研究者
J-GLOBAL ID:200901042342169670   更新日: 2020年09月01日

藤井 孝藏

フジイ コウゾウ | Fujii Kozo
所属機関・部署:
職名: 教授,工学博士
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (2件): https://ftlab.ms.kagu.tus.ac.jp/homehttps://ftlab.ms.kagu.tus.ac.jp/home
研究分野 (1件): 航空宇宙工学
研究キーワード (1件): 数値流体力学
競争的資金等の研究課題 (25件):
  • 2016 - 2019 堅牢な輸送システムモデルの構築と社会システムにおける最適化の実現
  • 2015 - 2018 DBDプラズマアクチュエータの実利用に向けた性能実証に関する研究
  • 2012 - 2015 プラズマアクチュエータ制御における局時流れ機構と制御パラメータ策定に関する研究
  • 2008 - 2010 局在流れに着目したプラズマアクチュエータ流れ制御に関する研究
  • 2005 - 2005 分子センサーによる高クヌッセン数流れの総合的解明
全件表示
論文 (70件):
  • Hideki SATO, Shinichi KIMURA, Ichiro UENO, Hideyuki SUZUKI, Tomoaki TATSUKAWA, Kozo FUJII, Makoto YAMAMOTO, Chiaki MUKAI. Space Educational Program of the Tokyo University of Science: A Trial for Space Education. TRANSACTIONS OF THE JAPAN SOCIETY FOR AERONAUTICAL AND SPACE SCIENCES, AEROSPACE TECHNOLOGY JAPAN. 2019. 17. 1. 25-32
  • A. Yakeno, Y. Abe, S. Kawai, T. Nonomura, K. Fujii. Unsteady shear layer flow under excited local body-force for flow-separation control in downstream of a two-dimensional hump. International Journal of Heat and Fluid Flow. 2018. 74. 15-27
  • Shigetaka Kawai, Thijs Bouwhuis, Yoshiaki Abe, Aiko Yakeno, Taku Nonomura, Hikaru Aono, Akira Oyama, Harry W.M. Hoeijmakers, Kozo Fujii. Dominant parameters for maximum velocity induced by body-force models for plasma actuators. Theoretical and Computational Fluid Dynamics. 2018. 32. 6. 805-820
  • Shinichi Kimura, Ichiro Ueno, Hideyuki Suzuki, Tomoaki Tatsukawa, Kozo Fujii, Makoto Yamamoto, Chiaki Mukai. Active Learning Program using Parabolic Flight Results of space education program of Tokyo University of Science and beyond. Proceedings of International Astronautical Congress. 2018. IAC-18.E1.3.2
  • K.Fujii. Three Flow Features behind the Flow Control Authority of DBD Plasma Actuator. Applied Science. 2018. 8. 4. 546
もっと見る
MISC (2件):
  • 木村 真一, 上野 一郎, 鈴木 英之, 立川 智章, 藤井 孝蔵, 山本 誠, 向井 千秋. 東京理科大学宇宙教育プログラムの成果と課題. 第61回宇宙科学技術連合講演会講演集. 2017. 1J05
  • 守口 佳孝, 木村 真一, 上野 一郎, 鈴木 英之, 立川 智章, 藤井 孝蔵, 山本 誠, 向井 千秋. 宇宙教育プログラムより学ぶ「本物」. 第61回宇宙科学技術連合講演会講演集. 2017. 1J06
特許 (6件):
もっと見る
書籍 (2件):
  • 応用数理ハンドブック
    朝倉書店 2013
  • 絵でわかる宇宙開発の技術
    講談社 2013
講演・口頭発表等 (170件):
  • セルオートマトンを用いた降下開始位置を考慮した航空交通流の多目的最適化
    (第15回進化計算学会研究会 2019)
  • 現象論モデルに基づく航空機交通流の解析と最適化-その1
    (平成30年度航空宇宙空力シンポジウム 2019)
  • DBDプラズマアクチュエータを用いたフィードバック翼流れ剥離制御のLES -渦移流に伴う翼面圧力変動を利用した制御則の検討-
    (第32回数値流体力学シンポジウム 2018)
  • プラズマアクチュエータを用いた三次元ブラフボディの空気抵抗低減
    (日本機械学会 第96期流体工学部門講演会 2018)
  • 爆風型衝撃波発生装置におけるジェットフロー低減に向けた数値解析:ノズル形状及び高圧部圧力の影響
    (日本機械学会 第96期流体工学部門講演会 2018)
もっと見る
Works (20件):
  • 宇宙科学に関する研究(移動・回転物体が作り出す空気力学音響に関する研究
    2010 - 2011
  • 高速気流中に置かれた障害物と境界層の干渉効果に関する研究(その5)
    2010 - 2011
  • 航空宇宙機非定常空力変動解析手法確立に関する研究
    2009 - 2010
  • 高速気流中に置かれた障害物と境界層の干渉効果に関する研究(その4)
    2009 - 2010
  • 高速気流中に置かれた障害物と境界層の干渉効果に関する研究(その3)
    2008 - 2009
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1980 東京大学 航空学専修
  • - 1974 東京大学 航空学科
学位 (1件):
  • 工学博士(航空学) (東京大学)
経歴 (30件):
  • 2015/04 - 現在 東京理科大学 情報工学科 教授
  • 2013/04 - 2015/03 宇宙航空研究開発機構大学研究機関連携室室長
  • 2009/10 - 2013/03 宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所副所長
  • 2008 - 宇宙科学研究本部研究総主幹
  • 2008 - 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
全件表示
委員歴 (5件):
  • 2014/05/28 - 2016/05/27 HPCI Consortium President
  • 2014/05/28 - 2016/05/27 HPCI(High Performance Computing Infrastructure) コンソーシアム 理事長
  • 2014/04/01 - 2016/02/29 Japan Society of Aeronautics and Space Science Genral Chair, 30th International Symposium on Space Technology and Science(ISTS)
  • 2014/04/01 - 2016/02/29 日本航空宇宙学会 第30回宇宙技術および科学の国際シンポジウム(30th ISTS) 組織委員長
  • 2014/04/18 - 2015/04/17 日本機械学会 監事
受賞 (4件):
  • 2018/10/17 - Excellent paper award
  • 2018/07/13 - アメリカ機械学会 フェロー
  • 2017/04/15 - 日本航空宇宙学会名誉会員
  • 2016/07/25 - アジアパシフィック計算力学連合賞
所属学会 (3件):
日本航空宇宙学会 ,  日本機械学会 ,  HPCI(High Performance Computing Infrastructure) コンソーシアム
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る