研究者
J-GLOBAL ID:200901042278963007   更新日: 2020年01月19日

加藤 雄一郎

カトウ ユウイチロウ | Yuichiro K. Kato
所属機関・部署:
職名: 主任研究員
ホームページURL (2件): http://katogroup.riken.jp/http://katogroup.riken.jp/
研究分野 (2件): ナノ構造物理 ,  物性I
研究キーワード (3件): カーボンナノチューブ ,  スピントロニクス ,  物性物理
論文 (39件):
  • K. Otsuka, A. Ishii, Y. K. Kato. Super-resolution fluorescence imaging of carbon nanotubes using a nonlinear excitonic process. Opt. Express 27, 17463 (2019). 2019
  • S. Tanaka, K. Otsuka, K. Kimura, A. Ishii, H. Imada, Y. Kim, Y. K. Kato. Organic Molecular Tuning of Many-Body Interaction Energies in Air-Suspended Carbon Nanotubes. J. Phys. Chem. C 123, 5776 (2019). 2019
  • T. Uda, S. Tanaka, Y. K. Kato. Molecular screening effects on exciton-carrier interactions in suspended carbon nanotubes. Appl. Phys. Lett. 113, 121105 (2018). 2018
  • W. Gomulya, H. Machiya, K. Kashiwa, T. Inoue, S. Chiashi, S. Maruyama, Y. K. Kato. Enhanced Raman scattering of graphene using double resonance in silicon photonic crystal nanocavities. Appl. Phys. Lett. 113, 081101 (2018). 2018
  • A. Ishii, X. He, N. F. Hartmann, H. Machiya, H. Htoon, S. K. Doorn, Y. K. Kato. Enhanced Single-Photon Emission from Carbon-Nanotube Dopant States Coupled to Silicon Microcavities. Nano Lett. 18, 3873 (2018). 2018
もっと見る
講演・口頭発表等 (32件):
  • Gigahertz electron spin manipulation using g-tensor modulation resonance
    (The 11th International Conference on Modulated Semiconductor Structures (MSS11), Nara, Japan 2003)
  • Gigahertz electron spin manipulation using g-tensor modulation
    (The 2nd International Conference and School on Semiconductor Spintronics and Quantum Information Technology, Brugge, Belgium 2003)
  • Gigahertz manipulation of spins in semiconductor nanostructures
    (2003 International Symposium on Compound Semiconductors, San Diego, California, USA 2003)
  • Coherent spin manipulation without magnetic fields in strained semiconductors
    (March Meeting of the American Physical Society, Montreal, Canada 2004)
  • Current-induced electron spin polarization and the spin Hall effect in semiconductors
    (Gordon Conference on Quantum Information Science, Ventura, California, USA 2005)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1996 - 2000 慶應義塾大学 理工学部 物理情報工学科
  • 2000 - 2005 カリフォルニア大学サンタバーバラ校 物理学科 博士課程
経歴 (5件):
  • 2005/08 - 2007/03 スタンフォード大学 化学科 博士研究員
  • 2006/10 - 2009/03 科学技術振興機構 さきがけ研究員
  • 2007/04 - 2016/03 東京大学 工学系研究科 総合研究機構 准教授
  • 2016/04 - 2017/03 理化学研究所 准主任研究員
  • 2017/04 - 現在 理化学研究所 主任研究員
受賞 (5件):
  • 2016 - 日本学術振興会 特別研究員等審査会専門委員(書面担当)の表彰
  • 2016 - KDDI財団賞
  • 2009 - 文部科学大臣表彰 若手科学者賞
  • 2006 - 米国科学振興協会 Newcomb-Cleveland賞
  • 2000 - 慶應義塾大学理工学部藤原奨学基金 藤原賞
所属学会 (5件):
応用物理学会 ,  フラーレン・ナノチューブ・グラフェン学会 ,  日本表面真空学会 ,  米国物理学会 ,  米国科学振興協会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る