研究者
J-GLOBAL ID:200901042622389170   更新日: 2020年10月12日

桐村 喬

キリムラ タカシ | Kirimura Takashi
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
  • 東京大学  空間情報科学研究センター   客員研究員
  • 立命館大学  衣笠総合研究機構   客員協力研究員
研究分野 (3件): その他 ,  人文地理学 ,  地理学
研究キーワード (9件): 歴史GIS ,  WebGIS ,  居住分化 ,  居住地域構造 ,  人口 ,  小地域統計 ,  都市 ,  自己組織化マップ ,  地理情報システム
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2020 - 2024 成熟期のグローバル都市における居住分化と不動産市場の分極化に関する国際比較
  • 2019 - 2023 凍土環境利用と保全に向けた凍土荒廃影響評価の共創
  • 2019 - 2022 機械学習を用いた既存の都市内部構造モデルの定量的評価と再構築
  • 2016 - 2020 歴史GISによるデジタル・ヒューマニティーズの展開
  • 2015 - 2019 都市圏域設定と都市圏データベースの構築及びそれらに基づく都市の実証分析・政策分析
全件表示
論文 (62件):
  • 桐村 喬. ジオタグ付きツイートで用いられる名詞の空間的広がりと階層性-京都市における事例分析-. 地理情報システム学会講演論文集. 2019. 28. PDF(全4ページ)
  • Takashi Kirimura. An Examination of the Distribution of White-Collar Worker Residences in Tokyo and Osaka during the Modernizing Period. ISPRS International Journal of Geo-Information. 2019. 8. 9
  • 桐村 喬. Changes in the distribution and structure of white-collar workers’ residences in Japan during the period of modernization. Abstracts of the International Cartographic Association. 2019. 2019. 1
  • 桐村 喬. 1930年代半ばの東京・京都におけるホワイトカラーの居住地分布-電話帳に基づく分析-. 皇學館大学紀要. 2019. 57. 91-112
  • 峪口 有香子, 岸江 信介, 桐村 喬. Twitterデータを利用した言語地理学的研究の可能性: 「おもしろい」「おもしろくない」を事例として. 計量国語学. 2019. 31. 8. 537-554
もっと見る
MISC (9件):
  • 桐村 喬. ツイッターデータからみたCOVID-19感染拡大と「行動変容」. 地理. 2020. 65. 7. 63-71
  • 桐村 喬. ツイッターデータでどんな分析ができるのか?. 地理. 2019. 64. 12. 4-11
  • 桐村 喬. WebGIS・SNS・ビッグデータが描く都市の諸相. 10+1 web site. 2016
  • Takashi Kirimura. Happiness Map of Japan: Geographical Differences in Internet Slang for Laughing and Emoticons of Smiling Faces. Esri Map Book. 2016. 31. 102-103
  • 桐村 喬. 単身世帯増加を抑制するより地域コミュニティに取り込む方策を. オムニ・マネジメント. 2015. 2015年12月号
もっと見る
書籍 (8件):
  • ツイッターの空間分析
    古今書院 2019 ISBN:9784772253291
  • 大学生のための情報リテラシー
    共立出版 2018 ISBN:9784320124288
  • 地理空間情報を活かす 授業のためのGIS教材
    古今書院 2017 ISBN:9784772253055
  • GISを使った主題図作成講座-地域情報をまとめる・伝える-
    古今書院 2015 ISBN:9784772241878
  • 明るい低炭素社会の実現に向けた都市変革プログラム 最終報告書
    2015
もっと見る
講演・口頭発表等 (74件):
  • 位置情報付きTwitterデータを利用した2020年1月以降の日本におけるCOVID-19感染拡大に対する人々の移動の変化の分析
    (JpGU-AGU Joint Meeting 2020: Virtual 2020)
  • Mobility Networks and Distribution of Location-Specific Nouns in Geo-Tagged Tweets
    (NetSci-X 2020: International School and Conference on Network Science 2020)
  • ジオタグ付きツイートで用いられる名詞の空間分布
    (CSIS DAYS 2019 2019)
  • ジオタグ付きツイートで用いられる名詞の空間的広がりと階層性-京都市における事例分析-
    (地理情報システム学会第28回学術研究発表大会 2019)
  • 神社周辺でのツイートの空間的特徴-伊勢・出雲・熊野の事例-
    (地理情報システム学会第28回学術研究発表大会 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2007 - 2010 立命館大学 人文学専攻
  • 2005 - 2007 立命館大学 地理学専攻
  • 2001 - 2005 立命館大学 地理学科
学位 (3件):
  • 学士(文学) (立命館大学)
  • 修士(文学) (立命館大学)
  • 博士(文学) (立命館大学)
経歴 (14件):
  • 2019/04 - 現在 皇學館大学 文学部 コミュニケーション学科 准教授
  • 2016/04 - 2019/03 皇學館大学 文学部 コミュニケーション学科 助教
  • 2016/04/01 - 2016/09/30 立命館大学 大学院文学研究科 非常勤講師
  • 2015/04/01 - 2016/03/31 早稲田大学 商学部 非常勤講師
  • 2014/02/01 - 2016/03/31 東京大学 空間情報科学研究センター 助教
全件表示
委員歴 (9件):
  • 2020/05 - 現在 地理情報システム学会 企画委員会委員
  • 2020/03 - 現在 日本地理学会 地理学評論編集専門委員会委員
  • 2018/05 - 現在 地理情報システム学会 教育委員会委員
  • 2018/01/01 - 現在 地理情報システム学会 代議員
  • 2018/05 - 2020/05 地理情報システム学会 広報委員会委員
全件表示
受賞 (6件):
  • 2018/05/24 - ESRIジャパンユーザ会 第14回GISコミュニティフォーラム マップギャラリー 第一位 東京はどの方角に成長してきたか -1930 年以降の小地域統計からみた人口増加-
  • 2017/10/28 - 一般社団法人地理情報システム学会 GIS学会賞 研究奨励部門
  • 2015/05/29 - ESRIジャパンユーザ会 第11回GISコミュニティフォーラム マップギャラリー 第一位 ハッピーマップ “(笑)”と笑顔の顔文字からみた感情表現の地域差
  • 2013/05/30 - ESRIジャパンユーザ会 第9回GISコミュニティフォーラム マップギャラリー 第一位 福島県相馬市の復興まちづくりに対するGeodesign手法の適用
  • 2013/05 - ESRIジャパンユーザ会 第9回GISコミュニティフォーラム マップギャラリー 第二位 京都のどこで”つぶやく”?-ジオタグ付きツイートによる観光客分布の把握の試み-
全件表示
所属学会 (7件):
都市住宅学会 ,  東京地学協会 ,  日本都市地理学会 ,  人文地理学会 ,  日本都市計画学会 ,  地理情報システム学会 ,  日本地理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る