研究者
J-GLOBAL ID:200901043720560614   更新日: 2021年01月13日

日比野 由利

ヒビノ ユリ | YURI HIBINO
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (2件): http://hibino.w3.kanazawa-u.ac.jphttp://hibino.w3.kanazawa-u.ac.jp/saisentan/
研究分野 (3件): ジェンダー ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  医療管理学、医療系社会学
研究キーワード (1件): 社会学、公衆衛生学
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2018 - 2021 卵子提供・代理出産に関わる当事者への支援と生殖補助医療の法制化に向けた課題
  • 2019 - 2021 生殖補助医療の国際的ガバナンスに向けた比較研究
  • 2015 - 2018 精子・卵子・代理母出産の国際取引と家族形成
  • 2015 - 2015 諸外国の生殖補助医療における法規制の時代的変遷に関する研究
  • 2014 - 2015 アジアにおける生殖補助医療とグローバル規制
全件表示
論文 (65件):
もっと見る
MISC (6件):
もっと見る
書籍 (21件):
  • 医事法辞典
    信山社 2018 ISBN:9784797270150
  • 生殖テクノロジーとヘルスケアを考える研究会 報告書 VII 生殖補助医療のフィールドワーク
    2017
  • Handbook of gestational surrogacy: international clinical practice &policy issues
    2016 ISBN:9781107112223
  • 諸外国の生殖補助医療における法規制の時代的変遷に関する研究 : 平成27年度厚生労働省子ども・子育て支援推進調査研究事業
    金沢大学医薬保健研究域医学系 環境生態医学・公衆衛生学 2016
  • 「ハイブリッドな親子」の社会学 : 血縁・家族へのこだわりを解きほぐす
    青弓社 2016 ISBN:9784787234070
もっと見る
講演・口頭発表等 (49件):
  • 卵子ドナー、代理母、依頼親、子どもたちのコミュニティ
    (卵子提供・代理出産で家族をつくる(第7回) 2019)
  • 子どもの知る権利について
    (シンポジウム3「第三者の関わる生殖医療の未来」 2019)
  • アジアの生殖補助医療-生殖医療ツーリズムの拡大から廃止、法制度化へ-
    (シンポジウム アジアのリプロダクションは今 生殖補助医療とジェンダー 2019)
  • 女性の役割と日本社会-これまでに行った研究から考えたこと
    (女性研究者フォーラム 女性社会学者として「女性」の研究をするということ 2019)
  • 海外での治療、検討すべきポイント
    (卵子提供・代理出産で家族をつくる(第6回) 2019)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(保健学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る