研究者
J-GLOBAL ID:200901043566325020   更新日: 2020年10月14日

半澤 誠司

Hanzawa Seiji
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://soc.meijigakuin.ac.jp/gakka/?p=1967
研究分野 (3件): 人文地理学 ,  地理学 ,  社会学
研究キーワード (9件): 都市 ,  東京 ,  産業集積 ,  労働市場 ,  取引関係 ,  創造産業 ,  文化産業 ,  コンテンツ産業 ,  経済地理学
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2017 - 現在 地方コンテンツ産業の勃興に動員される地域資源:非集積地によるイノベーション活性化
  • 2017 - 現在 ポスト成長期のオリンピックに関する地理学的研究-メガイベントを通じた都市変容分析
  • 2012 - 2015 コンテンツ産業の技術変容と地方分散
  • 2009 - 2010 デジタル化がもたらすコンテンツ業界全体の転換に関する、生産・流通・消費の一貫研究
  • 2004 - 2005 新興文化産業の地理的集積と地域政策の新展開
全件表示
論文 (14件):
  • 西野史子, 半澤誠司. イノベーション・エコシステムと地域・専門職労働-米国東部ボストン地区の事例-. 一橋社会科学. 2020. 12. 1-26
  • 日本のアニメーション産業の地理的動態. 2019. 33. 3/4
  • 誰のためのリオデジャネイロ五輪であったか?. E-journal GEO. 2018. 13. 1. 296-311
  • 日本のアニメーション産業における労働・制作環境悪化とその対処戦略:分業と立地の観点から. 文化経済学会<日本>年次大会 予稿集:2017フルペーパー. 2017
  • Seiji Hanzawa, Daisaku Yamamoto. Recasting the agglomeration benefits for innovation in a hits-based cultural industry: evidence from the Japanese console videogame industry. GEOGRAFISKA ANNALER SERIES B-HUMAN GEOGRAPHY. 2017. 99. 1. 59-78
もっと見る
MISC (10件):
  • 文化統計整備への期待. 統計. 2018. 69. 10. 15-20
  • 小山友介著『日本デジタルゲーム産業史』人文書院,2016年. 文化経済学. 2018. 15. 1. 128-130
  • U・Iターン者の語りからみる『田舎』と『都会』. 明治学院大学社会学部付属研究所研究所年報. 2017. 47. 29-73
  • 文化と経済,そして地理が出会うとき-文化(創造)産業研究は何を目指してきたのか-. 地理空間. 2015. 8. 1. 176-176
  • 日本のコンテンツ産業の特徴と立地. 地理・地図資料. 2014. 1学期号. 3-6
もっと見る
書籍 (11件):
  • 都市に集まる創造産業
    ミネルヴァ書房 2020
  • 文化産業
    原書房 2018 ISBN:9784562092116
  • コンテンツ産業とイノベーション-テレビ・アニメ・ゲーム産業の集積
    勁草書房 2016 ISBN:9784326504183
  • テレビ番組制作業の産業集積
    ナカニシヤ出版 2015 ISBN:9784779510113
  • 地域分析ハンドブック-Excelによる図表づくりの道具箱
    ナカニシヤ出版 2015 ISBN:9784779509179
もっと見る
講演・口頭発表等 (30件):
  • Mega-events, a catalyst for the reinforcement of existing political and economic dynamics: lessons for Tokyo from Rio de Janeiro
    (IGU2018 Regional Conference 2018)
  • 日本のアニメーション産業における労働・制作環境悪化とその対処戦略:分業と立地の観点から
    (文化経済学会<日本>年次大会 2017)
  • 日本のアニメ産業が直面している危機とは何か?:対処法としての地方立地戦略
    (ボストン日本人研究者交流会:第153回講演会 2017)
  • The new trend of the locational patterns in the Japanese animation industry: escape from the lock-in effects within the Tokyo cluster
    (New England Regional Conference for AAS 2017)
  • 文化(創造)産業研究のこれまでとこれから
    (日本地理学会2015年度秋季学術大会 2015)
もっと見る
Works (5件):
  • 境界領域で学ぶ
    2020 -
  • 「都市・社会とオリンピック」特集発刊の辞
    2020 -
  • ボストンと繋がる。
    2017 -
  • デジタル化がもたらすコンテンツ業界全体の転換に関する,生産・流通・消費の一貫研究-音楽業界における消費者調査から-
    生稲史彦, 勝又壮太郎, 一小路武安, 半澤誠司, 和田剛明, 野島美保 2010 -
  • テレビ番組制作業の企業経営-番組制作外注と著作権管理
    2007 -
学歴 (3件):
  • 2003 - 2007 東京大学 広域科学専攻
  • 2001 - 2003 東京大学 広域科学専攻
  • 1997 - 2001 東京大学 地学科地理学課程
学位 (6件):
  • 理学士 (東京大学)
  • 学術修士 (東京大学)
  • 学術博士 (東京大学)
  • Bachelor of Science (The University of Tokyo)
  • Master of Arts and Science (The University of Tokyo)
全件表示
経歴 (4件):
  • 2019/04/01 - 現在 明治学院大学 社会学部 社会学科 教授
  • 2012/04/01 - 2019/03/31 明治学院大学 社会学部 社会学科 准教授
  • 2009/04/01 - 2012/03/31 明治学院大学 社会学部 社会学科 専任講師
  • 2007/11 - 2009/03 大阪市立大学 都市研究プラザ G-COE 「文化創造と社会的包摂に向けた都市の再構築」博士研究員
委員歴 (13件):
  • 2020/09 - 現在 Japanese Association for Cultural Economics
  • 2020/09 - 現在 文化経済学会 理事
  • 2020/06 - 現在 経済地理学会 編集委員会委員長
  • 2018/06 - 現在 経済地理学会 評議員
  • 2018/06 - 現在 経済地理学会 常任幹事
全件表示
受賞 (1件):
  • 2017/02 - 一般社団法人 商工総研 平成28年度 中小企業研究奨励賞 準賞 (著書『コンテンツ産業とイノベーション』に対して)
所属学会 (4件):
文化経済学会 ,  人文地理学会 ,  経済地理学会 ,  日本地理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る