研究者
J-GLOBAL ID:200901041114518740   更新日: 2020年07月17日

延原 理恵

ノブハラ リエ | Nobuhara Rie
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 家政学、生活科学
研究キーワード (2件): 安全 ,  住環境
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2016 - 現在 笠置物語を紡ぐ~笠置の魅力発見発掘プロジェクト~
  • 2019 - 2024 人口減少社会における多様な住まい方に対応した住教育プログラムに関する研究
  • 2019 - 2020 学校教育における住教育支援のための教育教材の開発
  • 2018 - 2019 学校教育における住教育支援のための教育教材の開発
  • 2014 - 2018 地域社会の「つながり」を育む住まい・まちづくり学習の実践モデル構築に関する研究
全件表示
論文 (25件):
  • 延原理恵, 碓田智子, 田中勝, 佐藤慎也. まちづくり物語のテキスト分析を通した地域社会のつながり形成に関する研究-村上市の町おこしの物語における地域資源の働きを可視化して-. 住宅系研究報告会論文集. 2016. 11. 75-82
  • 延原 理恵, 的崎 あかり, 寺本 愛. 持続可能な地域社会のための住まい・まちづくり学習-生活を創る木とその循環に着目して-. 京都教育大学教育実践研究紀要. 2015. 15. 145-152
  • 三上 卓, 延原 理恵, 上園 智美, 笹田 修司. 地域住民の災害用備蓄に関する現状調査. 21世紀の南海地震と防災. 2015. 9. 117-122
  • 延原 理恵, 三上 卓, 上園 智美. 男女共同参画の視点に注目した避難所設備・運営に関する意識調査-瑞浪市における避難所開設・運営図上訓練を通して-. 地域安全学会東日本大震災特別論文集. 2014. 3. 39-40
  • 延原 理恵, 三宅 歩美. 人が住まうことと住まいの維持との関係-古民家の温湿度環境の実測調査から-. 京都教育大学環境教育研究年報. 2014. 22. 49-57
もっと見る
MISC (19件):
  • 延原 理恵. 「災害文化」を育む住教育. 住宅会議. 2020. 109. 24-27
  • 宮崎 千紗, 生田 英輔, 延原 理恵. 高校生の住居における防災対策実施と防災意識構造に関する分析. 日本建築学会近畿支部研究報告集 <計画系>. 2020. 60. 133-136
  • 延原 理恵, 宮本 雅子, 岩田 三千子. 環境バリアフリーに関する研究の動向 -日本建築学会論文集及び日本建築学会技術報告集の分析を通して-. 日本建築学会大会学術講演梗概集(北陸)2019. 2019. 1111-1114
  • 東野美稚子, 趙賢株, 延原理恵. 平成30年度京都市安心すまいづくり推進事業(住教育の推進)報告書~学校教育における住教育支援のための教育教材の開発~. 平成30年度京都市安心すまいづくり推進事業報告書. 2019. 1-197
  • 京安心すまいセンター, 延原理恵. 平成29年度京都市安心すまいづくり推進事業(住教育の推進)報告書~学校教育における住教育支援のための教育教材の開発~. 平成29年度京都市安心すまいづくり推進事業報告書. 2018. 1-250
もっと見る
書籍 (4件):
  • 私たちの住居学(第2版)-サスティナブル社会の住まいと暮らし-
    オーム社 2019 ISBN:9784274223488
  • 私たちの住居学-サスティナブル社会の住まいと暮らし- 13章「高齢者と住まい」 14章「エクステリアデザイン」
    理工学社 2006
  • 私たちの生活科学 13章「暮らしと高齢者」
    理工学社 2003
  • ライブラリー生活の科学2人と環境 4章「私たちを取り巻く環境の現状」
    コロナ社 2002
講演・口頭発表等 (63件):
  • 居心地の良さを創出するグリーンインテリアに関する基礎的研究
    (日本家政学会第72回大会(研究発表要旨集p.109) 2020)
  • 教育委員会作成の児童生徒向け災害安全教育資料の内容構成に関する研究
    (日本家政学会関西支部第41回研究発表会(研究発表要旨集p.27) 2019)
  • 地方へのUターンと地元愛に対する大学生の意識について
    (日本家政学会関西支部第41回研究発表会(研究発表要旨集p.24) 2019)
  • 京都市中学校での住教育支援の実践 -学校教育における住教育支援に関する基礎的研究-
    (2019年度日本建築学会大会(北陸)学術講演梗概集、pp.295-296 2019)
  • 地域を巻き込んだ減災教育ーお菓子を題材に減災の大切さを学ぶ-
    (日本家政学会第70回大会(研究発表要旨集p.95) 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1997 大阪市立大学 生活科学研究科 生活環境学専攻
  • - 1991 大阪市立大学 生活科学部 住居学科
学位 (1件):
  • 博士(学術) (大阪市立大学)
経歴 (6件):
  • 2020/04/01 - 現在 京都教育大学 教授
  • 2007/04/01 - 2020/03/31 京都教育大学 准教授
  • 2004/04/01 - 2007/03/31 梅花女子大学現代人間学部 助教授
  • 1998/06/01 - 2004/03/31 梅花短期大学 助教授
  • 1998/04/01 - 1998/05/31 日本学術振興会 特別研究員
全件表示
委員歴 (5件):
  • 2020/04/01 - 現在 日本建築学会 住宅の地方性小委員会委員
  • 2019/04/01 - 現在 日本建築学会 住まい・まちづくり学習WG主査
  • 2018/04/01 - 現在 日本家政学会関西支部 役員
  • 2013/04 - 2019/03/31 日本建築学会 環境バリアフリー小委員会幹事
  • 2009/05/01 - 2019/03/31 日本建築学会 住まい・まちづくり学習WG委員
所属学会 (7件):
日本家庭科教育学会 ,  日本人間工学会 ,  日本福祉のまちづくり学会 ,  こども環境学会 ,  地域安全学会 ,  日本家政学会 ,  日本建築学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る