研究者
J-GLOBAL ID:200901042998834743   更新日: 2020年09月01日

森 弘樹

モリ ヒロキ | Mori Hiroki
所属機関・部署:
職名: 教授
研究キーワード (4件): skin cancer ,  皮膚悪性腫瘍 ,  顎顔面外科 ,  乳房再建
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2018 - 現在 皮膚・神経相互作用におけるTRPチャネルとミッドカインの役割の解明
  • 2018 - 2020 皮膚・神経相互作用におけるTRPチャネルとミッドカインの役割の解明
  • 2015 - 2018 脱神経皮弁における神経再生の機序の解明 -皮膚からのシグナルに着目して-
  • 2015 - 2017 脱神経皮弁における神経再生の機序の解明 -皮膚からのシグナルに着目して-
  • 2012 - 2015 非創傷部位への陰圧療法の可能性を探る 末梢神経再生・移植脂肪生着増加を目指して
全件表示
論文 (96件):
  • Usami Satoshi, Inami Kohei, Hirase Yuichi, Mori Hiroki. An ulnar parametacarpal perforator flap for volar digital soft tissue reconstruction. JOURNAL OF HAND SURGERY-EUROPEAN VOLUME. 2020. 1753193420939379
  • 森 弘樹. 乳房インプラント関連未分化大細胞型リンパ腫(Breast Implant Associated-Anaplastic Large Cell Lymphoma;BIA-ALCL)の知っておくべき要点. 乳癌の臨床. 2020. 35. 2. 103-111
  • 森 弘樹. 【外科系医師必読!形成外科基本手技30-外科系医師と専門医を目指す形成外科医師のために-】広背筋皮弁. PEPARS. 2020. 159. 235-239
  • 末岡 大輔, 田中 顕太郎, 末貞 伸子, 本間 勉, 須貝 明日香, 清水 寛章, 萩原 理生, 南 宗敬, 森 弘樹. 縦隔炎を併発し再建を余儀なくされた下顎骨骨髄炎の一例. 日本形成外科学会会誌. 2020. 40. 2. 79-79
  • 森脇 裕太, 森 弘樹, 本間 勉, 田中 顕太郎. エキスパンダーを挿入後の遊離腹部皮弁での乳房二期再建. 日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集. 2019. 46回. 147-147
もっと見る
MISC (9件):
  • 森 弘樹. 【ベーシック&アドバンス 皮弁テクニック】 広背筋皮弁. PEPARS. 2018. 135. 58-63
  • 岡崎 睦, 森 弘樹, 植村 法子, 田中 顕太郎. 傷が治る. お茶の水医学雑誌. 2015. 63. 1. 141-149
  • 岡崎 睦, 森 弘樹, 田中 顕太郎. 【研修医・外科系医師が知っておくべき形成外科の基本知識と手技】 ケロイド・肥厚性瘢痕治療の理論と実際 発生要因. 形成外科. 2012. 55. 増刊. S300-S304
  • 森 弘樹, 岡崎 睦. 【形成外科の治療指針update 2010】 頭頸部疾患 頭頸部の再建 上顎・頭蓋底切除後. 形成外科. 2010. 53. 増刊. S115-S115
  • 森弘樹, 植村法子. 【乳癌切除後の乳房再建 乳房インプラントvs皮弁再建】 Skin-sparing mastectomyと乳房一次再建. 形成外科. 2009. 52. 6. 677-684
もっと見る
書籍 (5件):
  • 第9章 腋臭症・多汗症の治療 形成外科治療手技全書VII美容医療
    克誠堂出版 2019
  • 外傷処理・小手技の技&Tips.
    メジカルビュー社 2016 ISBN:9784758313704
  • 乳房・乳頭の再建と整容:最近の進歩. 第2版
    克誠堂出版 2010 ISBN:9784771903661
  • QOLを考慮した乳房再建術の適応と術式を報告 ~SSM/NSM後の一期再建術~ 乳腺外科と形成外科の協力で優れた成績.
    Medical Tribune 2009
  • 形成外科医に必要な皮膚腫瘍の診断と治療.
    文光堂 2009 ISBN:9784830626302
講演・口頭発表等 (61件):
  • BIA-ALCL緊急セッション Device overview and prospect
    (第7回日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会 2019)
  • エキスパンダーを用いた二期再建による遊離腹部皮弁での乳房再建
    (第7回日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会 2019)
  • Cephalic view of breast helps to assess the patient’s satisfaction
    (Plastic Surgery The Meeting 2019 2019)
  • ブレスト・インプラント関連未分化大細胞型リンパ腫の要点と世界の動向
    (第31回東京医科歯科大学形成外科集談会 2019)
  • Axillary tail~外側の乳腺位置・形態についての術前MRIでの評価
    (第27回日本乳癌学会 2019)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1993 東京医科歯科大学
学位 (2件):
  • 医学博士 (東京医科歯科大学)
  • PhD (Tokyo Medical and Dental University)
経歴 (13件):
  • 2018/10/01 - 現在 東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 形成・再建外科学 教授
  • 2018/04/01 - 2018/09/30 東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 形成・再建外科学 講師
  • 2007/10/01 - 2018/09/30 東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 形成・再建外科学 講師
  • 2007/04/01 - 2007/09/30 東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 形成・再建外科学 助教
  • 2002/01/01 - 2007/03/31 東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 感覚・皮膚・運動機能診療部門 形成・美容外科 助手
全件表示
委員歴 (14件):
  • 2019/08 - 現在 日本形成外科学会 専門医認定委員会
  • 2019/08 - 現在 日本形成外科学会 ブレストインプラントガイドライン管理委員会 委員長
  • 2019/07 - 現在 日本創傷外科学会 評議員
  • 2019/04 - 現在 日本形成外科手術手技学会 理事
  • 2018/10 - 現在 日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会 BIA-ALCL対策WG 委員長
全件表示
受賞 (1件):
  • 2017/04 - 平成28年度学術奨励賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る