研究者
J-GLOBAL ID:200901040861693074   更新日: 2020年01月06日

高橋 真

タカハシ シン | TAKAHASHI Shin
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
ホームページURL (2件): http://web.agr.ehime-u.ac.jp/~keisoku/index.htmlhttp://web.agr.ehime-u.ac.jp/~keisoku/index.html
研究キーワード (23件): 残留性有機汚染物質 ,  重金属 ,  有機金属 ,  微量元素 ,  有機ハロゲン化合物 ,  ダイオキシン類 ,  PCB ,  DDT ,  臭素系難燃剤 ,  有機スズ化合物 ,  生物濃縮 ,  環境動態 ,  リスク評価 ,  毒性影響 ,  内分泌撹乱 ,  廃棄物処理 ,  資源循環 ,  電子・電気機器廃棄物 ,  e-waste ,  途上国 ,  アジア-太平洋地域 ,  海洋汚染 ,  深海生態系
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2018 - 2021 ベトナムの廃棄物および工業・生活排水に由来する有害化学物質の動態とリスク評価
  • 2018 - 2020 PCB・POPsに関する時系列評価と環境管理方策に資する分析化学的研究
  • 2016 - 2019 内分泌かく乱物質の網羅分析とマスバランス解析に基づくヒト曝露・生態リスク評価
  • 2014 - 2017 熱帯産サンゴ・大型海藻を用いた基礎生産者の新たな化学物質リスク評価システムの構築
  • 2013 - 2016 新規POPsおよびPOPs代替物質によるアジア地域の汚染実態と時空間分布の解明
全件表示
論文 (142件):
  • Hoa NTQ, Anh HQ, Tue NM, Trung NT, Da LN, Van Quy T, Huong NTA, Suzuki G, Takahashi S, Tanabe S, Thuy PC, Dau PT, Viet PH, Tuyen LH. Soil and sediment contamination by unsubstituted and methylated polycyclic aromatic hydrocarbons in an informal e-waste recycling area, northern Vietnam: Occurrence, source apportionment, and risk assessment. The Science of the total environment. 2019. 709. 135852
  • Anh HQ, Minh TB, Tran TM, Takahashi S. Road dust contamination by polycyclic aromatic hydrocarbons and their methylated derivatives in northern Vietnam: Concentrations, profiles, emission sources, and risk assessment. Environmental pollution (Barking, Essex : 1987). 2019. 254. Pt B. 113073
  • Anh HQ, Tue NM, Tuyen LH, Minh TB, Viet PH, Takahashi S. Polycyclic aromatic hydrocarbons and their methylated derivatives in settled dusts from end-of-life vehicle processing, urban, and rural areas, northern Vietnam: Occurrence, source apportionment, and risk assessment. The Science of the total environment. 2019. 672. 468-478
  • Anh HQ, Tran TM, Thu Thuy NT, Minh TB, Takahashi S. Screening analysis of organic micro-pollutants in road dusts from some areas in northern Vietnam: A preliminary investigation on contamination status, potential sources, human exposure, and ecological risk. Chemosphere. 2019. 224. 428-436
  • Mukai K, Fujimori T*, Shiota K, Takaoka M, Funakawa S, Takeda A, Takahashi S. Quantitative Speciation of Insoluble Chlorine in Environmental Solid Samples. ACS Omega. 2019. 4. 4. 6126-6137
もっと見る
MISC (58件):
  • 樋口汰樹, 松尾友貴, 上野大介, 高橋真, 高橋真, 加三千宣, 門上希和夫, 宮脇崇, 松神秀徳, 酒井伸一. AIQSターゲットスクリーニング法をもちいた別府湾底質コア中微量環境汚染物質の網羅的分析. 環境化学討論会要旨集(CD-ROM). 2019. 28th. ROMBUNNO.1A-11
  • 高橋真, 高橋真, 高橋真, 冨岡恵大, 青野大地, 渡邊功, 浜田典明, 川嶋文人. 底質試料中のPCB全異性体および主要PBDE異性体の簡便・迅速精製法. 環境化学討論会要旨集(CD-ROM). 2019. 28th. ROMBUNNO.P-002
  • 高橋真, 高橋真, ANH Hoang Quoc, ANH Hoang Quoc, 冨岡恵大, TUE Nguyen Minh, TUYEN Lee Huu, CHI Ngo Kim, MINH Tu Binh, VIET Pham Hung. ベトナム北部の都市および廃棄物処理地域における大気中微量汚染物質の一斉スクリーニングと曝露リスク評価. 環境化学討論会要旨集(CD-ROM). 2019. 28th. ROMBUNNO.3E-07
  • 宇智田奈津代, WANOMAI Tatiya, 松神秀徳, 高橋文武, TUE Nguyen Minh, TUE Nguyen Minh, TUYEN Le Huu, VIET Pham Hung, 高橋真, 国末達也, 鈴木剛, 鈴木剛. 模擬肺胞液及び模擬リソソーム液における有害化学物質のBioaccessibility. 環境化学討論会要旨集(CD-ROM). 2019. 28th. ROMBUNNO.P-137
  • 鑪迫典久, 笠原晴海, ANH Hoang Quoc, 高橋真, 岡崎友紀代, 新野竜大. マイクロプラスチックの魚類へのベクター効果に関する研究(1). 環境化学討論会要旨集(CD-ROM). 2019. 28th. ROMBUNNO.3A-02
もっと見る
書籍 (3件):
  • Endocr Disrupter News Lett
    2003
  • Developments in Environmental Science
    2007
  • Reviews of Environmental Contamination and Toxicology
    2008
講演・口頭発表等 (285件):
  • 駿河湾深海生物中のブチルスズ化合物及び有機塩素化合物
    (日本水産学会大会講演要旨集 1996)
  • 人為起源物質による駿河湾深海生物の汚染とその蓄積特性
    (環境科学会年会一般講演・シンポジウム・プログラム 1997)
  • カツオ・マグロ類における有機塩素化合物と有機スズ化合物の蓄積
    (日本水産学会大会講演要旨集 1997)
  • 東北沖太平洋産の中深海性ハダカイワシ(Myctophids)における有機塩素化合物および有機スズ化合物の蓄積特性
    (環境化学討論会講演要旨集 1998)
  • 日本近海,太平洋およびインド洋産カツオにおける有機塩素化合物の蓄積特性
    (環境化学討論会講演要旨集 1998)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 1995 弘前大学 理学部 地球科学科
  • - 1997 愛媛大学 農学研究科 生物生存環境学
  • - 2000 愛媛大学 連合農学研究科 生物環境保全学
学位 (1件):
  • 博士(農学) (愛媛大学)
経歴 (6件):
  • 2000/04 - 2002/09 愛媛大学 JSPS PD fellow
  • 2002/09 - 2005/03 独立行政法人 国立環境研究所 研究員
  • 2005/04 - 2012/11 愛媛大学 准教授
  • 2012/12 - 2016/03 愛媛大学 准教授
  • 2016/04 - 2017/12 愛媛大学 准教授
全件表示
所属学会 (6件):
(社)環境科学会 ,  日本環境化学会 ,  日本環境毒性学会 ,  日本内分泌撹乱化学物質学会 ,  廃棄物資源循環学会 ,  American Chemical Society
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る