研究者
J-GLOBAL ID:200901043807928634   更新日: 2020年10月05日

田口 茂

タグチ シゲル | Taguchi Shigeru
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (1件): 哲学、倫理学
研究キーワード (10件): 差異 ,  神経科学 ,  自己意識 ,  意識 ,  自己 ,  日本哲学 ,  現象学 ,  媒介 ,  間主観性 ,  自我
競争的資金等の研究課題 (23件):
  • 2020 - 2023 意識変容の現象学--哲学・数学・神経科学・ロボティクスによる学際的アプローチ
  • 2018 - 2021 無の哲学的意義--現代西洋と日本の思想におけるニヒリズムとその克服
  • 2017 - 2020 「現実」概念の現象学的・媒介論的再定義--現象学・近代日本哲学・意識の科学
  • 2016 - 2019 科学と宗教--日本哲学の観点から
  • 2014 - 2019 間文化性の理論的・実践的探求--間文化現象学の新展開
全件表示
論文 (65件):
  • 田口 茂, 大塚 淳, 西郷 甲矢人. <特別寄稿>現象学的明証論と統計学--経験の基本的構造を求めて. 哲学論叢. 2020. 47. 47. 20-34
  • 田口 茂, 西郷甲矢人. 圏論による現象学の深化--射の一元論・モナドロジー・自己. 現代思想. 2020. 48. 9. 202-214
  • Shigeru Taguchi. Mediation-based phenomenology: Neither subjective nor objective. Metodo: International Studies in Phenomenology and Philosophy. 2019. 7. 2. 17-44
  • Shigeru Taguchi. Extreme obviousness and the "zero-person" perspective: Why is the problem of the "primal I" fundamental for transcendental phenomenology?. Metodo: International Studies in Phenomenology and Philosophy. 2019. s1.3. 15-37
  • 田口 茂. ベイズ理論から帰結する現実観の変容--浅井論文へのコメント. 心理学評論. 2019. 62. 1. 16-24
もっと見る
MISC (26件):
  • 田口 茂. シンポジウム報告「絶対無--西田哲学と田辺哲学」. 西田哲学会会報. 2019. 17. 3-5
  • 田口 茂. ビーストで疑似体験する奇妙な感覚. テオ・ヤンセン展図録. 2019
  • 田口 茂. 事典項目「E・フッサール」「K・ヘルト」「D・マーンケ」. ドイツ哲学・思想事典. 2019
  • 島崎 秀昭, 吉田 正俊, 田口 茂, 磯村 拓哉, 田中 琢真, 大羽 成征, 乾 敏郎. 特集「自由エネルギー原理入門」. 日本神経回路学会誌. 2018. 25. 3. 51-52
  • 田口 茂. 解説. 新田義弘著『現象学』. 2013
もっと見る
書籍 (19件):
  • Tetsugaku Companion to Phenomenology and Japanese Philosophy
    Springer 2020 ISBN:9783030219413
  • 「現実」とは何か : 数学・哲学から始まる世界像の転換
    筑摩書房 2019 ISBN:9784480016904
  • New Phenomenological Studies in Japan
    Springer 2019 ISBN:9783030118921
  • The Realizations of the Self
    Palgrave Macmillan 2018 ISBN:9783319946993
  • 交域する哲学
    月曜社 2018 ISBN:9784865030617
もっと見る
講演・口頭発表等 (89件):
  • Mediation-based phenomenology: Neither subjective nor objective
    (第24回中国現象学会年会 2019)
  • Extreme Obviousness and the ‘Zero-Person’ Perspective
    (Self and Obviousness 2019)
  • The Mediating Nature of the Given: A Phenomenology of the Triadic Evidence
    (Demystifying the Given 2019)
  • Free energy principle and visual consciousness
    (2019 年度 生理学研究所研究会 「認知神経科学の先端 脳の理論から身体・世界へ」 2019)
  • Mediation-based Approach to Evidence: Husserl and Beyond
    (The 4th Annual Conference of the East Asian Network for Phenomenology 2019)
もっと見る
Works (5件):
  • Implications of phenomenological account of ego for theory of truth and reason: From Husserlian perspective
    2010 -
  • 板橋勇仁『歴史的現実と西田哲学』合評会、評者
    2009 -
  • Commentator: Youn Houn Chung: A.N.Whitehead’s Ideas of Peace
    2008 -
  • 村上靖彦『自閉症の現象学』合評会コメンテーター
    2008 -
  • Commentator: Youn Houn Chung: A.N.Whitehead's Ideas of Peace
    2008 -
学歴 (4件):
  • 1998 - 2003 ヴッパータール大学(Bergische Universitaet Wuppertal) 哲学専攻(Philosophie)博士課程
  • 1993 - 2003 早稲田大学大学院 哲学専攻博士後期課程
  • 1991 - 1993 早稲田大学大学院 哲学専攻修士課程
  • 1987 - 1991 早稲田大学 哲学科哲学専修
学位 (1件):
  • Dr.phil.(哲学博士) (ドイツ・ヴッパータール大学)
経歴 (23件):
  • 2019/07 - 現在 量子科学技術研究開発機構 量子生命科学領域量子認知脳科学グループ 客員研究員
  • 2019/07 - 現在 北海道大学 人間知・脳・AI研究教育センター センター長
  • 2019/04 - 現在 日本学術振興会 学術システム研究センター 専門研究員
  • 2019/04 - 現在 北海道大学 大学院文学研究院 教授
  • 2019/09 - 2019/09 京都大学 大学院文学研究科・文学部 非常勤講師(集中講義)
全件表示
委員歴 (14件):
  • 2018/07 - 現在 西田哲学会 理事
  • 2016/12 - 現在 Journal of World Philosophies Advisory Board
  • 2015/07 - 現在 The Philosophical Association of Japan executive committee member
  • 2015/03 - 現在 Acta Mexicana de Fenomenología Honorary Member of the Scientific Committee
  • 2012/06 - 現在 Metodo. International Studies in Phenomenology and Philosophy Scientific Board
全件表示
所属学会 (6件):
応用哲学会 ,  北海道哲学会 ,  西田哲学会 ,  日本ホワイトヘッド・プロセス学会 ,  日本哲学会 ,  日本現象学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る