研究者
J-GLOBAL ID:200901041632547745   更新日: 2020年09月08日

高田 明

タカダ アキラ | Takada Akira
所属機関・部署:
職名: 准教授,准教授
ホームページURL (1件): http://jambo.africa.kyoto-u.ac.jp/africa_division/kyoin/takada01.html
研究分野 (3件): 認知科学 ,  地域研究 ,  文化人類学、民俗学
研究キーワード (5件): 社会的相互行為 ,  子どもの発達 ,  環境知覚 ,  エスニシティ ,  教育
競争的資金等の研究課題 (24件):
  • 2018 - 2023 カラハリ・コエにおける言語と音楽の相互関係:クリックとポリリズム
  • 2017 - 2021 承認をめぐる間主観性の発達に関する研究
  • 2016 - 2021 稀少特徴と言語地域の音韻類型論:コイサン音韻論の貢献
  • 2016 - 2021 アフリカ狩猟採集民・農牧民のコンタクトゾーンにおける景観形成の自然誌
  • 2015 - 2018 文学理論の生態学的転回にむけた学際的共同研究
全件表示
論文 (28件):
  • 安井永子, 高梨克也, 遠藤智子, 高田 明, 杉浦秀行. 第42回研究大会ワークショップ: 相互行為における指さしの多様性: 会話分析の視点から. 社会言語科学. 2019. 21. 2. 92-97
  • TAKADA Akira. The Kyoto School of Ecological Anthropology: A Source of African Area Studies at Kyoto University. African study monographs. Supplementary issue. 2018. 54. 54. 41-57
  • TAKADA Akira. Introduction to The Supplementary Issue "Reconstructing the Paradigm of African Area Studies in a globalizing World". African study monographs. Supplementary issue. 2018. 54. 54. 3-12
  • Gilda Morelli, Naomi Quinn, Nandita Chaudhary, Marga Vicedo, Mariano Rosabal-Coto, Heidi Keller, Marjorie Murray, Alma Gottlieb, Gabriel Scheidecker, Akira Takada. Ethical Challenges of Parenting Interventions in Low- to Middle-Income Countries. Journal of Cross-Cultural Psychology. 2018. 49. 1. 5-24
  • 高田 明, 片岡 邦好, 片桐 恭弘. 20周年記念パネル・ディスカッション「相互行為エンジン仮説」の妥当性と未来-多分野からの検証と提言-. 社会言語科学. 2018. 21. 1. 407-420
もっと見る
MISC (123件):
  • 高田 明. 子育ての自然誌 : 狩猟採集社会からの眼差し(最終回)子育ての危機再考. 究 : ミネルヴァ通信. 2020. 108. 12-15
  • 高田 明. 環境との関わりを深めること:グイ/ガナの道探索実践における指示詞とジェスチャーの用法. 文化人類学. 2020. 84. 4. 443-462
  • 高田 明. 子育ての自然誌 : 狩猟採集社会からの眼差し(22)遊びから仕事への移行. 究 : ミネルヴァ通信. 2020. 106. 12-15
  • 高田 明. 子育ての自然誌 : 狩猟採集社会からの眼差し(21)歌・踊り活動における参与枠組みと関与. 究 : ミネルヴァ通信. 2019. 105. 12-15
  • 高田 明. 子育ての自然誌 : 狩猟採集社会からの眼差し(20)集団活動における社会化. 究 : ミネルヴァ通信. 2019. 104. 12-15
もっと見る
書籍 (48件):
  • 子どもと大人: 私たちの来し方、行く先を見つめ直す. 松村圭一郎・中川理・石井美保(編), 文化人類学の思考法
    世界思想社 2019
  • 相互行為の人類学: 「心」と「文化」が出会う場所
    新曜社 2019
  • Environmentally coupled gestures among the Central Kalahari San. In D. Favareau (Ed.), Co-operative Engagements in Intertwined Semiosis: Essays in Honour of Charles Goodwin
    The University of Tartu Press 2018
  • Consumerization of cannibalism in contemporary Japanese society. In Francis B. Nyamnjoh (Ed.), Eating and being eaten: Cannibalism as food for thought
    Langaa RPCIG 2018
  • Special Issue: Reconstructing the paradigm of African Area Studies in a globalizing world. African Study Monographs, Supplementary Issue, 54
    2018
もっと見る
講演・口頭発表等 (313件):
  • 人類学から考える子守唄と遊戯的な歌:南部アフリカのサンにおける養育者-乳児間相互行為の事例から. プレコングレス「子守唄を歌うのは誰 - 寝かすことと寝ること」における話題提供
    (日本赤ちゃん学会第19回学術集会 2019)
  • オーガナイザー
    (第89回CCIデータセッション 2019)
  • Caregiver's vocal and embodied responses to infant crying among the !Xun of north-central Namibia.
    (16th International Pragmatics Conference 2019)
  • 環境に連結したジェスチャーと指示詞:グイ/ガナの道探索実践の事例から
    (日本文化人類学会第53回研究大会 2019)
  • オーガナイザー
    (第88回CCIデータセッション 2019)
もっと見る
Works (4件):
  • 南アフリカ共和国,ボツワナ共和国,ナミビア共和国にて調査に従事
    1997 - 2002
  • 連合王国,フィンランドにて調査に従事
    2002 -
  • 国際協力銀行平成19年度円借款事業「ベースライン調査実施に向けた予備調査(ナミビア)」( 業務担当者:団長)
  • The Preliminary Research required for the Baseline Research: The Rundu-Elundu Road Upgrading Project in Republic of Namibia(Team leader/Poverty reduction specialist)
学歴 (3件):
  • - 2002 京都大学 アフリカ地域研究
  • - 1996 京都大学 心理学
  • - 1994 京都大学 哲学科心理学専攻
学位 (3件):
  • 京都大学博士(人間・環境学) (京都大学)
  • 修士 (京都大学)
  • 修士 (京都大学)
受賞 (3件):
  • 2018/08 - American Psychological;Association Ursula Gielen Global Psychology Book Award The cultural;nature of attachment;Contextualizing relationships;development
  • 2017/07 - 大同生命国際文化基金 第32回大同生命地域研究奨励賞
  • 2004/05 - 日本アフリカ学会 第16回日本アフリカ学会研究奨励賞
所属学会 (14件):
日本文化人類学会 ,  子どもの発達研究学会(The Society for Research in Child Development) ,  国際語用論学会(The International Pragmatics Association) ,  子どもの言語学国際会議(The International Association for the Study of Child Language) ,  日本発達心理学会 ,  日本アフリカ学会 ,  アメリカ人類学会(American Anthropological Association) ,  Japanese Society of Cultural Anthropology ,  The Society for Research in Child Development (SRCD) ,  The International Pragmatics Association (IPrA) ,  The International Association for the Study of Child Language (IASCL) ,  Japan Society of Developmental Psychology(JSDP) ,  Japan Association For African Studies ,  American Anthropological Association
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る