研究者
J-GLOBAL ID:200901044348167729   更新日: 2020年08月30日

小林 武彦

コバヤシ タケヒコ | Kobayashi Takehiko
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://lafula-com.info/kobayashiken/CytoGen/
研究分野 (2件): 分子生物学 ,  分子生物学
研究キーワード (5件): 分子遺伝学 ,  分子老化学 ,  ゲノム生物学 ,  分子生物学 ,  Molecular genetics
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 酵母リボソームRNA反復遺伝子の安定化機構の解析
  • 酵母rRNA遺伝子間に存在するDNA複製阻害点の機能解析
  • Mechanism for stabilization of the ribosomal RNA gene repeats in yeast.
  • Analysis of DNA replication fork blocking activity in the rRNA gene cluster in yeast
論文 (33件):
  • Iida T, Kobayashi T. RNA polymerase I activators count and adjust ribosomal RNA gene copy number. Mol Cell. 2019. 73
  • Hizume K, Endo S, Muramatsu S, Kobayashi T, Araki H. DNA polymerase ε-dependent modulation of the pausing property of the CMG helicase at the barrier. Genes & development. 2018. 32. 19-20. 1315-1320
  • Mostofa MG, Rahman MA, Koike N, Yeasmin AM, Islam N, Waliullah TM, Hosoyamada S, Shimobayashi M, Kobayashi T, Hall MN, et al. CLIP and cohibin separate rDNA from nucleolar proteins destined for degradation by nucleophagy. The Journal of cell biology. 2018. 217. 8. 2675-2690
  • Mariko Sasaki, Takehiko Kobayashi. Ctf4 Prevents Genome Rearrangements by Suppressing DNA Double-Strand Break Formation and Its End Resection at Arrested Replication Forks. MOLECULAR CELL. 2017. 66. 4. 533-+
  • Takehiko Kobayashi, Mariko Sasaki. Ribosomal DNA stability is supported by many 'buffer genes'-introduction to the Yeast rDNA Stability Database. FEMS YEAST RESEARCH. 2017. 17. 1
もっと見る
MISC (53件):
特許 (1件):
  • 外来遺伝子の増幅方法
書籍 (39件):
  • 染色体の新常識
    実験医学別冊 羊土社 2018
  • 遺伝学はこんなに面白い
    遺伝 NTS 2018
  • 研究生活・キャリアの悩みをひもとく
    実験医学 羊土社 2017
  • 遺伝単
    NTS 2017
  • DNAの98%は謎 : 生命の鍵を握る「非コードDNA」とは何か
    講談社 2017 ISBN:9784065020340
もっと見る
講演・口頭発表等 (59件):
  • 哺乳動物細胞のリボソームRNA遺伝子に存在するreplication fork barrierの解析
    (日本遺伝学会第85回大会 2013)
  • 出芽酵母rDNAで生じたDSBは核膜孔周辺で修復される
    (日本遺伝学会第85回大会 2013)
  • 出芽酵母の鋳型DNA鎖修復機構
    (日本遺伝学会第85回大会 2013)
  • Noncoding transcription regulates senescence in yeast
    (Evolution of non-coding DNA 2013)
  • 非コードの転写と細胞老化
    (酵母遺伝学フォーラム第46回研究報告会 2013)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1992 九州大学 分子生命科学
  • - 1992 九州大学
学位 (1件):
  • 博士(理学) (九州大学)
経歴 (6件):
  • - 現在 東京大学定量生命科学研究所 教授
  • 東京大学分子細胞生物学研究所 教授
  • 米国国立衛生研究所
  • ロッシュ分子生物学研究所
  • 情報・システム研究機構 国立遺伝学研究所 教授
全件表示
委員歴 (8件):
  • 2019 - 現在 生物科学学会連合 代表
  • 2017 - 現在 日本遺伝学会 会長
  • - 現在 (公財)応用微生物学・分子細胞生物学研究奨励会 理事
  • - 現在 (公財)大隅科学創成財団 理事
  • - 現在 (公財)遺伝学普及会 代表理事
全件表示
受賞 (7件):
  • 2018 - (公財)遠州頌徳会 遺伝学大賞奨励賞
  • 2016 - 日本遺伝学会 木原賞
  • 2012 - 第29回井上学術賞 「遺伝子増幅の分子機構の全容解明と癌化や老化との関係性の発見」
  • 2012 - 平成24年度科学技術分野の文部科学大臣表彰科学技術賞(研究部門)を受賞 「細胞内の遺伝子増幅機構及びその生理作用の研究」
  • 2007 - GGS Prize 2007
全件表示
所属学会 (3件):
酵母遺伝学フォーラム ,  日本遺伝学会 ,  日本分子生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る