研究者
J-GLOBAL ID:200901041190381206   更新日: 2020年05月30日

小早川 暁

コバヤカワ サトル | Kobayakawa Satoru
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (3件): 言語学 ,  英語学 ,  日本語学
論文 (12件):
  • 小早川 暁. 「単数構文と複数構文」. JELS 35(『日本英語学会第35回大会(東北大学)研究発表論文集』). 2018. 62-68
  • 小早川 暁. 「We have between one and two billion readers!--『他動詞+between+数詞+and+数詞+名詞』の語法文法研究--」. 『英語教育』(第1特集: 語法文法研究の愉しみ)2016年11月号. 2016. 65. 9. 29-32
  • 小早川 暁. 「『数詞+名詞+and+名詞』の文法」. JELS 33(『日本英語学会第33回大会(関西外国語大学)研究発表論文集』). 2016. 52-58
  • 小早川 暁. 「英語の動詞sighの意味論」. JELS 32(『日本英語学会第32回大会(学習院大学)研究発表論文集』). 2015. 49-55
  • 小早川 暁. 「COMP関数と数量詞」. 『獨協大学英語研究』第71号. 2012. 25-77
もっと見る
MISC (4件):
  • Katsuo Ichinohe, Satoru Kobayakawa, Joe Morita, Koji Nabeya, Ken'ichiro Nogawa. "Some Remarks on Gerunds"(発表要旨). Tsukuba English Studies 16. 1997. 303-304
  • Toyoko Amagawa, Satoru Kobayakawa, Manabu Kusayama, Ken'ichiro Nogawa. "Semantic Constraints on the Middle Construction in English"(発表要旨). Tsukuba English Studies 15. 1996. 251-252
  • Masanobu Ueda, Satoru Kobayakawa, Naoaki Wada, Takashi Yoshida. "On Passive Nominals in English"(発表要旨). Tsukuba English Studies 14. 1995. 315-317
  • Yuji Tanaka, Satoru Kobayakawa, Naoaki Wada. "Arguments against the Larsonian Approach to Verbs of Giving"(発表要旨). Tsukuba English Studies 13. 1994. 257-260
書籍 (6件):
  • 住吉 誠・鈴木 亨・西村義樹(編)『慣用表現・変則的表現から見える英語の姿』
    開拓社 2019 ISBN:9784758922746
  • 西村義樹(編)『シリーズ認知言語学入門第4巻 認知文法論 I』
    大修館書店 2018 ISBN:9784469212846
  • ジョン・R.テイラー『メンタル・コーパス--母語話者の頭の中には何があるのか』
    くろしお出版 2017 ISBN:9784874247358
  • 竹市明弘・田畑洋子・渡辺雄三(編)『心とコミュニケーション--精神環境の探求』第2版
    勁草書房 2003 ISBN:432669811X
  • 中右実教授還暦記念論文集編集委員会(編)『意味と形のインターフェィス--中右実教授還暦記念論文集』上巻
    くろしお出版 2001 ISBN:4874242197
もっと見る
講演・口頭発表等 (13件):
  • 「単数構文と複数構文」
    (日本英語学会第35回大会(2017年11月18日、19日、於 東北大学 川内北キャンパス) 2017)
  • 「『数を数える能力と合計を表わす文』再考」
    (筑波英語学会第38回大会(2017年11月11日、12日、於 筑波大学) 2017)
  • 「『数詞+名詞+and+名詞』の文法」
    (日本英語学会第33回大会(2015年11月21日、22日、於 関西外国語大学 中宮キャンパス) 2015)
  • 「英語の動詞sighの意味論」
    (日本英語学会第32回大会(2014年11月8日、9日、於 学習院大学) 2014)
  • 「モノを修飾する副詞の用法について」
    (日本認知言語学会第5回全国大会(2004年9月18日、19日、於 関西大学 千里山キャンパス) 2004)
もっと見る
所属学会 (3件):
日本英語学会 ,  筑波英語学会 ,  日本言語学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る