研究者
J-GLOBAL ID:200901041407103048   更新日: 2021年04月02日

桂 進司

カツラ シンジ | Katsura Shinji
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): バイオ機能応用、バイオプロセス工学
研究キーワード (7件): 1分子操作、バイオナノテクノロジー、静電気応用工学 ,  applied electrostatics ,  bio-nanotechnology ,  single molecule manipulation ,  静電気応用工学 ,  バイオナノテクノロジー ,  1分子操作
論文 (228件):
  • Shunsuke Takahashi, Masahiko Oshige, Shinji Katsura. DNA Manipulation and Single-Molecule Imaging. Molecules. 2021. 26. 4. 1050-1050
  • Shunsuke Takahashi, Kazuki Kishi, Ryota Hiraga, Kazuki Hayashi, Youhei Mamada, Masahiko Oshige, Shinji Katsura. A new method for immobilization of his-tagged proteins with the application of low-frequency AC electric field. Sensors (Switzerland). 2018. 18. 3. 784-794
  • Tatsushi Ruike, Yoshihiro Kanai, Kazuki Iwabata, Yuki Matsumoto, Hiroshi Murata, Masahiro Ishima, Keisuke Ohta, Masahiko Oshige, Shinji Katsura, Koji Kuramochi, et al. Distribution and metabolism of 14C-Sulfoquinovosylacylpropanediol (14C-SQAP) after a single intravenous administration in tumor-bearing mice. XENOBIOTICA. 2018. 1-45
  • Shunsuke Takahashi, Shinya Motooka, Shohei Kawasaki, Hirofumi Kurita, Takeshi Mizuno, Shun-Ichi Matsuura, Fumio Hanaoka, Akira Mizuno, Masahiko Oshige, Shinji Katsura. Direct single-molecule observations of DNA unwinding by SV40 large tumor antigen under a negative DNA supercoil state. Journal of biomolecular structure & dynamics. 2018. 36. 1. 32-44
  • 平賀諒太, 岸一希, 高橋俊介, 宮田英史, 大重真彦, 桂進司. 高電圧パルス印加による「その場」タンパク質抽出固定化技術の開発. 静電気学会誌. 2017. 41. 1
もっと見る
MISC (89件):
特許 (6件):
書籍 (8件):
  • 分子細胞生物学辞典
    医学評論社 2013
  • ナノテクノロジー入門シリーズI、ナノテクのためのバイオ入門(荻野俊郎、宇理須恒夫監修
    2007
  • ナノパーティクルテクノロジー
    日刊工業新聞社 2003
  • ナノバイオテクノロジーの最前線
    2003
  • Non-thermal Plasma Technology for Gas Treatment
    Kluwer Academic Publishers 1999
もっと見る
講演・口頭発表等 (282件):
  • 電界を用いたタンパク質の新規リフォールディング技術の開発
    (第41回日本分子生物学会年会 2018)
  • 発光酵素ルシフェラーゼによるDNA合成反応の検出
    (第41回日本分子生物学会年会 2018)
  • DNAポリメラーゼ阻害剤として単離したSQAPの生理活性
    (第41回日本分子生物学会年会 2018)
  • 低周波交流電界印加によるタンパク質固定化法の最適化
    (第42回静電気学会全国大会 2018)
  • 担癌マウスへの14C-Sulfoquinovosylacylpropanediol (14C-SQAP) 単回静脈内投与後の体内分布と代謝解析
    (2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017) 2017)
もっと見る
学歴 (6件):
  • - 1991 東京大学
  • - 1991 東京大学 化学工学
  • - 1986 東京大学
  • - 1986 東京大学 化学工学
  • - 1984 三重大学
全件表示
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東京大学)
経歴 (5件):
  • 1997 - 2006 豊橋技術科学大学エコロジー工学系 助教授
  • 2006 - - 群馬大学 工学部 教授
  • 1993 - 1997 豊橋技術科学大学エコロジー工学系 助手
  • 1992 - 1993 理化学研究所ライフサイエンス研究協力員
  • 群馬大学
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る