研究者
J-GLOBAL ID:200901042365103073   更新日: 2020年08月25日

成瀬 智恵

ナルセ チエ | Naruse Chie
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://www.anim.med.kyoto-u.ac.jp/research/index.html
研究分野 (4件): 発生生物学 ,  実験動物学 ,  動物生理化学、生理学、行動学 ,  実験動物学
研究キーワード (5件): マウス ,  糖鎖 ,  発生 ,  エピジェネティクス ,  疾患モデル動物
競争的資金等の研究課題 (18件):
  • 2020 - 2024 造血幹細胞移植による簡便ながん治療を可能とするデグロンシステムの開発
  • 2018 - 2021 デグロンシステム導入マウスを用いた新規がん治療システムの構築
  • 2017 - 2020 造血幹細胞の骨髄ホーミングにおける糖鎖の機能解析と糖鎖付与による効率向上の試み
  • 2016 - 2019 ガングリオシド欠損による脳神経系障害の解析と糖脂質補充による治療法の研究
  • 2016 - 2019 ヘテロクロマチン因子HP1欠損による精神疾患モデルマウスの確立と原因の解明
全件表示
論文 (23件):
  • Mengnan Li, Shin-Ya Nishio, Chie Naruse, Meghan Riddell, Sabrina Sapski, Tatsuya Katsuno, Takao Hikita, Fatemeh Mizapourshafiyi, Fiona M Smith, Leanne T Cooper, et al. Digenic inheritance of mutations in EPHA2 and SLC26A4 in Pendred syndrome. Nature communications. 2020. 11. 1. 1343-1343
  • Chie Naruse, Kanae Abe, Toru Yoshihara, Tomoaki Kato, Takumi Nishiuchi, Masahide Asano. Heterochromatin protein 1γ deficiency decreases histone H3K27 methylation in mouse neurosphere neuronal genes. FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology. 2020. 34. 3. 3956-3968
  • Soichiro Takagaki, Rieko Yamashita, Noriyoshi Hashimoto, Kazushi Sugihara, Kanako Kanari, Keisuke Tabata, Toshikazu Nishie, Shogo Oka, Masanori Miyanishi, Chie Naruse, et al. Galactosyl carbohydrate residues on hematopoietic stem/progenitor cells are essential for homing and engraftment to the bone marrow. Scientific reports. 2019. 9. 1. 7133-7133
  • Toru Yoshihara, Hiroyuki Satake, Toshikazu Nishie, Nozomu Okino, Toshihisa Hatta, Hiroki Otani, Chie Naruse, Hiroshi Suzuki, Kazushi Sugihara, Eikichi Kamimura, et al. Lactosylceramide synthases encoded by B4galt5 and 6 genes are pivotal for neuronal generation and myelin formation in mice. PLoS genetics. 2018. 14. 8. e1007545
  • Toru Yoshihara, Hiroyuki Satake, Toshikazu Nishie, Nozomu Okino, Toshihisa Hatta, Hiroki Otani, Chie Naruse, Hiroshi Suzuki, Kazushi Sugihara, Eikichi Kamimura, et al. Lactosylceramide synthases encoded by B4galt5 and 6 genes are pivotal for neuronal generation and myelin formation in mice. PLoS Genetics. 2018. 14. 8. e1007545
もっと見る
MISC (2件):
特許 (1件):
  • ORC4遺伝子変異非ヒト動物
学歴 (3件):
  • 1995 - 2001 東京大学 生物化学専攻
  • 1993 - 1995 東京大学 生物学科人類学課程
  • 1991 - 1993 東京大学 理科二類
学位 (1件):
  • 博士(理学) (東京大学)
経歴 (5件):
  • 2018/04 - 現在 京都大学大学院医学研究科 附属動物実験施設 准教授
  • 2015/01 - 2018/03 京都大学大学院医学研究科 附属動物実験施設 助教
  • 2003/10 - 2014/12 金沢大学学際科学実験センター 実験動物研究分野 助教
  • 2001 - 2003 : Kanazawa University
  • 2003 - -: Kanazawa University
委員歴 (2件):
  • 2020/07 - 現在 日本実験動物学会 評議員
  • 2018/04 - 現在 日本実験動物学会 Experimental Animals編集委員
受賞 (1件):
  • 2013/05 - 日本実験動物学会 奨励賞
所属学会 (4件):
日本分子生物学会 ,  日本実験動物学会 ,  日本実験動物協会 ,  日本エピジェネティクス研究会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る