研究者
J-GLOBAL ID:200901044260028567   更新日: 2020年11月16日

山口 浩靖

ヤマグチ ヒロヤス | Yamaguchi Hiroyasu
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.chem.sci.osaka-u.ac.jp/lab/yamaguchi/http://www.chem.sci.osaka-u.ac.jp/lab/yamaguchi/english/index.html
研究分野 (5件): 生体化学 ,  機能物性化学 ,  高分子化学 ,  ナノバイオサイエンス ,  ナノ材料科学
研究キーワード (3件): 生体高分子化学 ,  超分子科学 ,  生体機能関連化学
論文 (166件):
  • Subaru Konishi, Yu Kashiwagi, Go Watanabe, Motofumi Osaki, Takuya Katashima, Osamu Urakawa, Tadashi Inoue, Hiroyasu Yamaguchi, Akira Harada, Yoshinori Takashima. Design and mechanical properties of supramolecular polymeric materials based on host-guest interactions: the relation between relaxation time and fracture energy. Polymer Chemistry. 2020. in press
  • Catur Jatmika, Kazumo Wakabayashi, Ryosei Tamaki, Naoki Akiyama, Ibuki Nakamura, Shun Hirota, Hiroyasu Yamaguchi, Takashi Matsuo. Ligand Exchange Strategy for Delivery of Ruthenium Complex Unit to Biomolecules Based on Ruthenium-olefin Specific Interactions. Chemistry Letters. 2020. in press
  • Junsu Park, Shunsuke Murayama, Motofumi Osaki, Hiroyasu Yamaguchi, Akira Harada, Go Matsuba, Yoshinori Takashima. Extremely Rapid Self-Healable and Recyclable Supramolecular Materials through Planetary Ball Milling and Host-Guest Interactions. Advanced Materials. 2020. 2002008
  • Hinako Tsuchiya, Garry Sinawang, Taka-Aki Asoh, Motofumi Osaki, Yuka Ikemoto, Yuji Higuchi, Hiroyasu Yamaguchi, Akira Harada, Hiroshi Uyama, Yoshinori Takashima. Supramolecular biocomposite hydrogels formed by cellulose and host-guest polymers assisted by calcium ion complexes. Biomacromolecules. 2020. 21. 9. 3936-3944
  • Garry Sinawang, Motofumi Osaki, Yoshinori Takashima, Hiroyasu Yamaguchi, Akira Harada. Biofunctional hydrogels based on host-guest interactions. Polymer Journal. 2020. 52. 8. 839-859
もっと見る
MISC (103件):
  • 山口浩靖, 原田明. モノクローナル抗体を用いたキラル分離・可視化システム. 高分子. 2018. 67. 7
  • 山口 浩靖. 元素ブロック導入ソフトマテリアルの自己組織化. 元素ブロック高分子-有機-無機ハイブリッド材料の新概念-. 2015. 246-261
  • 山口 浩靖. 人工金属酵素の超分子的機能化. 2014. 238-248
  • 山口 浩靖. 自己組織化・自己集合性. 2014. 10-20
  • Yamaguchi,H, Harada,A. Polyrotaxanes: Synthesis, Structure, and Chemical Properties. Encyclopedia of Polymeric Nanomaterials. 2014
もっと見る
特許 (4件):
書籍 (12件):
  • 高分子学会 「高分子」9月号 「賢い高分子」
    高分子学会 ISSN0454-1138 2020
  • 機能高分子金属錯体 第3章「生体機能高分子錯体」
    三共出版 2020
  • Mechanical Polymeric Materials Based on Cyclodextrins as Artificial Muscles (Chapter 7) in Mechanically Responsive Materials for Soft Robotics
    Wiley-VCH 2019 ISBN:9783527346202
  • "Polycatenanes" in "Encyclopedia of Polymeric Nanomaterials"
    Springer-Verlag Berlin Heidelberg 2014
  • "Polyrotaxanes: Synthesis, Structure, and Chemical" in "Encyclopedia of Polymeric Nanomaterials"
    Springer-Verlag Berlin Heidelberg 2014
もっと見る
講演・口頭発表等 (9件):
  • 分子認識に基づく機能開拓-生体系と人工系のコラボレーション-
    (関東高分子若手研究会 2020 ミニシンポジウム「高分子の構造制御と機能開拓」 2020)
  • 熱応答性高分子を用いた酵素反応制御
    (第14回バイオ関連シンポジウム2020 2020)
  • 生体高分子と遷移金属錯体または合成高分子とのハイブリッド化による機能性超分子触媒の合成
    (第25回 産学高分子研究会 2020)
  • パラジウム錯体に結合するモノクローナル抗体を利用した不斉触媒システムの創製
    (第30回バイオ・高分子シンポジウム 2020)
  • Stereoselective carbon-carbon bond formation using a monoclonal antibody as a reaction field
    (日本化学会第100春季年会 (開催中止回・要旨発行) 2020)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1995 - 1998 大阪大学 高分子学専攻 博士後期課程
  • 1993 - 1995 大阪大学 高分子学専攻博士前期課程
  • 1989 - 1993 大阪大学 高分子学科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (大阪大学)
経歴 (6件):
  • 2020/11 - 現在 大阪大学先導的学際研究機構 触媒科学イノベーション研究部門 兼任
  • 2013/04 - 現在 大阪大学大学院理学研究科 生物科学専攻 兼任 (協力講座)
  • 2012/12 - 現在 大阪大学大学院理学研究科 高分子科学専攻 教授
  • 2012/01 - 2012/11 大阪大学大学院理学研究科 高分子科学専攻 准教授
  • 2009/09 - 2011/12 大阪大学大学院理学研究科 高分子科学専攻 講師
全件表示
委員歴 (13件):
  • 2020/10 - 現在 シクロデキストリン学会 理事
  • 2020/06 - 現在 高分子学会関西支部 常任幹事
  • 2020/06 - 現在 高分子学会 出版委員会 委員
  • 2019/09 - 現在 日本化学会生体機能関連化学部会 幹事
  • 2019/07 - 現在 高分子学会 バイオ・高分子研究会 運営委員会 委員
全件表示
受賞 (11件):
  • 2018/06 - 日本素材物性学会 山崎賞 モノクローナル抗体を用いたセンシング・触媒システム
  • 2015/07 - 大阪大学 第4回大阪大学総長奨励賞
  • 2014/07 - 大阪大学 第3回大阪大学総長奨励賞
  • 2013/02 - 日本化学会 BCSJ賞 爆発物質TATPに対するモノクローナル抗体の開発
  • 2011/11 - 大阪大学大学教育実践センター 大阪大学共通教育賞
全件表示
所属学会 (8件):
シクロデキストリン学会 ,  アメリカ化学会 ,  高分子学会 ,  日本化学会 ,  The Society of Cyclodextrins, Japan ,  The American Chemical Society ,  The Society of Polymer Science, Japan ,  The Chemical Society of Japan
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る