研究者
J-GLOBAL ID:200901040945042532   更新日: 2020年08月28日

宮田 愛彦

ミヤタ ヨシヒコ | Miyata Yoshihiko
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (3件): 細胞生物学 ,  分子生物学 ,  機能生物化学
研究キーワード (13件): DYRK ,  Cdc37 ,  CK2 ,  Hsp90 ,  シグナル伝達 ,  分子シャペロン ,  キナーゼ ,  DYRK ,  Cdc37 ,  CK2 ,  Signal transduction ,  Molecular Chaperone ,  Kinase
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 分子シャペロンHsp90を標的とするがん治療の基礎的研究
  • シグナル伝達キナーゼのクオリティーコントロールに関わるHsp90・Cdc37分子シャペロンの構造と機能の研究
  • シグナル伝達に関わる新しいMAPキナーゼ類縁タンパク質の構造と機能の解析
  • Functional and structural analysis of the Hsp90/Cdc37 molecular chaperone system that is involved in the quality control of signaling protein kinases.
  • Analysis of interaction between protein kinases and molecular chaperones
全件表示
論文 (72件):
MISC (3件):
書籍 (11件):
  • CK2 inhibitors and the DYRK family protein kinases.
    “Protein Kinase CK2 Cellular Function in Normal and Disease States”, ed. K. Ahmed, O. Issinger, and R. Szyska, Advances in Biochemistry in Health and Disease, Springer International Publishing Switzerland, Vol. 12. 2015
  • The pivotal role of CK2 in the kinome-targeting Hsp90 chaperone machinery.
    “The Wiley-IUBMB Series on Biochemistry and Molecular Biology: Protein Kinase CK2”, ed. L.A.Pinna and J. Jeffryes, Wiley-Blackwell Publishing 2013
  • シグナル伝達の原理と多様性. 「医学のための細胞生物学」
    南山堂 2009 ISBN:4525131217
  • 分子生物学・免疫学キ-ワ-ド辞典 第二版
    医学書院 2003
  • 熱ショックタンパク質(HSP90・GRP94).
    廣川タンパク質化学 第六巻「細胞骨格と筋肉のタンパク質」、廣川書店(東京),139-145 1997
もっと見る
講演・口頭発表等 (97件):
  • ダウン症・自閉症関連キナーゼDYRKファミリーの機能制御
    (埼玉大学 分子生物学科セミナー 2019)
  • Hsp90 molecular chaperone, signaling protein kinases, and cancer
    (Seminar at Institut de Biologie Moléculaire et Cellulaire, Université de Strasbourg (Strasbourg, France) 2018)
  • Functional regulation of DYRK1A, a kinase intimately involved in Down syndrome and autism spectrum disorder, by cellular binding partners
    (Seminar at Institut de Génétique et de Biologie Moléculaire et Cellulaire (Illkirch, France) 2018)
  • ダウン症関連キナーゼDYRKファミリーの細胞内結合分子シャペロンによる機能制御
    (埼玉大学 分子生物学科セミナー (埼玉) 2017)
  • Nascent chain folding process of DYRK family protein kinases
    (第19回 京都大学・大学院生命科学研究科 シンポジウム (京都) 2017)
もっと見る
学歴 (6件):
  • - 1992 東京大学 生物化学(論文博士)
  • - 1992 東京大学
  • - 1988 東京大学 生物化学
  • - 1988 東京大学
  • - 1986 東京大学 生物化学
全件表示
学位 (1件):
  • 理学博士 (東京大学)
経歴 (20件):
  • 2007 - 現在 京都大学 大学院生命科学研究科 統合生命科学専攻 多細胞体構築学 シグナル伝達学研究分野 助教
  • 2007 - 現在 Associate Professor, Department of Cell and Developmental Biology, Graduate School of Biostudies, Kyoto University.
  • 1999 - 2007 京都大学 大学院生命科学研究科 統合生命科学専攻 多細胞体構築学 シグナル伝達学研究分野 助手
  • 1999 - 2007 Research Associate, Department of Cell and Developmental Biology, Graduate School of Biostudies, Kyoto University.
  • 2005 - 神戸大学 大学院医学系研究科 非常勤講師 兼任
全件表示
所属学会 (2件):
日本生化学会 ,  The Japanese Biochemistry Society.
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る