研究者
J-GLOBAL ID:200901041099044264   更新日: 2020年09月01日

大手 信人

オオテ ノブヒト | Ohte Nobuhito
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): https://nrid.nii.ac.jp/ja/nrid/1000010233199/
研究分野 (8件): 地域環境工学、農村計画学 ,  大気水圏科学 ,  環境動態解析 ,  環境材料、リサイクル技術 ,  環境負荷低減技術、保全修復技術 ,  宇宙惑星科学 ,  水工学 ,  森林科学
研究キーワード (31件): フューチャーアース ,  NO_3- ,  養分利用 ,  酸素安定同位体比 ,  カチオン ,  NO3- ,  安定同位体比 ,  植生遷移 ,  季節変動 ,  熱赤外域 ,  土壌CO_2ガス ,  植生リモ-トセンシング ,  分光反射特性 ,  水質浄化 ,  酸素安定同立体比 ,  生態系機能 ,  化学的風化 ,  脱窒 ,  森林 ,  pH ,  水質形成 ,  光合成 ,  気孔コンダクタンス ,  窒素飽和 ,  窒素循環 ,  水文過程 ,  蒸散 ,  炭素循環 ,  森林生態系 ,  物質循環 ,  森林流域
論文 (193件):
  • Naohiro Imamura, Delphis F. Levia, Kazuki Nanko, Nobuaki Tanaka, Nobuhito Ohte. Geographic factors explain the variability of atmospheric deposition of sulfur and nitrogen onto coniferous forests within and beyond the Tokyo Metropolis. Water, Air, & Soil Pollution. 2020. 231. 105
  • Reiko Fujimura, Yoichi Azegami, Wei Wei, Hiroko Kakuta, Yutaka Shiratori, Nobuhito Ohte, Keishi Senoo, Shigeto Otsuka, Kazuo Isobe. Distinct community composition of previously uncharacterized denitrifying bacteria and fungi across different land-use types. Microbes and Environments. 2020. 35. 1
  • Kazuo Isobe, Yuta Ise, Hiroyu Kato, Tomoki Oda, Christian E Vincenot, Keisuke Koba, Ryunosuke Tateno, Keishi Senoo, Nobuhito Ohte. Consequences of microbial diversity in forest nitrogen cycling: diverse ammonifiers and specialized ammonia oxidizers. The ISME journal. 2020. 14. 1. 12-25
  • Oda Tomoki, Imamura Naohiro, Egusa Tomohiro, Ohte Nobuhito. The effects of canopy alteration-induced atmospheric deposition changes on stream chemistry in Japanese cedar forest. FOREST ECOLOGY AND MANAGEMENT. 2019. 448. 85-93
  • 大橋 瑞江, 遠藤 いず貴, 田野井 慶太朗, 廣瀬 農, 小田 智基, 村上 正志, 小林 奈通子, 大手 信人. 福島の小流域における森林の枝葉に含まれる放射性セシウムの動態. 日本森林学会大会発表データベース. 2019. 130. 0. 376-376
もっと見る
MISC (194件):
  • 目戸綾乃, 池谷幸樹, 木庭啓介, 大手信人, 荒井修亮, 荒井修亮, 光永靖, 三田村啓理, 三田村啓理. バイオロギングによる水圏生物の行動情報の取得-5 メコンオオナマズの炭素・窒素安定同位体比における濃縮係数の算出と食性解析への活用. 日本水産学会大会講演要旨集. 2019. 2019. 52
  • 勝山正則, 勝山正則, 伊藤雅之, 伊藤雅之, 大手信人, 谷誠. 森林流域に存在する渓畔湿地内の水文生物地球化学的過程とその表流水質に与える影響. 水文・水資源学会誌. 2018. 31. 3. 178-189
  • 山西悠友, 西前出, 大手信人. 林がもつ生態系サービスの需給構造の解明ー滋賀県大津市を対象としてー. 第129回日本森林学会大会. 2018
  • 小田 智基, 堀田 紀文, 大手 信人, 田野井 慶太朗. 森林斜面におけるリター移動に伴う放射性セシウムの空間分布変動. 日本森林学会大会発表データベース. 2018. 129. 0
  • 畔上洋一, 藤村玲子, 磯部一夫, 魏魏, 角田洋子, 白鳥豊, 西澤智康, 木庭啓介, 大手信人, 大塚重人, et al. 陸域環境における脱窒微生物群集組成の比較. 日本土壌肥料学会講演要旨集. 2017. 63. 38
もっと見る
書籍 (1件):
  • Agricultural Implications of the Fukushima Nuclear Accident: The First Three Years
    Springer 2016 ISBN:9784431558286
講演・口頭発表等 (17件):
  • Tracking and Acoustic Luring of the Ryukyu Tube-nosed Bat Murina ryukyuana
    (The 8th East Asian Federation of Ecological Societies International Congress 2018)
  • New process-based modeling of nitrogen biogeochemistry in forest ecosystems for the long-term simulation of nitrogen saturation
    (European Geosciences Union General Assembly 2018 2018)
  • Long-term simulation of the nitrogen cycle in forest ecosystems: Describing the steps towards nitrogen saturation
    (65th Annual Meeting of the Ecological Society of Japan 2018)
  • あなたのお国の森林にモンスーンはやってきますか? - 僕の見てきた森はunusual -
    (進化群集生態学シンポジウム 2017 2017)
  • Influences of extreme events on nitrogen dynamics and export from forested ecosystems: a review toward predictions
    (BIOGEOMON 2017 9th International Symposium on Ecosystem Behavior 2017)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(農学) (京都大学)
経歴 (6件):
  • 2014/11 - 京都大学 情報学研究科 教授
  • 2007/04 - 2014/10 東京大学 大学院農学生命科学研究科 准教授
  • 2006/10 - 2007/03 東京大学 大学院農学生命科学研究科 助教授
  • 1997/04 - 2006/09 京都大学 農学研究科 助教授
  • 1995/04 - 1997/03 京都大学 農学研究科 講師
全件表示
受賞 (2件):
  • 2013/07 - 日本生態学会・滋賀県 生態学琵琶湖賞 森林生態系を対象に水文過程を視点とする物質循環に関する研究
  • 1998/08 - 水文・水資源学会 水文・水資源学会論文奨励賞 森林流域における酸緩衝機構の空間的多様性:花崗岩小流域における緩衝過程の鉛直分布
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る