研究者
J-GLOBAL ID:200901042778349712   更新日: 2019年11月03日

執行 正義

シギョウ マサヨシ | SHIGYO MASAYOSHI
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 農学部 生物資源環境科学科 生物生産科学講座  野菜園芸学研究室   教授
ホームページURL (1件): http://www.agr.yamaguchi-u.ac.jp/member/shigyo/index.html
研究分野 (4件): 放射線・化学物質影響科学 ,  遺伝・ゲノム動態 ,  育種学 ,  園芸学・造園学
研究キーワード (31件): シャロット ,  ネギ属野菜 ,  単一異種染色体添加系統 ,  ネギ ,  タマネギ ,  染色体工学 ,  野菜 ,  遺伝学 ,  ネギ属 ,  染色体地図 ,  育種学 ,  園芸学 ,  農林水産物 ,  催涙因子合成酵素 ,  クロロフィル分解 ,  ゲノム解析 ,  DNAマーカー ,  EST ,  高精度染色体地図 ,  乾腐病 ,  食感形成 ,  フザリウム菌 ,  ペクチン ,  サポニン ,  アリナーゼ ,  含硫黄化合物 ,  機能性 ,  倍加半数体系統 ,  Cysteine Sulfoxide ,  活性酸素 ,  野菜園芸学
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 1996 - 1997 特別研究員奨励費:単一異種染色体添加系統を用いたネギ属植物の遺伝子分析
  • 1998 - 1998 特別研究員奨励費:ネギ属栽培種のゲノム解析
  • 2001 - 2002 奨励研究(A):ネギのクロロフィル分解に及ぼすシャロット由来単一異種染色体添加の影響について
  • 2003 - 2004 若手研究(B):単一異種染色体添加系統の利用によるタマネギ高密度連鎖地図と染色体の対応関係の解明
  • 2005 - 2006 若手研究(B):染色体工学的手法を用いた機能性に優れた新規ネギ系統の開発
全件表示
論文 (124件):
  • M. Shigyo, S. Fujito, S. Sato. Toward repositioning Allium vegetable crops as global commodities: opportunities and challenges for future application of omics and phytomedomics platforms to crop improvement. Acta Horticulturae. 2019. 1251. 1-7
  • Samak Kaewsuksaeng, Masahiro Nomura, Masayoshi Shigyo, Naoki Yamauchi. Suppression of Chlorophyll Breakdown and Quality Changes by Hot Water Treatment of ‘Pichit 1’ lime (Citrus aurantifolia Swingle) Fruit. The Horticulture Journal. 2019
  • Samak Kaewsuksaeng, Nopparat Tatmal, Masayoshi Shigyo, Shuhei Tanaka, Naoki Yamauchi. Application of electrostatic atomized water particle suppresses calyx discoloration in relation to postharvest quality of mangosteen (Garcinia mangostana L.). Scientia Horticulturae. 2019. 250. 380-387
  • Mai Tsujimura, Takakazu Kaneko, Tomoaki Sakamoto, Seisuke Kimura, Masayoshi Shigyo, Hiroshi Yamagishi, Toru Terachi. Multichromosomal structure of the onion mitochondrial genome and a transcript analysis. Mitochondrion. 2019. 46. 179-186
  • Mostafa Abdelrahman, Sho Hirata, Yuji Sawada, Masami Yokota Hirai, Shusei Sato,Hideki Hirakawa, Yoko Mine, Keisuke Tanaka, Masayoshi Shigyo. Widely targeted metabolome and transcriptome landscapes of Allium fistulosum - A . cepa chromosome addition lines revealed a flavonoid hot spot on chromosome 5A. Scientific Reports. 2019. 9. 3541
もっと見る
特許 (17件):
書籍 (7件):
  • Genetic Resources, Chromosome Engineering, and Crop Improvement: Vegetable Crops, Volume 3
    CRC Press, Taylor & Francis Group 2006 ISBN:0849396468
  • 野菜園芸学
    文永堂出版 2007 ISBN:978-4-8300-4112-9
  • Handbook of Plant Breeding , Vol. 2, Vegetables
    Springer 2008 ISBN:978-0-387-74108-6
  • 園芸学
    文永堂出版 2009 ISBN:978-4-8300-4115-0
  • The Allium Genomes
    Springer Nature 2018 ISBN:978-3-319-95824-8
もっと見る
講演・口頭発表等 (307件):
  • Genomic in situ hybridizationによる近縁野生種の染色体をもつネギの単一異種染色体添加系統における異種染色体の同定
    (園芸学会平成12年度秋季大会(広島県立大学) 2000)
  • シャロット(Allium cepa L.Aggregatum group)における染色体特異的SCARマーカーの開発
    (園芸学会平成12年度秋季大会(広島県立大学) 2000)
  • フローサイトメトリーによるシャロット染色体をもつネギ単一異種染色体添加型個体の簡易判別
    (園芸学会平成13年度春季大会(東京農業大学) 2001)
  • ブロッコリー花蕾におけるクロロフィル分解酵素活性の細胞内局在性と老化に伴うその変化
    (園芸学会平成13年度春季大会(東京農業大学) 2001)
  • AFLP法によるワケギ栽培系統の識別
    (園芸学会平成14年度春季大会(千葉大学) 2002)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 1991 佐賀大学 農学部 園芸学科
  • - 1993 佐賀大学 農学研究科 園芸学専攻
  • - 1997 鹿児島大学 連合農学研究科 生物生産科学専攻
学位 (1件):
  • 博士(農学) (鹿児島大学)
経歴 (6件):
  • 1996 - 1998 日本学術振興会 特別研究員(1996:DC2-1997~1998:PD)
  • 1999 - 2006 山口大学 助教授(農学部)
  • 2007 - 2009 国立大学法人山口大学准教授(農学部)
  • 2010 - 2012 山口大学 農学部 教授
  • 1998 - オランダ農水省国際農業センター 特別研究員
全件表示
委員歴 (5件):
  • 2018/04 - 現在 一般社団法人園芸学会 The Horticulture Journal 編集委員長
  • 2011/10 - 2012/09 園芸学会 和文誌(園芸学研究)編集委員
  • 2006 - 2009 園芸学会 英文誌編集委員
  • 2005 - 園芸学会中四国支部会 評議員
  • 2008 - 日本植物生理学会
受賞 (2件):
  • 2002 - 園芸学会賞(奨励賞)
  • 2003 - 日本農学進歩賞
所属学会 (7件):
園芸学会 ,  日本育種学会 ,  日本遺伝学会 ,  国際園芸学会 ,  園芸学会中四国支部会 ,  イオンビーム育種研究会 ,  日本植物生理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る