研究者
J-GLOBAL ID:200901041200357023   更新日: 2020年06月09日

高橋 正通

タカハシ マサミチ | Takahashi Masamichi
所属機関・部署:
職名: 技術顧問
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (3件): 生態学、環境学 ,  森林科学 ,  植物栄養学、土壌学
研究キーワード (13件): 放射生態学 ,  炭素収支 ,  土壌呼吸 ,  タイ ,  酸性沈着 ,  地球温暖化 ,  土壌化学 ,  物質循環 ,  土壌炭素 ,  森林土壌 ,  タケ ,  土壌栄養塩 ,  熱帯林
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2014 - 2016 スギ材の放射性セシウム吸収リスクの判定
  • 2009 - 2011 持続可能な土地利用のための農林地土壌の生物多様性指標
  • 2006 - 2009 東南アジア熱帯林の栄養塩および炭素固定能の評価と保全
  • 2002 - 2005 タイ熱帯季節林の更新・維持に及ぼす山火事・タケの一斉開花の影響の解明
論文 (93件):
  • Fujii Kazumichi, Yamaguchi Noriko, Imamura Naohiro, Kobayashi Masahiro, Kaneko Shinji, Takahashi Masamichi. Effects of radiocesium fixation potentials on Cs-137 retention in volcanic soil profiles of Fukushima forests. JOURNAL OF ENVIRONMENTAL RADIOACTIVITY. 2019. 198. 126-134
  • Hiroyuki Sase, M. Takahashi, K. Matsuda, K. Sato, T. Tanikawa, N. Yamashita, T. Ohizumi, T. Ishida, M. Kamisako, R. Kobayashi, S. Uchiyama, T. Saito, M. Morohashi, H. Fukuhara, S. Kaneko, T. Inoue, T. Yamada, C. Takenaka, I. Tayasu, T. Nakano, T. Hakamata, S. Ohta. Response of river water chemistry to changing atmospheric environment and sulfur dynamics in a forested catchment in central Japan. Biogeochemistry. 2019. 142. 3. 357
  • Takahashi Masamichi, Hirai Keizo, Marod Dokrak, Anusontpornperm Somchai, Limtong Pitayakon, Leaungvutivirog Chaveevan, Panuthai Samreong. Atypical Pattern of Soil Carbon Stocks along the Slope Position in a Seasonally Dry Tropical Forest in Thailand. FORESTS. 2019. 10. 2. 106-118
  • Toko Tanikawa, Yohey Hashimoto, Noriko Yamaguchi, Masamichi Takahashi, Shuichiro Yoshinaga. Sulfur accumulation rates in volcanic soils of eastern Japan over the last millennium based on tephrochronology. Geoderma. 2018. 315. 111-119
  • Ikeda Hiroshi, Fukumori Kayoko, Shoda-Kagaya Etsuko, Takahashi Masamichi, Ito Masamichi T, Sakai Yoshimi, Matsumoto Kazuma. Evolution of a key trait greatly affects underground community assembly process through habitat adaptation in earthworms. ECOLOGY AND EVOLUTION. 2018. 8. 3. 1726-1735
もっと見る
MISC (84件):
書籍 (8件):
  • 最新農業技術土壌施肥vol.7
    農文協 2015 ISBN:9784540141645
  • 土の百科事典
    丸善 2014 ISBN:9784621085844
  • 森のバランス-植物と土壌の相互作用
    東海大学出版会 2012 ISBN:4486019334
  • 森林大百科事典
    朝倉書店 2009 ISBN:4254470460
  • 森林立地調査法
    博友社 1999
もっと見る
講演・口頭発表等 (252件):
  • ココピートの充填密度の違いが育苗用培地の保水特性に及ぼす影響
    (日本森林学会大会発表データベース 2018)
  • スギ精英樹の木部へのカリウム、セシウム集積におけるクローン間差
    (日本森林学会大会発表データベース 2017)
  • P8-1-6 ヒノキ植栽木の放射性セシウム吸収抑制に対するカリウム施肥の効果(ポスター,8-1 環境保全,2016年度佐賀大会)
    (日本土壌肥料学会講演要旨集 2016)
  • Sulfur K-edge XANES解析で見る土壌生成年代21~1400年の火山灰土に含まれるイオウ化合物の形態バリエーション
    (日本森林学会大会発表データベース 2016)
  • カリウム施肥を行ったヒノキ新規植栽木の放射性セシウム濃度
    (日本森林学会大会発表データベース 2016)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1976 - 1980 北海道大学 農学部 農芸化学科
学位 (1件):
  • 農学
経歴 (9件):
  • 2017/05 - 現在 森林総合研究所 フェロー
  • 2017/04 - 現在 国際緑化推進センター 技術顧問
  • 2015/04 - 2017/03 森林総合研究所 部長
  • 2013/04 - 2015/03 森林総合研究所 研究コーディネータ
  • 2010/04 - 2013/03 森林総合研究所企画部 研究企画科長
全件表示
委員歴 (11件):
  • 2018/06 - 現在 アジア大気汚染研究センター 越境大気汚染・酸性雨対策検討会委員
  • 2017/03 - 現在 タイカセサート大学森林学科 Journal of Tropical Forest Research 編集委員
  • 2011 - 現在 環境省 越境大気汚染・酸性雨対策検討委員会
  • 2014 - 2018 国際土壌学連合 土壌と環境委員長
  • 2000 - 2017 森林立地学会 編集委員
全件表示
受賞 (4件):
  • 2018 - 森林立地学会 論文賞 放射性セシウム沈着量の異なる林分から採取したスギの葉と材のセシウム,ルビジウム,カリウム含有量
  • 2012/04 - 日本土壌肥料学会 学会賞 森林管理に伴う森林土壌の炭素動態の変動に関する研究
  • 2009/03 - 森林計画学会 森林計画学会特別賞 京都議定書報告のための国家森林資源データベースの開発
  • 2004/04 - 日本土壌肥料学会 日本土壌肥料学雑誌論文賞 「アンディソルとインセプティソルにおける硫酸イオンの断面分布と現存量」
所属学会 (4件):
日本森林学会 ,  日本土壌肥料学会 ,  ペドロジスト学会 ,  森林立地学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る