研究者
J-GLOBAL ID:200901044237892700   更新日: 2020年06月07日

中馬 孝容

チュウマ タカヨ | Chuma Takayo
所属機関・部署:
職名: 医師
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (5件): リハビリテーション科学 ,  医療薬学 ,  生理学 ,  神経科学一般 ,  神経科学一般
研究キーワード (4件): リハビリテ-ション医学 ,  神経・筋肉生理学 ,  rehabilitation and physical medicine ,  neuro-musculor. physiology
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2004 - 2005 随意運動遂行障害に対する連続経頭蓋磁気刺激を用いた臨床応用
  • パーキンソン病への経頭蓋連続磁気刺激の効果に関する運動学的解析
  • 磁気刺激における脊髄小脳変性症の検討
  • 磁気刺激による筋収縮のパタ-ン
  • The effect of repetitive transcranial magnetic simulation in Parkinson's disease
全件表示
MISC (91件):
書籍 (14件):
  • パーキンソン病のリハビリテーション、pp57-61(田代邦雄編)
    医薬ジャーナル社 2008
  • 4.障害別のパス:肩の問題、pp172-176(監修:社団法人日本リハビリテーション医学会:脳卒中リハビリテーション連携パス、基本と実践のポイント)
    医学書院 2007
  • 32パーキンソン病、pp417-425(井上一、武藤芳照、福田濶編著:改定第4版運動療法ガイド)
    日本医事新報社 2006
  • 第10章神経筋疾患リハビリテーションの新しい流れ、第2節パーキンソン病のリハビリテーション-ガイドラインの動向-、pp228-233(編集主幹:里宇明元、才藤栄一、出江紳一:リハビリテーション医学の新しい流れ)
    先端医療技術研究所 2005
  • 第IV章8パーキンソン病、pp178-181(眞野行生、辻貞俊編集:磁気刺激法の基礎と応用)
    医歯薬出版 2005
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1990 奈良県立医科大学 医学
  • - 1990 奈良県立医科大学
所属学会 (5件):
神経治療学会 ,  日本内科学会 ,  日本脳波・筋電図学会 ,  日本神経学会 ,  日本リハビリテ-ション学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る