研究者
J-GLOBAL ID:200901041966519785   更新日: 2020年09月01日

佐藤 政良

サトウ マサヨシ | Satoh Masayoshi
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 地域環境工学、農村計画学
研究キーワード (18件): 発展途上国 ,  水文 ,  水収支 ,  水田 ,  PIM ,  農民参加 ,  水管理 ,  灌漑 ,  水資源 ,  Developing countries ,  Hydrology ,  Recycling use of water ,  Water budget ,  Paddy field ,  PIM ,  Water management ,  Irrigation ,  Water resources
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2009 - 2015 ナイル流域における食糧・燃料の持続的生産
  • 2009 - 2015 Sustainable Systems for Food and Bio-energy Production with Water Savng Irrigation in the Egyptian Nile Basin
  • 2005 - 農業用水管理への市民参加の可能性
  • 2002 - 水田の洪水低減機能の発現機構と機能を増強させる方法
  • 2002 - How to enhance the function of paddy field to mitigate floods
全件表示
論文 (86件):
  • A comparative analysis of two paddy irrigation schemes under contrasting water management of participatory and top-down systems in Uganda. PWE. 2019. Online. 1-7
  • 堀川洋子, 佐藤政良, 石井敦. 地域資源の視点からみた水力発電の利潤配分 近現代の宮崎県小丸川における県営発電事業を中心に. 農村計画学誌. 2018. 37. 168-175
  • 李 相潤, 石井 敦, 申 文浩, 谷口智之, 佐藤 政良. 韓国近代前期における河川灌漑田の利水安全度. 農業農村工学会論文集. 2017. 85. 1. I_105-I_115
  • 李 相潤, 石井 敦, 申 文浩, 谷口 智之, 佐藤 政良. 水田灌漑用水利用からみた韓国の河川の流量特性. 水文・水資源学会誌. 2017. 30. 2. 102-111
  • 堀川 洋子, 佐藤 政良, 石井 敦. 明治期の鬼怒川における発電水利権の申請と許可の実態:-栃木県文書史料の分析を通して-. 農村計画学会誌. 2017. 36. 0. 323-329
もっと見る
MISC (48件):
  • 佐藤政良. 「ファウスト」の干拓事業. JACEM. 2020. 70. 14-18
  • 佐藤 政良. 書評「河川工学者三代は川をどう見てきたのか 安藝皎一,高橋裕,大熊孝と近代河川行政一五〇年」. 水利科学. 2019. 366. 129-133
  • 佐藤 政良. 書評「ダム建設,水田整備と水生生物」(松井明著,東京図書出版). 水利科学. 2018. 361. 159-163
  • 佐藤 政良. 地球的な水資源限界時代における水文・水資源研究. 水文・水資源学会誌. 2018. 31. 1. 4-6
  • 佐藤 政良. 明治150年の土地改良と水管理. 水土の知. 2018. 88. 9. 1-2
もっと見る
書籍 (35件):
  • Irrigated Agriculture in Egypt -Past, Present and Future
    Springer Nature 2017 ISBN:9783319302157
  • 農業農村工学ハンドブック改訂7版
    農業農村工学会 2010
  • 水土を拓く
    農文協 2009
  • Report of ICID Task Force for Least Report of ICID Task Force for Least Developed Countries in AsiaCountries in Asia
    2008 ISBN:8189610120
  • 水土の知を語る(VOL.12) 海外技術交流を考える-その1 -中国の農業水利-
    (財)日本農業土木総合研究所 2007
もっと見る
講演・口頭発表等 (15件):
  • 発電用ダム建設の「地域への影響」と「地域・都市」の利益調整
    (土木史研究. 講演集 2017)
  • 20-4 籾殻の作土へのすき込みによる土壌塩類集積量の変化(20.土壌改良資材,2012年度鳥取大会)
    (日本土壌肥料学会講演要旨集 2012)
  • 14-4 ナイルデルタ中部における土壌塩類集積に及ぼす稲作履歴の影響(14.土地分類利用・景観評価)
    (日本土壌肥料学会講演要旨集 2011)
  • 兼業化進行水田地区における灌漑初期の用水配分と作付進行の実態 -茨城県福岡堰土地改良区を事例として-
    (水文・水資源学会研究発表会要旨集 2010)
  • 14-2 エジプトナイルデルタのVertisolsにおける粘土含量の断面分布(14.土地分類利用・景観評価,2010年度北海道大会)
    (日本土壌肥料学会講演要旨集 2010)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1972 東京大学 農業工学
  • - 1972 東京大学
学位 (3件):
  • Doctor of Agriculture (The University of Tokyo)
  • Master of Agriculture (The University of Tokyo)
  • Bachelor of Agriculture (The University of Tokyo)
経歴 (12件):
  • 2012/04 - 現在 筑波大学 名誉教授
  • 1997/01 - 2012/03 筑波大学 生命環境系 教授
  • 1997 - - 筑波大学農林工学系 教授
  • 1997 - - Professor, Institute of Agricultural and Forest Engineering,University of Tsukuba
  • 1982 - 1996 筑波大学農林工学系 助教授
全件表示
委員歴 (3件):
  • 2010 - 2012 Japanese Society of Irrigatio, Drainage and Reclamation Engineering Vice President
  • 2010 - 農業農村工学会 副会長
  • 2006 - 水文・水資源学会 副会長
受賞 (4件):
  • 2019/04 - 農村計画学会 平成30年度ベストペーパー賞 地域資源の視点からみた水力発電の利潤配分
  • 2017/09 - 水文・水資源学会 学術出版賞
  • 2012/11 - International Society of Paddy and Watrer Environment Engineering International Award 発展途上国における参加型水管理の研究
  • 2010 - 農業農村工学会 学術賞 発展途上国における参加型灌漑管理に関する研究
所属学会 (6件):
Japanese Association of Water Resources and Environment ,  Japan Society of Hydrology and Water Rersources ,  International Society of Paddy and Water Environment Engineering ,  水資源・環境学会 ,  水文・水資源学会 ,  農業農村工学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る