研究者
J-GLOBAL ID:200901042429858910   更新日: 2024年05月20日

稲山 貴代

イナヤマ タカヨ | Inayama Takayo
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): https://www.u-nagano.ac.jp
研究分野 (2件): 家政学、生活科学 ,  栄養学、健康科学
研究キーワード (9件): 食教育 ,  健康教育 ,  ヘルスプロモーション ,  応用栄養学 ,  公衆栄養学 ,  障害 ,  身体活動 ,  nutrition education ,  nutrition management
競争的資金等の研究課題 (14件):
  • 2020 - 2024 障害者を対象とした機械学習による生活活動分類と身体活動を促す質的介入プログラム
  • 2020 - 2024 知的障害者の青年期・成人期における肥満対策を目的とした健康づくり支援システム開発
  • 2020 - 2023 視覚障がい者の身体活動促進がもたらす社会参加の向上とQOLへの効果
  • 2019 - 2020 須坂市つながる食育推進事業
  • 2018 - 2019 ダウン症候群がある児童・生徒の長期休暇中の健康的な生活習慣獲得のための支援策の検討
全件表示
論文 (79件):
  • 中村彩希,稲山貴代,原田和弘,荒尾 孝. 成人の野菜摂取行動に関連する態度,主観的規範,自己効力感,行動変容ステージ -世帯収入別にみた多母集団同時分析. 日本健康教育学会誌. 2024
  • Erika Yamanaka, Takayo Inayama, Kazunori Ohkawara, Michio Kojima, Tsubasa Nakada, Ichiro Kita. Effects of substituting sedentary time with physical activity on body mass index in Japanese adults with Down syndrome: A cross-sectional study. Heliyon. 2024. 10. 8. e29294-e29294
  • 辰田和佳子, 山中恵里香, 稲山貴代. 成人視覚障害者を対象としたフォーカスグループインタビューから得られた身体活動実践の工夫と必要な支援. 日本健康教育学会. 2023. 31. 3. 142-150
  • Erika Yamanaka, Takayo Inayama, Kanzo Okazaki, Tsubasa Nakada, Michio Kojima, Ichiro Kita, Kazunori Ohkawara. The Amount of Light to Vigorous Physical Activity (Met’s-Hours/Day) in Children with and without Down Syndrome Attending Elementary School in Japan. International Journal of Environmental Research and Public Health. 2023. 20. 2. 1293-1293
  • 辰田和佳子, 稲山貴代. 成人視覚障害者の身体活動量評価 -ロービジョンと盲での比較-. 視覚リハビリテーション研究. 2022. 11. 1. 1-8
もっと見る
MISC (19件):
  • 稲山貴代. 配慮を必要とする弱い立場にある人々との持続可能な地域での生活づくり. 臨床栄養. 2022. 140. 6. 910-916
  • 稲山貴代. 肥満予防のための生活習慣1-肥満との正しい向き合い方. 発達教育. 2022. 41. 4. 28-29
  • 中西明美, 衛藤久美, 神戸美恵子, 稲山貴代, 坂本達昭, 會退友美. 【特別報告】学校における食育評価のためのシステムづくり -2018 年度栄養教育研究会の活動報告-. 日本健康教育学会誌. 2021. 29. 4. 355-364
  • 荒尾孝, 内田賢, 中田希代子総合監修. 健康にちょっと詳しくなれる本2021:健活サポーター認定プログラム「健康知識テキスト」. 2021
  • 稲山貴代, 山中恵里香, 大河原一憲. ダウン症がある児童・生徒の長期休暇中の健康的な生活習慣獲得のための支援策の検討. 2018年度笹川スポーツ研究助成研究成果報告書. 2019. 188-194
もっと見る
書籍 (12件):
  • 栄養教育論 多様な場での展開と実践
    医歯薬出版(東京) 2022
  • 食と健康の科学〔第3版〕
    建帛社 2021
  • ライフステージ栄養学
    建帛社 2020
  • 健康運動指導士養成講習会テキスト
    財団法人健康・体力づくり事業財団 2020
  • 健幸華齢のためのスマートライフ
    株式会社サンライフ企画 2019
もっと見る
講演・口頭発表等 (33件):
  • 子どもの健康な身体づくりのための栄養・食生活-シンポジウム11:子ども時代からのロコモ・フレイル対策
    (第36回日本臨床整形外科学会 2023)
  • Food Intake Associated with Taking Care of diet in Community-dwelling Individuals with Physical Disabilities in Japan
    (The Pacific Rim International Conference on Disability and Diversity 2015)
  • Association of social support and social participation with dietary lifestyle among community-dwelling men with spinal cord injuries in Japan
    (The Pacific Rim International Conference on Disability and Diversity 2015)
  • Associations of Household Income and Education with Eating Behaviors in Japanese Adults: A Cross-sectional Analysis
    (12th Asian Congress of Nutrition 2015)
  • Effects of Japanese Dietary Pattern on Body Weight Control and Anti-Aging: An Interventional Study
    (2014)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1994 筑波大学 体育研究科 健康教育学専攻
  • - 1983 女子栄養大学 栄養学部 栄養学科
学位 (1件):
  • 博士(スポーツ医学) (筑波大学)
経歴 (7件):
  • 2022/04 - 現在 長野県立大学大学院 健康栄養科学研究科 研究科長
  • 2018/04 - 現在 長野県立大学 健康発達学部食健康学科 教授
  • 2006/04 - 2018/03 首都大学東京 オープンユニバーシティ/人間健康科学研究科 准教授
  • 2005/04 - 2006/03 首都大学東京 オープンユニバーシティ 准教授
  • 2003/04 - 2005/03 東京都立短期大学 健康栄養学科 助教授
全件表示
委員歴 (14件):
  • 2023/11 - 現在 日本栄養改善学会 役付理事(学術)
  • 2023/04 - 現在 日本健康支援学会 理事、評議員、編集委員
  • 2019/06 - 現在 コープデリ生活協同組合連合会 有識者理事
  • 2019/04 - 現在 日本健康支援学会 評議員、編集委員
  • 2017/04 - 現在 日本公衆衛生学会 「日本公衆衛生雑誌」査読委員
全件表示
受賞 (1件):
  • 2001 - 日本栄養改善学会 奨励賞
所属学会 (7件):
日本健康支援学会 ,  日本運動疫学会 ,  日本公衆衛生学会 ,  日本学校保健学会 ,  日本栄養改善学会 ,  日本体力医学会 ,  日本健康教育学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る