研究者
J-GLOBAL ID:200901041179849255   更新日: 2020年07月23日

齊藤 知範

サイトウ トモノリ | SAITO Tomonori
所属機関・部署:
職名: 主任研究官
ホームページURL (2件): https://researchmap.jp/saitoht/https://researchmap.jp/saitoht/
研究分野 (8件): 教育学 ,  家政学、生活科学 ,  子ども学、保育学 ,  教育社会学 ,  社会学 ,  刑事法学 ,  人文地理学 ,  地理学
研究キーワード (57件): 抑止 ,  刑事司法 ,  警察 ,  検挙 ,  認知件数 ,  刑法犯 ,  殺人 ,  効果測定 ,  プログラム評価 ,  性犯罪 ,  ライフスタイル理論 ,  セルフコントロール ,  日常活動理論 ,  高等教育論 ,  被害者学 ,  高齢者犯罪 ,  環境犯罪学 ,  犯罪機会論 ,  犯罪原因論 ,  女性の防犯 ,  学習理論 ,  分化的接触理論 ,  社会的コントロール理論 ,  セルフコントロール理論 ,  一般緊張理論 ,  自主防犯 ,  生存分析 ,  再非行 ,  再犯 ,  振り込め詐欺 ,  万引き ,  特殊詐欺 ,  老年学 ,  高齢者 ,  高等教育 ,  安全教育 ,  防犯教育 ,  電子タグ ,  GPS ,  子どもの安全 ,  犯罪被害 ,  GIS(地理情報システム) ,  地理的犯罪分析 ,  犯罪予防 ,  教育社会学 ,  非行 ,  犯罪 ,  犯罪社会学 ,  犯罪学 ,  crime victimization ,  GIS ,  geographic crime analysis ,  crime prevention ,  sociology of education ,  delinquency ,  crime ,  criminology
競争的資金等の研究課題 (16件):
  • 2019 - 2022 在学女性のライフスタイルに適した犯罪被害予防:受容される防犯教育促進のために
  • 2017 - 2020 高齢化・人口減少時代の近隣レベルの犯罪統制:主体間の効果的連携に向けて
  • 2016 - 2020 子どもの犯罪被害の前兆的事案調査法の開発と妥当性評価
  • 2014 - 2018 子育てにおける防犯の役割分担と負担緩和策に関する研究
  • 2013 - 2016 『予防犯罪学』の開拓をめざした子どもの被害防止ツールキットの実証実験
全件表示
論文 (20件):
もっと見る
MISC (4件):
  • 齊藤 知範. 書評「『「聞き書きマップ」で子どもを守る-科学が支える子どもの被害防止入門』」. 現代の社会病理. 2018. 33. 145-147
  • 島田 貴仁, 齊藤 知範, 雨宮 護, 菊池 城治, 畑 倫子, 原田 豊. GPSによる小学生児童の日常行動の測定 : 兵庫県神戸市の公立小学校を例にして. GIS : 理論と応用 = Theory and applications of GIS. 2010. 18. 2. 193-199
  • 齊藤 知範. 子どもの犯罪被害の把握とその予防 (特集 犯罪・非行研究の最前線--科学警察研究所研究). 青少年問題. 2010. 57. 0. 20-25
  • 齊藤 知範, 島田 貴仁, 遠塚 昌瑞, 原田 豊. 犯罪の時空間集積性に関する検討 : 大都市圏における住宅対象侵入窃盗の分析. 地理情報システム学会講演論文集 = Papers and proceedings of the Geographic Information Systems Association. 2005. 14. 79-84
書籍 (8件):
  • 母の友 2017年3月号 特集「子どもを守る」
    福音館書店 2017
  • 犯罪心理学事典
    丸善出版 2016 ISBN:4621089552
  • 犯罪・非行の社会学 -- 常識をとらえなおす視座 (有斐閣ブックス)
    有斐閣 2014 ISBN:4641184186
  • 現代教育社会学 (有斐閣ブックス)
    有斐閣 2010 ISBN:4641183821
  • 環境犯罪学と犯罪分析
    社会安全研究財団 2010 ISBN:9784904181133
もっと見る
講演・口頭発表等 (32件):
  • 犯罪社会学と再犯防止
    (日本犯罪学会第56回総会総会企画シンポジウム:再犯と再犯防止, 抄録集, 37 (2019). 2019)
  • 特殊詐欺の予兆電話経験と固定電話機器対策
    (日本社会心理学会第60回大会, プログラム, 24 (2019). 2019)
  • 特殊詐欺の被害予防対策に関する研究-予兆電話への対応策-
    (日本犯罪社会学会第46回大会, プログラム, 9 (2019). 2019)
  • 防犯ボランティア団体の実態調査-都市規模別の検討-
    (日本行動計量学会第47回大会, プログラム, 166-169 (2019). 2019)
  • オープンデータ時代の犯罪の地理的分析-小地域集計データの可能性-
    (日本行動計量学会第47回大会, プログラム, 172-175 (2019). 2019)
もっと見る
Works (1件):
  • 文部(科学)省科学研究費補助金 基盤研究(C)(1)課題番号12837006「少年のライフコースと非行経歴との関連に関する縦断的調査研究」(研究代表者:星野周弘)
学歴 (4件):
  • - 2004 東京大学大学院 総合教育科学(比較教育社会学)
  • - 2004 The Graduate School of Tokyo University Sociology of Education, Social Sciences in Education, Integrated Educational Sciences
  • - 2000 東京大学 総合教育科学科 比較教育社会学コース
  • - 2000 東京大学
学位 (1件):
  • 博士(教育学)
委員歴 (6件):
  • 2018 - 現在 警察庁生活安全企画課 子ども・女性に対する犯罪等を防止するための調査研究委員会 委員
  • 2018 - 現在 日本犯罪社会学会 編集委員会
  • 2017/12 - 現在 警視庁防犯教育連絡会議 座長・委員
  • 2016/07 - 2017/03 東京都 万引きに関する有識者研究会 委員
  • 2015 - 2016 科学研究費補助金審査専門委員
全件表示
受賞 (5件):
  • 2019/09 - 日本社会病理学会 出版奨励賞 社会病理学の足跡と再構成-学説史を創る・未来を創る-
  • 2017/09 - 日本学術振興会(JSPS) 科研費審査委員表彰
  • 2015/10 - 地理情報システム学会ポスターセッション賞
  • 2014/11 - CSIS DAYS2014優秀研究発表賞
  • 2010/06 - 警察庁長官賞詞
所属学会 (7件):
人文地理学会 ,  日本社会病理学会 ,  日本安全教育学会 ,  日本都市社会学会 ,  地理情報システム学会 ,  日本犯罪社会学会 ,  日本教育社会学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る