研究者
J-GLOBAL ID:200901042777301090   更新日: 2020年08月31日

荒川 真一

アラカワ シンイチ | Arakawa Shinichi
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (6件):
全件表示
研究分野 (1件): 保存治療系歯学
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2018 - 現在 オゾンウルトラファインバブル水(OUFBW)の創傷治癒効果の検証およびその分子基盤
  • 2017 - 現在 歯周治療時に機能水を用いた菌血症予防と含嗽による誤嚥性肺炎予防効果の解明
  • 2019 - 2020 酸蝕防止のためのアルカリイオン水含嗽における中和効果の検討
  • 2017 - 2019 歯周治療時に機能水を用いた菌血症予防と含嗽による誤嚥性肺炎予防効果の解明
  • 2016 - 2019 歯科衛生士教育、復職支援のための訪問歯科診療eラーニング教育システムの開発と評価
全件表示
論文 (39件):
  • 伊藤 奏, 荒川 真一, 近藤 圭子, 樺沢 勇司. 歯科衛生学生における医科訪問診療実習導入の検証. 日本歯科衛生教育学会雑誌. 2019. 10. 2. 141-141
  • 水谷幸嗣, 則武加奈子, 鶴 田 潤, 關 奈 央 子, 近藤圭子, 片桐さやか, 竹 内 康 雄, 秋 月 達 也, 塩山秀裕, 青 木 章, et al. 診療参加型臨床実習への多職種連携の新規導入による臨床的効果および 教育的効果. 日本歯周病学会会誌. 2019. 61
  • Watanabe K, Ohsugi Y, Maekawa S, Sasaki N, Shiba T, Katagiri S, Arakawa S. Ozone Ultrafine Bubble Water improves wound healing via modification of inflammation. Journal of the Stomatological Society. 2019. 86. 2. 25-34
  • 渡辺 数基, 大杉 勇人, 前川 祥吾, 佐々木 直樹, 芝 多佳彦, 片桐 さやか, 荒川 真一. 創傷治癒モデルマウスにおける炎症因子を介したオゾンウルトラファインバブル水の効果(Ozone Ultrafine Bubble Water Improves Wound Healing via Modification of Inflammation). 口腔病学会雑誌. 2019. 86. 2. 25-35
  • Kazuki Watanabe, Yujin Ohsugi, Shogo Maekawa, Naoki Sasaki, Takahiko Shiba, Sayaka Katagiri, Shinichi Arakawa. Ozone Ultrafine Bubble Water improves wound healing via modification of inflammation. 口腔病学会雑誌. 2019. 86. 2
もっと見る
MISC (11件):
  • 荒川真一. 歯性上顎洞炎の局所治療. JOHNS. 2020. 36. 6. 712-715
  • 荒川真一. よみドクター お口ケア 編集記事2訪問歯科 最期まで口から食べたい~訪問歯科医の挑戦~. 読売新聞(Webにて公開). 2017
  • 荒川真一. 診療室を飛び出そう 地域で求められている“+アルファ”の知識・技術とは?. デンタルハイジーン2015. 2015. 35. 12. 1363-1367
  • 荒川真一. New Frontier 歯科臨床が変わる・動く・広がる. 新聞クイント. 2015. 240. 6-7
  • 荒川真一. 診療室を飛び出そう いまある知識を医療・介護現場に活かす. デンタルハイジーン2015. 2015. 35. 11. 1232-1235
もっと見る
特許 (1件):
  • 組織の修復又は再生用製剤
書籍 (5件):
  • 12.3 Clinical Application of Ozone Nanobubble Water to Periodontal Treatment
    2014
  • 歯科関係者と多職種との連携
    永末書店 2014
  • 高齢者の歯周治療
    永末書店 2014
  • 特殊な歯周疾患 6.Down 症候群と歯周炎
    永末書店 2014
  • 歯周病の予防管理 1.ライフステージと歯周病
    永末書店 2014
講演・口頭発表等 (111件):
  • 高齢者に対する口腔衛生・機能管理
    (令和元年度愛媛県前科術生士会第51司第5次生涯研修市I]度専門研修会 2020)
  • 某大学病院口腔ケア外来と緩和ケア病棟の連携の現状と課題
    (日本歯科衛生学会第15回学術大会 2020)
  • 血液疾患患者の周術期口腔健康管理に関する検討
    (日本歯科衛生学会大15回学術大会 2020)
  • 歯科衛生士教育における臨床実習
    (日本歯科衛生学会第15回学術大会 2020)
  • アルカリ性電解水含嗽による中和効果の検討
    (第21回 日本口腔機能水学会総会・学術大会 2020)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1986 - 1990 東京医科歯科大学
  • 東京医科歯科大学
学位 (1件):
  • 歯学博士 (東京医科歯科大学)
経歴 (8件):
  • 2020/07/01 - 現在 東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯理工学専攻 生涯口腔保健衛生学 教授
  • 2018/04/01 - 現在 東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯理工保健学専攻 歯周病学分野 分野長代行
  • 2016/04/01 - 現在 東京医科歯科大学 歯学部 口腔保健学科 部門長
  • 2015/04/01 - 現在 東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 総合診療科 口腔ケア外来 診療科長
  • 2018/04/01 - 2020/06/30 東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯理工学専攻 生涯口腔保健衛生学 教授
全件表示
委員歴 (15件):
  • 2019/04 - 現在 ファインバブル工業会(FBIA) 医療応用WG 副委員長
  • 2019/04 - 現在 日本歯周病学会 用語委員会委員
  • 2019/04 - 現在 日本歯周病学会 理事
  • 2018/06 - 現在 一般財団法人日本機能水研究振興財団 評議員
  • 2015/04 - 現在 日本歯周病学会 編集委員
全件表示
受賞 (2件):
  • 2017/07 - 日本歯科医学教育学会 日本歯科医学教育学会教育システム開発賞
  • 2017/07 - 日本歯科医学教育学会 第16回日本歯科医学教育学会教育システム開発賞(則武加奈子) 歯科学生と歯科衛生学生が診療参加型臨床実習で協働する新しい多職種連携実習の開発と教育効果
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る