研究者
J-GLOBAL ID:200901043623851140   更新日: 2020年08月30日

大石 和代

オオイシ カズヨ | Ooishi Kazuyo
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 臨床看護学
研究キーワード (2件): 助産学 ,  midwifery
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 1999 - 助産の歴史研究
  • 1986 - 妊娠・出産・育児期の女性・家族への支援
  • -
論文 (30件):
  • 小倉志保,秦実紗希,チタマ朋香,大石和代,中尾理恵子,本田純久. 産褥早期における大腿四頭筋筋力訓練の効果. 日本健康学会誌85付録. 2019. 162-163
  • チタマ朋香,小倉志保,秦実紗希,大石和代,中尾理恵子. 妊婦の栄養素及び食品摂取量と切迫早産徴候出現との関連. 日本健康学会誌85付録. 2019. 156-157
  • 秦実紗希,小倉志保,チタマ朋香,大石和代,中尾理恵子,本田純久. 30代・40代女性の骨密度とその関連因子. 日本健康学会誌85付録. 2019. 86-87
  • 大石 和代, 山本直子, 中尾優子. 35歳以上の母親がどのようにして母乳栄養を継続できたのか?-母乳栄養開始から終了までの縦断的研究-. 母性衛生. 2018. 58. 4. 625-632
  • 大石 和代, 山本直子, 松本彩, 永橋美幸, 江藤宏美. 在日女子留学生の月経前症候群に関連する医学的社会的要因の検討. 母性衛生. 2017. 58. 2. 287-295
もっと見る
MISC (72件):
書籍 (7件):
  • 母性看護の実践,ナーシンググラフィカ母性看護学2
    小林康江,中込さと子小林康江,荒木奈緒(編)メディカ出版,大阪 2019
  • 概論・リプロダクティブヘルスと看護,ナーシンググラフィカ母性看護学1
    中込さと子,小林康江,荒木奈緒(編)メディカ出版,大阪 2019
  • 長崎県離島の開業助産婦.(「地域保健の原点を探る-戦後日本の事例から学ぶプライマリヘルスケア」
    杏林書院,東京 2018
  • 母性看護に関する法律,子育て支援に関する法律,外国人妊産婦,母性看護実践の基本
    メディカ出版,大阪 2016
  • 公衆衛生学 第3版 竹本泰一郎・齋藤寛編
    講談社サイエンティフィック 1999
もっと見る
講演・口頭発表等 (6件):
  • Construction of a Measurement Instrument for Menopause Symptoms of Climacteric Women : Comparison between Korean and Japanese Women
    (The 5th International Nursing Conference 2005)
  • Trends in infant birth sizes in Japan by age in the years 1963-1988
    (27th Congress of the International Confederation of Midwives 2005)
  • Childbirth-related traditional customs in Japan and Korea
    (26th International Confederation of Midwives 2002)
  • Trial Maternity and Child Health Care Program on a small Island in Japan
    (25th Congress of the International Confederation of Midwives 1999)
  • LONG-TERM QUALITY OF LIFE IN PATIENTS AFTER MASTECTOMY
    (10th International Conference on Cancer Nursing 1998)
もっと見る
Works (13件):
  • 母性愛を育む看護介入法を探求する-脳科学的基盤の解明から-
    2010 - 2014
  • 産褥早期における乳房硬結発生への超音波診断の有効性
    2009 - 2012
  • 長期的葉酸摂取の把握を通じたダウン症候群リスク低減に向けた分子疫学研究
    2009 - 2012
  • 社会的不利条件下の女性と子供のヘルスリテラシー向上のための地域エフィカシー要件
    2009 - 2012
  • 国際協力機構「大洋州地域 地域保健看護師のための「現場ニーズに基づく現任研修」強化プロジェクト(第1年次)」
    2011 -
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1998 長崎大学 経済経営政策
  • - 1998 長崎大学
  • - 1991 佛教大学 社会福祉学科
  • - 1991 佛教大学
学位 (2件):
  • 修士(経済学) (長崎大学)
  • 博士(医学) (長崎大学)
経歴 (10件):
  • 2006 - 現在 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科保健学専攻 教授
  • 2006 - 2011 Professor,Health Sciences,Health Sciences,Graduate School of Biomedical Sciences,Nagasaki University
  • 2001 - 2006 長崎大学医学部保健学科看護学専攻 教授
  • 2001 - 2006 Professor
  • 1997 - 2001 長崎大学医療技術短期大学部専攻科助産学特別専攻 助教授
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2013/01 - 現在 日本熱帯医学会 評議員
  • - 現在 長崎いのちを大切にする会 顧問
  • - 現在 長崎県総合公衆衛生研究会 役員
  • 2008 - 2010 日本助産学会 評議員
受賞 (3件):
  • 2018 - 日本農村医学会 平成30年度研究奨励賞(英文誌:医師・研究者部門)
  • 2005 - 日本生理人類学会 優秀論文賞
  • Journal of Rural Medicine 研究奨励賞 Associations among anthropometric measures, food consumption, and quality of life in school-age children in Tanzania.
所属学会 (8件):
日本看護歴史学会 ,  日本国際保健医療学会 ,  日本生理人類学会 ,  日本公衆衛生学会 ,  日本母性衛生学会 ,  日本助産学会 ,  Japan Society of Nursing History ,  Japan Association for International Health
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る