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る