研究者
J-GLOBAL ID:200901042861835009   更新日: 2021年06月15日

益田 朋幸

マスダ トモユキ | Masuda Tomoyuki
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://db2.littera.waseda.ac.jp/byzantine2/index.html
研究分野 (1件): 美学、芸術論
研究キーワード (1件): 美術史、ビザンティン美術、キリスト教図像学
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2018 - 2022 ビザンティンと中世イタリアの聖堂装飾プログラム比較に基づく相互影響関係の分析
  • 2018 - 2022 日本における西洋宗教美術受容史再構築の試み-16世紀から19世紀まで
  • 2014 - 2018 中世ロシア聖堂壁画に見るバルカン半島の影響
  • 2012 - 2017 古代・中世地中海世界における宗教空間と社会変動-トロス遺跡聖堂遺構の発掘調査
  • 2010 - 2013 バルカン半島中部における文化的多様性の歴史的研究
全件表示
論文 (117件):
  • 益田朋幸. The Lectionary Cod.1 in the Iviron Monastery on Mount Athos and its Encaenia. 早稲田大学大学院文学研究科紀要. 2021. 66. 553-559
  • 益田朋幸. ミハイルとエウティキオスの聖域プログラム-プロタトン聖堂の知見から. 美術史研究. 2020. 58. 1-11
  • 益田朋幸. Patriarchal Lectionaries of Constantinople: A New Criterion for the Encaenia. Waseda RILAS Journal. 2020. 8. 179-194
  • 益田朋幸. 炎の洗礼--オフリドのパナギア・ペリブレプトス聖堂壁画研究. 早稲田大学大学院文学研究科紀要. 2020. 65. 461-476
  • 益田朋幸. 裁きの場としての聖堂--アチ(ジョージア)の聖ゲオルギオス聖堂の装飾プログラム. 早稲田大学大学院文学研究科紀要. 2019. 64. 517-532
もっと見る
書籍 (35件):
  • 『聖堂の小宇宙』(ヨーロッパ中世美術論集4)
    竹林舎 2016 ISBN:9784902084443
  • ヨーロッパ文化の再生と革新
    知泉書館 2016 ISBN:4862852297
  • キリスト教美術の誕生とビザンティン世界(西洋美術の歴史2 中世I)
    中央公論新社 2016
  • ビザンティン聖堂装飾プログラム論
    中央公論美術出版 2014 ISBN:9784805507162
  • ビザンティンの聖堂美術
    中央公論新社 2011 ISBN:9784120042485
もっと見る
講演・口頭発表等 (39件):
  • 聖エカテリニ修道院の美術とイスラーム世界
    (早稲田大学イスラーム地域研究機構 拠点強化事業『「モノ」の世界から見たイスラーム』「神と人が出会う地 シナイ半島の歴史と文化」 2011)
  • ビザンティン聖堂装飾のイコンとナラティヴ
    (美学会東部会例会 2011)
  • ビザンツ帝国と地中海世界-東地中海における美術の変容
    (地中海学会春期連続講演会 2011)
  • 「キリストと十二使徒」図像の含意-写本装飾と聖堂装飾の間
    (早稲田大学美術史学会2010年度総会 2010)
  • 初期キリスト教美術
    (第72期 一橋フォーラム 2010)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 1991 早稲田大学 芸術学(美術史)
  • - 1991 早稲田大学 芸術学(美術史)
  • 早稲田大学 美術史専修
学位 (2件):
  • Ph.D (ギリシア国立テサロニキ大学)
  • Ph.D (Thessaloniki University, Greece)
受賞 (3件):
  • 2014/10 - 早稲田大学大隈記念学術褒賞
  • 1996/01 - 第2回 立教大学辻荘一・三浦アンナ記念学術奨励金
  • 1992/06 - 早稲田大学美術史学会賞
所属学会 (5件):
早稲田大学美術史学会 ,  日本オリエント学会 ,  地中海学会 ,  美学会 ,  美術史学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る