研究者
J-GLOBAL ID:200901042856877666   更新日: 2021年05月14日

中村 浩一郎

ナカムラ コウイチロウ | Nakamura Koichiro
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 言語学
研究キーワード (4件): Theoretical Linguistics ,  カートグラフィー ,  比較統語論 ,  理論言語学
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2019 - 2023 中間領域の構造分析と文法現象の研究
  • 2019 - 2022 ヨーロッパ言語と日本語・中国語比較による主題構造のカートグラフィー研究
  • 2018 - 2019 日本語・中国語比較による文法構造、主題構造の研究ーより専門性の高い修士論文作成を目指す大学院生教育と日本語構造の理解に基づく学部生への中国語教育
  • 2014 - 2018 主節以外の文要素の左右周辺部構造と文法現象についての研究
  • 2010 - 2012 トピック、フォーカスに関する意味的統語的研究
全件表示
論文 (22件):
  • 中村 浩一郎. vP 内部のトピック・フォーカス構造について. 日本英文学会九州支部第67回大会 Proceedings. 2015. 316-317
  • 中村 浩一郎. vP internal Topic-focus articulation in Japanese. Proceedings of 16th Seoul International Conference on Generative Grammar. 2014. 299-309
  • 中村 浩一郎. Towards a unified analysis of Japanese adverb types and their syntactic positions. Tampa Papers in Linguistics. 2013. 4. 45-57
  • Three kinds of Wa-marked phrases and Topic- Focus articulation in Japanese. Genarative Grammar in Geneva. 2012. Vol.7. 33-48
  • Koichiro Nakamura. Wa-marked topicalization triggered by topic feature and scrambling triggered by focus feature. Proceedings of the 12th Seoul International Conference on Generative Grammar:Movement in MInimalism. 2010. 361-372
もっと見る
MISC (4件):
  • 中村 浩一郎. グローバル化時代の英語教員がするべきこと. 『教職へのいざない-名桜大学教職入門書-』. 2019. 2-10
  • 中村 浩一郎. 世界の言語を比較対照することによって見えてくるもの. 名桜叢書第3集『明日を切り拓く』. 2016. 192-203
  • 中村 浩一郎. 「国際化社会」日本で英語教員をめざす学生が今しておくべきこと. 『教職を拓く-名桜大学教職入門書-』. 2013. 2-9
  • 荒木一雄, 項目執筆. 英語学用語辞典. 1999
書籍 (10件):
  • Pierre-Yves and Olivier Duplâtre eds. Information-Structural Perspectives on Discourse Particles
    John Benjamins Publishing Company 2020 ISBN:9789027205056
  • 言語におけるインターフェイス
    開拓社 2019
  • 西原哲雄編 言語研究と言語学の進展シリーズ1 言語の構造と分析:統語論、音声学・音韻論、形態論
    開拓社 2018
  • Si Fuzhen ed., Studies on Syntactic Cartography
    Chinese Social Sciences Press 2017
  • 現代言語理論の概説
    鷹書房弓プレス 2014
もっと見る
講演・口頭発表等 (37件):
  • A Cartographic Analysis of the Sentence Final Particle Yan in Kansai Dialect in Japanese
    (3rd International Workshop on Syntactic Cartography 2019 (IWSC 2019) held at Beijing Language and Culture University 2019)
  • The Japanese particles « ga » and « wa » should be in Focus and Topic head positions
    (32nd Paris Meeting on East Asian Linguistics, (JLAO 32), held at Institut National des Langues et Civilisation Orientales (INALCO) 2019)
  • Wa-marked DPs and their structural distributions in a Japanese sentence
    (SLE 2018-Workshop: Discourse Particles and Information Structure, held at Tallinn University 2018)
  • Focus particles, structural positions, and interpretations of focus elements in Japanese
    (31st Paris Meeting on East Asian Linguistics (JLAO 31), held at Institut National des Langues et Civilisation Orientales (INALCO) 2018)
  • Another argument for the differences among wa-marked phrases
    (2nd International Workshop on Syntactic Cartography (IWSC), held at Beijing Language and Culture University 2017)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1989 - 1994 関西学院大学 英文学専攻
  • 1984 - 1988 関西学院大学 英文学科
学位 (1件):
  • 文学修士 (関西学院大学)
経歴 (6件):
  • 2019/04 - 現在 名桜大学 大学院国際地域文化専攻(博士後期課程) 大学設置・学校法人審議会の教員審査において専任 教授「言語学特論」 D可 の資格有りと判定
  • 2018/04 - 現在 名桜大学大学 名桜大学大学院国際文化研究科(修士課程) 研究科長(併任)
  • 2014/04 - 現在 公立大学法人 名桜大学 大学院 国際文化研究科 演習指導教授
  • 2012/04 - 現在 公立大学法人 名桜大学 国際学群 語学教育専攻 教授
  • 1995/04 - 2012/03 広島女学院大学文学部英米言語文化学科 専任講師、助教授、教授
全件表示
委員歴 (5件):
  • 2018/06 - 現在 沖縄外国文学会 副会長
  • 2007 - 現在 日本英語学会 評議員
  • 2016 - 2019 Japanese/Korean Linguistics Reviewer
  • 2014/07 - 2016/06 沖縄外国文学会 運営委員、会誌Southern Review 編集委員長
  • 2011/04 - 2016/03 関西学院大学文学部言語文化学科英語学・英米文学専修 会誌「英米文学」編集委員
所属学会 (9件):
日本語文法学会 ,  Societas Linguistica Europaea ,  沖縄外国文学会 ,  Generative Linguistics in the Old World ,  関西言語学会 ,  日本英文学会 ,  日本言語学会 ,  Linguistic Society of America ,  日本英語学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る