研究者
J-GLOBAL ID:200901042925166050   更新日: 2020年06月02日

佐々木 邦博

ササキ クニヒロ | SASAKI KUNIHIRO
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): ランドスケープ科学 ,  環境農学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 1977 - 2001 フランスのおける造園の近代化
  • 1995 - 城下町(長野市松代町など)における旧武家屋敷地の池庭と水路の歴史と保全
論文 (3件):
  • 平岡直樹, 佐々木邦博. Surrounding the Historical Preservation and Civic Activities Regarding Special Embarkments thet Make Use of Tatami (Tatami-tei). The 16th Symposium of Landscape Architecture Korea, China and Japan. 2018
  • 佐々木邦博, 長井有紀. 長野市の松代城下町の池庭群を支えている水路網の近年の変化. 日本庭園学会誌. 2016. 30. 1-10
  • Tong Zhang, Songqiu Deng, Qianqian Ma, Kunihiro Sasaki. Evaluations of Landscape Locations along Trails Based on Walking Experiences and Distances Traveled in the Akasawa Forest Therapy Base, Central Japan. FORESTS. 2015. 6. 8. 2853-2878
書籍 (1件):
  • ランドスケープ遺産百選 中部編I
    2015
講演・口頭発表等 (8件):
  • 田園地域の道路沿いの屋外広告物の現状とその評価 ー伊那市西箕輪地区〜南箕輪村南原地区間の広域農道を対象としてー
    (平成30年度日本造園学会中部支部大会研究発表要旨 2018)
  • 都市公園の避難場所としての施設配備に実態と課題 ー静岡市を事例地としてー
    (平成30年度日本造園学会中部支部大会研究発表要旨 2018)
  • 国営公園においてイベントが来園者の公園評価に与える影響 ー国営アルプスあづみの公園を事例地としてー
    (平成30年度日本造園学会中部支部大会研究発表要旨 2018)
  • 都市居住者の身近な緑の認識と緑の満足度に関する研究 ー杉並区久我山地区を事例としてー
    (平成30年度日本造園学会中部支部大会研究発表要旨 2018)
  • 山岳景観を望むことができる車窓からのシークエンス景観の印象評価
    (平成29年度日本造園学会中部支部大会研究発表要旨 2017)
もっと見る
所属学会 (4件):
都市史学会 ,  日本造園学会 ,  日本庭園学会 ,  日本都市計画学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る