研究者
J-GLOBAL ID:200901043132583233   更新日: 2020年09月01日

田口 精一

TAGUCHI SEIICHI
研究キーワード (3件): 応用微生物学 ,  高分子化学 ,  生物機能・バイオプロセス
論文 (334件):
  • Matsumoto K, Saito J, Yokoo T, Hori C, Nagata A, Kudoh Y, Ooi T, Taguchi S. Ribulose-1,5-bisphosphate carboxylase/oxygenase (RuBisCO)-mediated de novo synthesis of glycolate-based polyhydroxyalkanoate in Escherichia coli. Journal of bioscience and bioengineering. 2019. 127. 8. 12-18
  • Goto S, Hokamura A, Shiratsuchi H, Taguchi S, Matsumoto K, Abe H, Tanaka K, Matsusaki H. Biosynthesis of novel lactate-based polymers containing medium-chain-length 3-hydroxyalkanoates by recombinant Escherichia coli strains from glucose. Journal of bioscience and bioengineering. 2019. 127. 7. 7-11
  • Goto S, Suzuki N, Matsumoto K, Taguchi S, Tanaka K, Matsusaki H. Enhancement of lactate fraction in poly(lactate-co-3-hydroxybutyrate) synthesized by Escherichia coli harboring the D-lactate dehydrogenase gene from Lactobacillus acetotolerans HT. The Journal of general and applied microbiology. 2019. 65. 2. 1-5
  • Hori C, Yamazaki T, Ribordy G, Takisawa K, Matsumoto K, Ooi T, Zinn M, Taguchi S. High-cell density culture of poly(lactate-co-3-hydroxybutyrate)-producing Escherichia coli by using glucose/xylose-switching fed-batch jar fermentation. Journal of bioscience and bioengineering. 2018. 127. 6. 1-5
  • Takenoya M, Taguchi S, Yajima S. Crystal structure and kinetic analyses of a hexameric form of (S)-3-hydroxybutyryl-CoA dehydrogenase from Clostridium acetobutylicum. Acta crystallographica. Section F, Structural biology communications. 2018. 74. Pt 11. 733-740
もっと見る
MISC (132件):
  • M. F. Chek, A. Hiroe, T. Hakoshima, K. Sudesh, S. Taguchi. PHA synthase (PhaC): Interpreting the function of bioplastic-producing enzyme from a structural perspective. Appl. Microbiol. Biotechnol. 2019. 103. 3. 1131-1141
  • 田口 精一. ファージディスプレイ法の登場による進化分子工学の大きな進展 - 知的な進化マシナリー -(特別解説 2018年ノーベル化学賞を読み解く 化学賞Part II、化学). 月刊化学. 2018. 73. 12. 17-20
  • 松本 謙一郎, 廣江 綾香, 田口 精一. オリゴマー分泌発見に基づいたポリ乳酸生産プロセスの短縮化. バイオサイエンスとインダストリー(バイオインダストリー協会). 2018. 76. 6. 462-466
  • 大井 俊彦, 松本 謙一郎, 田口 精一. 高分子科学最近の進歩 植物バイオマスから合成される高分子. 高分子 = High polymers, Japan : polymers. 2017. 66. 6. 296-300
  • T. Hiraishi, S. Taguchi. Enzymes catalyzing the synthesis and degradation of beta-linked biopolymers and their applications, Biodegradable Polymers: Recent Developments and New Perspectives. Mini-Reviews in Organic Chemistry. 2017. 14. 6. 1-32
もっと見る
書籍 (60件):
  • 非天然型ポリヒドロキシアルカン酸の分解性とその評価方法
    シーエムシー 2019
  • 多元ポリ乳酸:生分解性バイオマスプラスチックの食品包装材への展開
    包装食品技術協会誌「食品の包装」 特集:バイオプラスチック 2019
  • 「オリゴマー」が鍵:バイオプラスチックの生合成と生分解
    エヌティーエス 2019
  • 多元ポリ乳酸の合成/分解の交差点:「オリゴマー」
    シーエムシー 2019
  • 「多元ポリ乳酸」生合成の新展開:オリゴマー分泌発見 によるプロセス革新
    シーエムシー 2019
もっと見る
講演・口頭発表等 (82件):
  • バイオプラスチックの合成生物学=生合成 x 高分子化学(招待講演)
    (技術セミナー((公益社団法人)新化学技術推進協会のライフサイエンス技術部会・反応分科会) 2019)
  • Biodegradable and biocompatible polymers biosynthesized by sustainable integrated bioprocess (Plenary Lecture)
    (10th Edition of International Conference on Biofuels and Bioenergy, Barcelona, Spain 2019)
  • 多元ポリ乳酸を細胞培養基材とした軟骨組織形成(招待講演)
    (第5回 生命理工オープンイノベーションハブ(LiHub)、東京工業大学大岡山キャンパス、蔵前会館、ロイヤルブルーホール 2018)
  • 環境生体に調和するバイオプラスチックの合成生物学と機能部材化(招待講演)
    (群馬大学(招待講演)、群馬大学総合研究棟303教室(S303) 2018)
  • Biodegradable and biocompatible polymers biosynthesized by microbial platform from renewable feedstock (Invited Lecture)
    (BIT’s 9th World Gene Conversion-2018, Singapore 2018)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る