研究者
J-GLOBAL ID:200901042778349712   更新日: 2021年04月08日

執行 正義

シギョウ マサヨシ | MASAYOSHI SHIGYO
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 農学部 生物資源環境科学科 生物生産科学講座  野菜園芸学研究室   教授
ホームページURL (1件): http://www.agr.yamaguchi-u.ac.jp/member/shigyo/index.html
研究分野 (5件): 化学物質影響 ,  放射線影響 ,  園芸科学 ,  遺伝育種科学 ,  遺伝学
研究キーワード (31件): シャロット ,  ネギ属野菜 ,  単一異種染色体添加系統 ,  ネギ ,  タマネギ ,  染色体工学 ,  野菜 ,  遺伝学 ,  ネギ属 ,  染色体地図 ,  育種学 ,  園芸学 ,  農林水産物 ,  催涙因子合成酵素 ,  クロロフィル分解 ,  ゲノム解析 ,  DNAマーカー ,  EST ,  高精度染色体地図 ,  乾腐病 ,  食感形成 ,  フザリウム菌 ,  ペクチン ,  サポニン ,  アリナーゼ ,  含硫黄化合物 ,  機能性 ,  倍加半数体系統 ,  Cysteine Sulfoxide ,  活性酸素 ,  野菜園芸学
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2010 - 2012 基盤研究(C):倍加半数体系統を利用したネギ属高精度染色体地図の開発
  • 2005 - 2008 文部科学省知的クラスター創成事業(やまぐち・うべ・メディカル・イノベーション・クラスター):高輝度・高演色性白色LED等を用いた高性能ヘルスフードの開発
  • 2007 - 先端技術を活用した農林水産研究高度化事業(地域活性化型研究:地域競争型):若年層の野菜離れストップ!子供でも食べやすいネギ育種技術開発
  • 2007 - 基盤研究(C):伝統野菜ワケギの食感形成に関与する遺伝子の同定と葉ネギ育種への応用
  • 2005 - 2006 若手研究(B):染色体工学的手法を用いた機能性に優れた新規ネギ系統の開発
全件表示
論文 (139件):
  • N. Salaemae, N. Pongprasert, P. Boonyaritthongchai, C. Wongs-Aree, S. Kaewsuksaeng, M. Shigyo, N. Yamauchi, V. Srilaong. Electrostatic atomized water particles delay postharvest senescence of ‘Namwa’ banana (Musa × paradisiaca). Fruits. 2021. 76. 2. 72-79
  • 鈴木廣志, 執行正義. 高速栽培法(SHIGYO法)の現状と課題. アグリバイオ. 2021. 5. 3. 39-41
  • Abdelrahman, Mostafa, Hirata, Sho, Mukae, Takuya, Yamada, Tomohiro, Sawada, Yuji, El-Syaed, Magdi, Yamada, Yutaka, Sato, Muneo, Hirai, Masami Y, Shigyo, Masayoshi. Comprehensive Metabolite Profiling in Genetic Resources of Garlic (Allium sativum L.) Collected from Different Geographical Regions. Molecules. 2021. 26. 5. 1415
  • Mostafa Abdelrahman, Nur Aeni Ariyanti, Yuji Sawada, Fumitada Tsuji, Sho Hirata, Tran Thi Minh Hang, Mami Okamoto, Yutaka Yamada, Hiroshi Tsugawa, Masami Yokota Hirai, et al. Metabolome-Based Discrimination Analysis of Shallot Landraces and Bulb Onion Cultivars Associated with Differences in the Amino Acid and Flavonoid Profiles. Molecules. 2020. 25. 22. 5300
  • Jung-Hee Kim, Etty Handayani, Akira Wakana, Mayumi Sato, Mai Miyamoto, Riko Miyazaki, Xiaohui Zhou, Kaori Sakai, Yuki Mizunoe, Masayoshi Shigyo, et al. Distribution and evolution of Citrus accessions with S3 and/or S11 alleles for self-incompatibility with an emphasis on sweet orange [Citrus sinensis (L.) Osbeck; SfS3 or SfS3sm]. Genetic Resources and Crop Evolution. 2020
もっと見る
MISC (18件):
もっと見る
特許 (17件):
書籍 (8件):
  • Breeding and Genomic Approaches for Climate-Resilient Garlic
    Springer, Cham 2020
  • タマネギ大事典
    農文協 2019 ISBN:9784540181658
  • The Allium Genomes
    Springer Nature 2018 ISBN:9783319958248
  • 見てわかる農学シリーズ1 遺伝学の基礎 第2版
    朝倉書店 2018 ISBN:9784254405491
  • 園芸学
    文永堂出版 2009 ISBN:9784830041150
もっと見る
講演・口頭発表等 (315件):
  • アンプリコンシーケンスによるタマネギの効率的なジェノタイピング手法の開発
    (園芸学会令和3年度春季大会(筑波大学・リモート) 2021)
  • 山口県育成小輪系ユリにおけるネットを用いた省力的な球根増殖技術の適応性について
    (園芸学会令和3年度春季大会(筑波大学・リモート) 2021)
  • シャロットとタマネギの倍加半数体系統間F2分離集団の根部メタボローム解析
    (園芸学会令和3年度春季大会(筑波大学・リモート) 2021)
  • Toward an international joint exploitation of plant genetic resources for vegetable crops together with several counterpart countries in south-eastern Asia
    (The 3rd Asian Horticultural Congress (Miracle Grand Hotel, Bangkok) 2020)
  • スマート農業技術の開発・普及について
    (第3回中国地域スマート農業モデル研究会(交流会)開催(ホテルセンチュリー21広島) 2020)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 1997 鹿児島大学 生物生産科学専攻
  • - 1993 佐賀大学 園芸学専攻
  • - 1991 佐賀大学 園芸学科
学位 (1件):
  • 博士(農学) (鹿児島大学)
経歴 (6件):
  • 2010 - 2012 山口大学 農学部 教授
  • 2010 - - 同教授
  • 2007 - 2009 国立大学法人山口大学准教授(農学部)
  • 1999 - 2006 山口大学 助教授(農学部)
  • 1996 - 1998 日本学術振興会 特別研究員(1996:DC2-1997~1998:PD)
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2018/04 - 現在 一般社団法人園芸学会 The Horticulture Journal 編集委員長
  • 2011/10 - 2012/09 園芸学会 和文誌(園芸学研究)編集委員
  • 2006 - 2009 園芸学会 英文誌編集委員
  • 2005 - 園芸学会中四国支部会 評議員
受賞 (2件):
  • 2003 - 日本農学進歩賞
  • 2002 - 園芸学会賞(奨励賞)
所属学会 (7件):
日本植物生理学会 ,  イオンビーム育種研究会 ,  園芸学会中四国支部会 ,  国際園芸学会 ,  日本遺伝学会 ,  日本育種学会 ,  園芸学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る