研究者
J-GLOBAL ID:200901042590869310   更新日: 2020年09月23日

山口 篤

ヤマグチ アツシ | Yamaguchi Atsushi
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (2件): http://hu-plankton.jp/http://hu-plankton.jp/teacher/yamaguchi.html
研究分野 (2件): 水圏生産科学 ,  環境動態解析
研究キーワード (9件): 極域生態系 ,  生物地球化学 ,  環境動態解析 ,  物質循環 ,  深海生物学 ,  生物海洋学 ,  海洋生態系 ,  カイアシ類 ,  動物プランクトン
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2020 - 2026 低次栄養段階生物を対象とした「かいあし漁業」の可能性を探る
  • 2019 - 2023 季節海氷域における海洋酸性化と石灰質生物の応答メカニズムの解明
  • 2020 - 2023 知床周辺海域における海洋高次捕食者のホットスポット形成機構の解明
  • 2017 - 2022 画像イメージングによるベーリング海陸棚域における動物プランクトン経年変動解析
  • 2016 - 2019 同位体分析から食物連鎖の源流を探る:西部北太平洋生態系保全指標の開発に向けて
全件表示
論文 (163件):
  • Nobuharu Inaba, Isamu Kodama, Satoshi Nagai, Tomotaka Shiraishi, Kohei Matsuno, Atsushi Yamaguchi, Ichiro Imai. Distribution of harmful algal growth-limiting bacteria on artificially introduced Ulva and natural macroalgal beds. Applied Sciences. 2020. 10. 16. 5658-5658
  • Yoshiyuki Abe, Kohei Matsuno, Amane Fujiwara, Atsushi Yamaguchi. Review of spatial and inter-annual changes in the zooplankton community structure in the western Arctic Ocean during summers of 2008-2017. Progress in Oceanography. 2020. 186. 102391-102391
  • Koki Tokuhiro, Yoshiyuki Abe, Jonaotaro Onodera, Makoto Sampei, Amane Fujiwara, Naomi Harada, Kohei Matsuno, Eva-Maria Nöthig, Atsushi Yamaguchi. Regional comparison of seasonal changes on copepod community structure in the Arctic Ocean. Polar Science. 2020. 24. 100509-100509
  • K Matsuno, N Kanna, S Sugiyama, A Yamaguchi, EJ Yang. Impacts of meltwater discharge from marine-terminating glaciers on the protist community in Inglefield Bredning, northwestern Greenland. Marine Ecology Progress Series. 2020. 642. 55-65
  • Yoshimi Tone Matsumoto, Atsushi Yamaguchi. Seasonal changes in the community structure of chaetognaths and the life cycle of the dominant chaetognath Eukrohnia hamata in the Oyashio region, western subarctic Pacific. Plankton and Benthos Research. 2020. 15. 2. 146-155
もっと見る
MISC (166件):
  • 藤原周, 西野茂人, 和賀久朋, 平譯享, 山口篤, 阿部義之, 菊地隆. 太平洋側北極海における植物プランクトン群集組成の高解像度分布. 日本海洋学会大会講演要旨集. 2017. 2017. 273
  • 漢那直也, 杉山慎, 杉山慎, 大橋良彦, 榊原大貴, 西沢文吾, 浅地泉, 深町康, 深町康, 阿部義之, et al. カービング氷河の高濁度融解水流出がフィヨルド生態系へ与える影響. 雪氷研究大会講演要旨集(Web). 2017. 2017. 0. 286(J-STAGE)
  • B. Nishizawa, K. Matsuno, E. A. Labunski, K. J. Kuletz, A. Yamaguchi, Y. Watanuki. Seasonal distribution of short-tailed shearwaters and their prey in the Bering and Chukchi Seas. Biogeosciences Discussions. 2015. 12. 21. 17721-17750
  • 横井直弥, 松野孝平, 一宮睦雄, 山口篤, 西野茂人, 小野寺丈尚太郎, 猪上淳, 菊地隆. 秋季チャクチ海におけるマイクロプランクトン群集の短期変動. 日本ベントス学会・日本プランクトン学会合同大会講演要旨集. 2015. 2015. 165
  • LANDEIRA SANCHEZ Jose M, LANDEIRA SANCHEZ Jose M, 松野孝平, 山口篤, 平譯享, 菊地隆. 夏季のベーリング海からチャクチ海における十脚類幼生の水平・地理分布. 日本ベントス学会・日本プランクトン学会合同大会講演要旨集. 2015. 2015. 154
もっと見る
特許 (1件):
書籍 (5件):
  • 水産科学・海洋環境科学実習
    海文堂 2019
  • New Frontiers in Crustacean Biology (Crustaceana Monographs, 15)
    Brill Academic Publishers 2011
  • Ecosystem processes during the Oyashio spring bloom
    Elsevier 2010
  • Marine Ecosystems of the North Pacific Ocean, 2003-2008
    North Pacific Marine Science Organization 2010
  • Pacific and Arctic Oceans: New Oceanographic Research
    Nova Science Publishers 2008
学歴 (3件):
  • 1996 - 1999 北海道大学 博士課程
  • 1994 - 1996 北海道大学 修士課程
  • 1990 - 1994 北海道大学 水産増殖学科
学位 (1件):
  • 博士(水産学) (北海道大学)
経歴 (7件):
  • 2015/04 - 現在 北海道大学 北極域研究センター 准教授(兼務)
  • 2008/04 - 現在 北海道大学大学院水産科学研究院 大学院水産科学院 准教授
  • 2018/03 - 2019/03 米国ウッズホール海洋学研究所 客員研究員
  • 2010/04 - 2018/03 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 客員研究員
  • 2007/04 - 2008/03 北海道大学大学院水産科学研究院 大学院水産科学院 助教
全件表示
委員歴 (11件):
  • 2019 - 現在 Oceans Editorial Board
  • 2019 - 現在 日本プランクトン学会 評議員
  • 2016 - 現在 日本プランクトン学会報 編集委員
  • 2014 - 現在 Journal of Marine Science and Technology Editorial Board
  • 2013 - 2019 水産海洋学会 国際誌委員
全件表示
受賞 (9件):
  • 2018/02 - 第33回北方圏国際シンポジウム 青田昌秋賞
  • 2016/07 - 米国沿岸警備隊 北極功労メダル
  • 2014/10 - PICES ベストポスタープレゼンテーションアワード(モニタリング分野)
  • 2014/10 - 日本プランクトン学会 論文賞
  • 2013/10 - PICES ベストポスタープレゼンテーションアワード(生物海洋学分野)
全件表示
所属学会 (9件):
日本水産学会 ,  日本プランクトン学会 ,  日本海洋学会 ,  日仏海洋学会 ,  水産海洋学会 ,  Fisheries Oceanography Society of Japan ,  Oceanographic Society of Japan-France ,  Plankton Society of Japan ,  Oceanographic Society of Japan
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る