研究者
J-GLOBAL ID:200901041874298871   更新日: 2020年09月25日

澤 進一郎

サワ シンイチロウ | Sawa Shinichiro
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 植物分子、生理科学
競争的資金等の研究課題 (33件):
  • 2017 - 2022 基礎科学研究を基盤とした生物資源開発と農薬開発、及び農水産業展開
  • 2017 - 2022 分子農学寄附講座
  • 2017 - 2019 植物感染性線虫の植物感染機構の総合的解析と作物への応用研究
  • 2016 - 2019 農業展開を念頭に置いたサツマイモネコブセンチュウの感染機構の解析
  • 2016 - 2019 植物感染性線虫の感染に関わる分子機構の解析
全件表示
論文 (114件):
  • Satoru Nakagami, Kentaro Saeki, Kei Toda, Takashi Ishida, Shinichiro Sawa. The atypical E2F transcription factor DEL1 modulates growth-defense tradeoffs of host plants during root-knot nematode infection. Scientific Reports. 2020. 10. 1
  • T Ishida, R Suzuki, S Nakagami, T Kuroha, S Sakamoto, MT Nakata, R Yokoyama, S Kimura, N Mitsuda, K Nishitani, et al. Root-knot nematodes modulate cell walls during root-knot formation in Arabidopsis roots. 2020
  • Rocío Olmo, Javier Cabrera, Fernando E Díaz-Manzano, Virginia Ruiz-Ferrer, Marta Barcala, Takashi Ishida, Alejandra García, María Fe Andrés, Simón Ruiz-Lara, Isabel Verdugo, et al. Root-knot nematodes induce gall formation by recruiting developmental pathways of post-embryonic organogenesis and regeneration to promote transient pluripotency. 2020
  • Hidehiko Sunohara, Shingo Kaida, Shinichiro Sawa. A method for evaluating root-knot nematode infection in rice using a transparent paper pouch. Plant Biotechnology. 2020
  • Suetsugu K, Kaida, S, Fukunaga, H, Sawa, S. A new forma of the mycoheterotrophic orchid Lechanorchis japonica from Japan. Acta Phytotax. Acta Phytotax. 2020
もっと見る
MISC (28件):
  • 春原英彦, 海田新悟, 澤進一郎. イネのサツマイモネコブセンチュウ抵抗性/罹病性評価系の確立. 育種学研究. 2019. 21. 203
  • 平川有宇樹, 藤本童子, 打田直行, 澤進一郎, 石崎公庸, 西浜竜一, 河内孝之, 清末知宏, BOWMAN John. ゼニゴケにおけるMpCLE2の内在的な機能の解析. 日本植物生理学会年会(Web). 2019. 60th. 370 (WEB ONLY)
  • 平川有宇樹, 藤本童子, 打田直行, 澤進一郎, 石崎公庸, 西浜竜一, 河内孝之, 清末知宏, BOWMAN John. ゼニゴケ葉状体の分枝におけるMpCLE2シグナルの役割. 日本植物学会大会研究発表記録. 2018. 82nd. 193
  • 丹羽優喜, 酒井友希, 石田喬志, 西浜竜一, 石崎公庸, 大和勝幸, 澤進一郎, 河内孝之, 荒木崇. ゼニゴケ初期胚発生を制御する因子の探索. 日本植物学会大会研究発表記録. 2015. 79th. 170
  • 石田喬志, 田畑亮, 山田昌史, 相田光宏, 光増可奈子, 樋口雅之, 辻寛之, 島本功, 澤進一郎. Heterotrimeric G proteinsはCLAVATAシグナル伝達経路と協調的に機能し茎頂分裂組織における細胞増殖の制御を行う. 日本植物生理学会年会要旨集. 2015. 56th. 172
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1999 京都大学
  • - 1999 京都大学
  • - 1994 名古屋大学
  • - 1994 名古屋大学
経歴 (10件):
  • 2006 - 2010 東京大学大学院理学系研究科 准教授
  • 2006 - 2010 Associate Professor
  • 2010 - 熊本大学大学院自然科学研究科(理学系)生命科学 教授
  • 2010 - Professor, ,Graduate School of Science and Technology(Science group),Kumamoto University
  • 2002 - 2006 東京大学大学院理学系研究科 助手
全件表示
委員歴 (42件):
  • 2011 - 現在 International Scholarly Research Network (ISRN) Botany Editorial Board Member
  • 2018 - 2020 日本植物学会 代議員
  • 2017 - 2020 国際生物学オリンピック日本委員会(JBO) 運営委員会委員
  • 2017 - 2020 国際生物学オリンピック委員会(IBO) 委員
  • 2017/09/01 - 2019/08/31 日本植物学会 学会賞選考委員会委員
全件表示
所属学会 (1件):
日本植物生理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る