研究者
J-GLOBAL ID:200901041046810615   更新日: 2022年08月07日

東海林 博樹

ショウジ ヒロキ | Shoji Hiroki
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 分子生物学
研究キーワード (8件): Glycobiology ,  Biochemistry ,  Molecular Biology ,  Developmental Biology ,  糖鎖生物学 ,  生化学 ,  分子生物学 ,  発生生物学
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2021 - 2023 低酸素刺激とガレクチンファミリーによる胎盤栄養膜細胞の分化制御機構
  • 2017 - 2019 胎盤栄養膜細胞の浸潤性細胞への分化制御におけるガレクチンファミリーの役割
  • 2014 - 2016 胎盤栄養膜細胞の浸潤能獲得におけるガレクチンファミリーによる制御機構
  • 2011 - 2013 胎盤形成におけるガレクチンファミリーの機能解析
論文 (63件):
  • Daisuke Sakai, Takeru Sugawara, Tomonori Kurokawa, Yuki Murakami, Mitsuhiro Tomosugi, Hiroko Masuta, Hiromi Sakata-Haga, Toshihisa Hatta, Hiroki Shoji. Hif1α-dependent hypoxia signaling contributes to the survival of deep-layer neurons and cortex formation in a mouse model. Molecular brain. 2022. 15. 1. 28-28
  • Tsuyoshi Tsukada, Hiromi Sakata-Haga, Hiroki Shimada, Hiroki Shoji, Toshihisa Hatta. Mid-pregnancy maternal immune activation increases Pax6-positive and Tbr2-positive neural progenitor cells and causes integrated stress response in the fetal brain in a mouse model of maternal viral infection. IBRO neuroscience reports. 2021. 11. 73-80
  • Yasuhiro Nonaka, Takashi Ogawa, Hiroki Shoji, Nozomu Nishi, Shigehiro Kamitori, Takanori Nakamura. Crystal structure and conformational stability of a galectin-1 tandem-repeat mutant with a short linker. Glycobiology. 2021
  • Yasuhiro Nonaka, Takashi Ogawa, Hiroki Shoji, Nozomu Nishi, Shigehiro Kamitori, Takanori Nakamura. Modulation of the carbohydrate-binding specificity of two Xenopus proto-type galectins by site-directed mutagenesis. Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Proteins and Proteomics. 2021. 1869. 10. 140684-140684
  • Tsuyoshi Tsukada, Hiroki Shimada, Hiromi Sakata-Haga, Hiroki Shoji, Hideaki Iizuka, Toshihisa Hatta. Decidual cells are the initial target of polyriboinosinic-polyribocytidylic acid in a mouse model of maternal viral infection. Biochemistry and biophysics reports. 2021. 26. 100958-100958
もっと見る
MISC (14件):
  • 坂田 ひろみ, 内芝 舞実, 島田 ひろき, 塚田 剛史, 三谷 真弓, 有川 智博, 東海林 博樹, 八田 稔久. 小型魚類とアフリカツメガエルのための新規迅速骨染色法とその応用. 日本毒性学会学術年会. 2018. 45. 0. P-161
  • Mitomo Ayaka, Arikawa Tomohiro, Liao Shengjun, Sakata-Haga Hiromi, Shimada Hiroki, Hatta Toshihisa, Hirashima Mitsuomi, Kawabata Hiroshi, Shoji Hiroki. Galectin-9によるマウス血小板生成作用の解析(Galectin-9 positively regulates platelet production in mice). 臨床血液. 2017. 58. 9. 1669-1669
  • Tomohiro Arikawa, Eriko Simamura, Hiroki Shimada, Takanori Nakamura, Toshihisa Hatta, Hiroki Shoji. Significance of sugar chain recognition by galectins and its involvement in disease- associated glycosylation. CONGENITAL ANOMALIES. 2014. 54. 2. 77-81
  • Nakajima Yuriko, Simamura Eriko, Shimada Hiroki, Arikawa Tomohiro, Shoji Hiroki, Hatta Toshihisa. 低酸素培養条件下での赤芽球分化および除核の誘導(The induction of erythroblast differentiation and enucleation under hypoxic culture conditions). 臨床血液. 2013. 54. 9. 1240-1240
  • 八田 稔久, 島村 英理子, 島田 ひろき, 東 伸明, 東海林 博樹, 有川 智博, 大谷 浩, 渡辺 弥壽夫. 母-胎児間LIF-ACTHネットワークによる脳と血球のシナジスティックな発生調節機構. 金沢医科大学雑誌. 2012. 37. 3. 133-133
もっと見る
講演・口頭発表等 (46件):
  • 母体免疫活性化の曝露による出生後の小胞体ストレス応答不良と炎症に対する感受性亢進の誘導
    (第61回日本先天異常学会学術集会 2021)
  • 白血病抑制因子のマウス胎盤栄養膜細胞におけるプロピオメラノコルチン誘導作用機構の解明
    (第61回日本先天異常学会学術集会 2021)
  • マウス胎盤における副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモンの発現と局在に関する時間的空間的解析
    (第61回日本先天異常学会学術集会 2021)
  • 生理的低酸素による抑制性神経分化制御機構の解明
    (日本生化学会北陸支部第39回大会 2021)
  • 母体免疫系の活性化は、児の神経発生を障害し、Atf4の発現を増加させる
    (第126回日本解剖学会総会・全国学術集会 2021)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1993 - 1994 大阪大学 理学研究科
  • 1992 - 1993 名古屋大学 理学研究科
学位 (1件):
  • 博士(理学)
経歴 (6件):
  • 2016/08 - 金沢医科大学・一般教育機構・生物学
  • 2009/04 - 金沢医科大学・一般教育機構・生物学 准教授
  • 2009/01 - 2009/03 香川大学・医学部 学内講師
  • 1997/08 - 2008/12 香川医科大学(現・香川大学・医学部) 助手(助教)
  • 2005/04 - 2007/02 フランス国立科学研究センター/ジャック・モノー研究所 海外研修旅行
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る