研究者
J-GLOBAL ID:200901042790764890   更新日: 2020年12月27日

清水 唯一朗

シミズ ユイチロウ | Yuichiro Shimizu
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (6件):
  • 大学院政策・メディア研究科  委員
  • 大学院政策・メディア研究科  SFC研究所日本研究プラットホーム・ラボ 共同代表
  • グローバルリサーチインスティテュート  所員
  • Graduate School of Media and Governance  member
  • Graduate School of Media and Governance  Co-chair, Japan Studies Platform Laboratory, Keio Research Institute at SFC
全件表示
ホームページURL (2件): http://web.sfc.keio.ac.jp/~yuichiro/http://web.sfc.keio.ac.jp/~yuichiro/?page_id=594
研究分野 (4件): 政治学 ,  日本史 ,  日本史 ,  政治学
研究キーワード (7件): 政官関係論 ,  選挙制度論 ,  統治構造論 ,  日本近代史 ,  オーラルヒストリー ,  日本政治外交史 ,  日本政治論
競争的資金等の研究課題 (33件):
  • 2020 - 2023 日本の保守政党における政務調査会の政治学的・歴史学的研究ー明治から平成まで
  • 2020 - 2021 リモート・オーラル・ヒストリーメソッドの開拓
  • 2020 - 2021 小布施町における、新事業創造プログラム
  • 2018 - 2021 タイムユーズサーベイを応用した官僚の行動分析の革新
  • 2018 - 2021 アジアにおける独裁と民主主義の歴史的起源
全件表示
論文 (31件):
  • 清水 唯一朗. 「政治学と日本史のはざまで-政治史研究者の立場から-」. 日本史研究. 2020. 700. 112-125
  • 清水 唯一朗. 「日本研究のマルチ・ヒストリオグラフィ--自立から協働の時代へ」. 『問題と研究』. 2019. 48. 4. 1-31
  • 清水 唯一朗. 「国家、政党、国民-重心なきトライアングルの政治史」. 『アステイオン』. 2019. 90. 14-28
  • 清水 唯一朗. 「日本における代表制-その歴史的展開と課題」. 『法律時報』. 2019. 1135. 102-107
  • 清水 唯一朗. 「明治維新-人才登用的革命」. 『南開日本研究』. 2018. 2018. 58-68
もっと見る
MISC (83件):
  • 清水 唯一朗. 「日本に『近代』がやってきた」. 『公研』. 2020. 688. 6-7
  • 清水 唯一朗. 「日本的政權交替~首次實質改造內閣的誕生」. 『自由時報』(台湾). 2020
  • 待鳥 聡史, 清水 唯一朗, 善教将大. 「対話 あらためて平成の政治改革を考える」. 『公研』. 2020. 685
  • 「コロナ禍のただ中で抗議行動 日本の政治意識は高まるか どこにたどり着くか」(コメント). Sputnik 日本. 2020
  • 清水 唯一朗. 「『百年に一度の危機』から生まれるもの」. 『公研』. 2020. 682. 6-7
もっと見る
書籍 (55件):
  • 「明治」という遺産
    ミネルヴァ書房 2020 ISBN:9784623088348
  • The East Asian Dimension of The First World War
    Campus(Germany) 2020 ISBN:9783593507514
  • 日本政治史-現代日本を形作るもの
    有斐閣 2020
  • The Origins of Modern Japanese Bureaucracy
    Blomsbury Publishing 2019 ISBN:9781350079557
  • 日本千年歷史之謎:從邪馬台國到象徵天皇制,29個難解謎團探索
    遠足文化(台湾) 2019 ISBN:9789865080327
もっと見る
講演・口頭発表等 (80件):
  • 「日本政治とポスト安倍時代-初の本格的改造内閣」
    (新型コロナウイルス感染症下の日本内外情勢と日中関係 2020)
  • 「近代日本のデモクラシーと開発政治」
    (第4回東アジア日本研究者協議会、 2019)
  • 「日本如何養成年軽人材-従来明治維新到現在」
    (国立台北大学歴史学系研究所専題演講 2019)
  • 「明治維新150年と日本政治」
    (国際シンポジウム「東アジア人文社会科学研究の新地平」 2019)
  • 「歴史から見た日本の官僚制」
    (HRM研究会ウィークエンドセミナー 2019)
もっと見る
Works (66件):
  • 記事「本格的な政党内閣とは何だったのか」
    清水唯一朗 2020 -
  • 記事「ディスカッション 戦後憲法学における天皇像の不在?」
    憲法の規整力, 研究会 2020 -
  • 記事「見まもり、かかわり、続ける-政策・メディア研究科委員長 加藤文俊君-」
    清水唯一朗 2019 -
  • ワークショップ「オーラル・ヒストリーの新たな方法」
    清水唯一朗 2019 -
  • 記事「ディスカッション 軍隊に対する憲法の規整力とは」
    憲法の規整力, 研究会 2019 -
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2003 - 慶應義塾 政治学専攻
  • 2001 - 慶應義塾 政治学専攻
  • 1999 - 慶應義塾 政治学科
学位 (4件):
  • 博士(法学) (慶應義塾)
  • 修士(法学) (慶應義塾)
  • Doctor of the Science of Law [S.J.D.] (Keio University)
  • Master of Laws [LL.M.] (Keio University)
経歴 (27件):
  • 2018/04/01 - 現在 立正大学 石橋湛山研究センター 特別研究員
  • 2017/04 - 現在 慶應義塾大学 総合政策学部 教授
  • 2016/11 - 現在 慶應義塾大学 グローバルリサーチインスティテュート 上席所員
  • 2016/10/01 - 現在 人事院 国家公務員採用総合職試験(大卒程度)(政策論文)(総合論文)試験専門委員
  • 2015/05/28 - 現在 東京大学 先端科学技術研究センター 客員研究員
全件表示
委員歴 (58件):
  • 2020/06/01 - 現在 The Japanese Society for Public Administration board member
  • 2020/06/01 - 現在 Public Policy Studies Association JAPAN board member
  • 2020/06/01 - 現在 Japanese Association of Electoral Studies board member
  • 2020/06/01 - 現在 日本行政学会 理事
  • 2020/06/01 - 現在 日本公共政策学会 理事
全件表示
受賞 (4件):
  • 2016/05/14 - 日本選挙学会 日本選挙学会賞 優秀ポスター発表
  • 2014/06/07 - 日本公共政策学会 日本公共政策学会賞 奨励賞
  • 2011/06/10 - 公益財団法人大平正芳記念財団 第27回大平正芳記念賞 特別賞
  • 1999/11/14 - 慶應義塾大学 慶應義塾大学法学部政治学科開設百周年記念論文 最優秀賞
所属学会 (13件):
慶應SFC学会 ,  日韓次世代学術フォーラム ,  戦前戦後・比較政治研究フォーラム ,  International Political Science Association ,  Association for Asian Studies ,  European Association of Japan Studies ,  湘南藤沢学会 ,  慶應法学会 ,  日本法政学会 ,  日本公共政策学会 ,  日本選挙学会 ,  日本行政学会 ,  日本政治学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る