研究者
J-GLOBAL ID:200901041838355311   更新日: 2020年08月25日

中村 公一

ナカムラ コウイチ | Nakamura Kouichi C
所属機関・部署:
職名: Senior Postdoctoral Neuroscientist
ホームページURL (2件): http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/10444457http://www.mbs.med.kyoto-u.ac.jp/
研究分野 (7件): 神経形態学 ,  神経科学一般 ,  神経科学一般 ,  神経科学一般 ,  神経科学一般 ,  神経科学一般 ,  神経科学一般
研究キーワード (28件): 包括脳ネットワーク ,  小脳 ,  免疫組織化学 ,  GFP ,  投射ニューロン ,  オピオイド受容体 ,  グルタミン酸 ,  GABA ,  運動制御 ,  大脳皮質 ,  パーキンソン病 ,  傍細胞標識法 ,  小胞性グルタミン酸輸送体(VGLUT) ,  in situ ハイブリダイゼーション ,  電気生理学 ,  視床 ,  神経回路 ,  Cre-loxP ,  線条体 ,  神経解剖学 ,  生後発達 ,  神経回路網 ,  大脳基底核 ,  逆行性標識 ,  仮性狂犬病ウイルス ,  神経トレーサー ,  ウイルストレーサー ,  ドーパミン
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2014 - 2016 小脳視床路シナプスの時間符号化を解読する
  • 2009 - 2012 To move or not: generation and control of neuronal network oscillations in the basal ganglia
  • 2009 - 2010 中脳ドーパミン作動性ニューロンを上流から支配する神経回路の生後発達
  • 2007 - 2009 中脳ドーパミンニューロンへの入力の完成時期を経シナプス性逆行性標識により解明する
論文 (46件):
  • Daichi Hirai, Kouichi C Nakamura, Ken-Ichi Shibata, Takuma Tanaka, Hiroyuki Hioki, Takeshi Kaneko, Takahiro Furuta. Shaping somatosensory responses in awake rats: cortical modulation of thalamic neurons. Brain structure & function. 2018. 223. 2. 851-872
  • Andrew Sharott, Federica Vinciati, Kouichi C. Nakamura, Peter J. Magill. A Population of Indirect Pathway Striatal Projection Neurons Is Selectively Entrained to Parkinsonian Beta Oscillations. JOURNAL OF NEUROSCIENCE. 2017. 37. 41. 9977-9998
  • Yuki Oe, Otto Baba, Hitoshi Ashida, Kouichi C. Nakamura, Hajime Hirase. Glycogen Distribution in the Microwave-Fixed Mouse Brain Reveals Heterogeneous Astrocytic Patterns. GLIA. 2016. 64. 9. 1532-1545
  • Farid N. Garas, Rahul S. Shah, Eszter Kormann, Natalie M. Doig, Federica Vinciati, Kouichi C. Nakamura, Matthijs C. Dorst, Yoland Smith, Peter J. Magill, Andrew Sharott. Secretagogin expression delineates functionally-specialized populations of striatal parvalbumin-containing interneurons. ELIFE. 2016. 5
  • Azzedine Abdi, Nicolas Mallet, Foad Y. Mohamed, Andrew Sharott, Paul D. Dodson, Kouichi C. Nakamura, Sana Suri, Sophie V. Avery, Joseph T. Larvin, Farid N. Garas, et al. Prototypic and Arkypallidal Neurons in the Dopamine-Intact External Globus Pallidus. JOURNAL OF NEUROSCIENCE. 2015. 35. 17. 6667-6688
もっと見る
MISC (43件):
講演・口頭発表等 (2件):
  • パーキンソン病モデルラット視床運動核ニューロンの自発活動異常: 発火頻度かパターンか
    (生理学研究所研究会「大脳皮質を中心とした神経コネクトミクスとその動的特性を探る」 2014)
  • Neuronal activity in the motor thalamus of dopamine-intact and Parkinsonian rats: firing rate vs. pattern
    (NIPS International Workshop and Satellite Symposium of Neuroscience 2014: A quarter century after the direct and indirect pathways model of the basal ganglia and beyond 2014)
学位 (1件):
  • 医学博士 (京都大学大学院医学研究科)
経歴 (9件):
  • 2016/05 - 現在 University of Oxford MRC Brain Network Dynamics Unit Senior Postdoctoral Neuroscientist
  • 2013/09 - 2016/04 京都大学大学院医学研究科 高次脳形態学 助教
  • 2009/09 - 2012/09 MRC Anatomical Neuropharmacolgy Unit/Unversity of Oxford HFSP長期フェロー
  • 2009/04 - 2009/09 京都大学大学院医学研究科 研究員
  • 2006/04 - 2009/03 CREST, JST/京都大学医学研究科 Graduate School of Medicine, Kyoto University 研究員
全件表示
受賞 (1件):
  • 2002/07 - Neuroscience Research Excellent Paper Award
所属学会 (6件):
The Japanese Association of Anatomists ,  The Japan Neuroscience Society ,  International Basal Ganglia Society ,  Society for Neuroscience ,  日本神経科学学会 ,  日本解剖学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る