研究者
J-GLOBAL ID:200901041099044264   更新日: 2021年10月27日

大手 信人

オオテ ノブヒト | Ohte Nobuhito
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): https://nrid.nii.ac.jp/ja/nrid/1000010233199/
研究分野 (8件): 地域環境工学、農村計画学 ,  大気水圏科学 ,  環境動態解析 ,  環境材料、リサイクル技術 ,  環境負荷低減技術、保全修復技術 ,  宇宙惑星科学 ,  水工学 ,  森林科学
研究キーワード (31件): フューチャーアース ,  NO_3- ,  養分利用 ,  酸素安定同位体比 ,  カチオン ,  NO3- ,  安定同位体比 ,  植生遷移 ,  季節変動 ,  熱赤外域 ,  土壌CO_2ガス ,  植生リモ-トセンシング ,  分光反射特性 ,  水質浄化 ,  酸素安定同立体比 ,  生態系機能 ,  化学的風化 ,  脱窒 ,  森林 ,  pH ,  水質形成 ,  光合成 ,  気孔コンダクタンス ,  窒素飽和 ,  窒素循環 ,  水文過程 ,  蒸散 ,  炭素循環 ,  森林生態系 ,  物質循環 ,  森林流域
論文 (221件):
  • Tomoki Oda, Tomohiro Egusa, Nobuhito Ohte, Norifumi Hotta, Nobuaki Tanaka, Mark B. Green, Masakazu Suzuki. Effects of changes in canopy interception on stream runoff response and recovery following clear-cutting of a Japanese coniferous forest in Fukuroyamasawa Experimental Watershed in Japan. Hydrological Processes. 2021. 35. 5
  • Lyla Mehta, Shilpi Srivastava, Synne Movik, Hans Nicolai Adam, Rohan D’Souza, Devanathan Parthasarathy, Lars Otto Naess, Nobuhito Ohte. Transformation as praxis: responding to climate change uncertainties in marginal environments in South Asia. Current Opinion in Environmental Sustainability. 2021. 49. 110-117
  • Masanori Katsuyama, Nobuhito Ohte, Yoshiko Kosugi, Makoto Tani. The Kiryu Experimental Watershed: 50-years of rainfall-runoff data for a forest catchment in central Japan. Hydrological Processes. 2021. 35. 3
  • Nobuhito Ohte, Naoko H. Miki, Naoko Matsuo, Lingli Yang, Muneto Hirobe, Norikazu Yamanaka, Yoshiaki Ishii, Ayumi Tanaka-Oda, Michiko Shimizu, Guosheng Zhang, et al. Life history of Juniperus sabina L. adapted to the sand shifting environment in the Mu Us Sandy Land, China: A review. Landscape and Ecological Engineering. 2021
  • Jason H. Preble, Nobuhito Ohte, Christian E. Vincenot. In the shadow of the rising sun: a systematic review of Japanese bat research and conservation. Mammal Review. 2021. 51. 1. 109-126
もっと見る
MISC (208件):
書籍 (1件):
  • Agricultural Implications of the Fukushima Nuclear Accident: The First Three Years
    Springer 2016 ISBN:9784431558286
講演・口頭発表等 (19件):
  • 森林生態系の放射能汚染の現状と課題
    (福島の森里川海の今 〜放射能問題からウナギ・カレイの新発見まで〜 2020)
  • Are Seasonal Variations Generated by Biology or Hydrology?
    (Gordon Research Conference on Catchment Science: Interactions of Hydrology, Biology and Geochemistry 2019)
  • Tracking and Acoustic Luring of the Ryukyu Tube-nosed Bat Murina ryukyuana
    (The 8th East Asian Federation of Ecological Societies International Congress 2018)
  • New process-based modeling of nitrogen biogeochemistry in forest ecosystems for the long-term simulation of nitrogen saturation
    (European Geosciences Union General Assembly 2018 2018)
  • Long-term simulation of the nitrogen cycle in forest ecosystems: Describing the steps towards nitrogen saturation
    (65th Annual Meeting of the Ecological Society of Japan 2018)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(農学) (京都大学)
経歴 (6件):
  • 2014/11 - 京都大学 情報学研究科 教授
  • 2007/04 - 2014/10 東京大学 大学院農学生命科学研究科 准教授
  • 2006/10 - 2007/03 東京大学 大学院農学生命科学研究科 助教授
  • 1997/04 - 2006/09 京都大学 農学研究科 助教授
  • 1995/04 - 1997/03 京都大学 農学研究科 講師
全件表示
受賞 (4件):
  • 2013/07 - 日本生態学会・滋賀県 生態学琵琶湖賞 森林生態系を対象に水文過程を視点とする物質循環に関する研究
  • 2011/03 - 日本生態学会 日本生態学会大島賞 森林と河川生態系における窒素循環と窒素の流出過程に関する研究
  • 2010/09 - 水文・水資源学会 水文・水資源学会学術賞 森林生態系の物質循環における水文過程の影響に関する研究
  • 1998/08 - 水文・水資源学会 水文・水資源学会論文奨励賞 森林流域における酸緩衝機構の空間的多様性:花崗岩小流域における緩衝過程の鉛直分布
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る