研究者
J-GLOBAL ID:200901044351721044   更新日: 2020年09月01日

VENKATESH RAGHAVAN

ベンカテッシュ ラガワン | Raghavan Venkatesh
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (9件):
  • 大阪市立大学  工学研究科   教授
  • 大阪市立大学  都市防災教育研究センター   兼任研究員
  • 大阪市立大学  大学院 創造都市研究科   教授
  • Osaka City University  Graduate School of Engineering   Professor
  • Osaka City University  Graduate school of Creative Cities   Professor
全件表示
ホームページURL (1件): http://www.media.osaka-cu.ac.jp/~raghavan
研究分野 (3件): 固体地球科学 ,  地理学 ,  固体地球科学
研究キーワード (3件): Spatial Information Science ,  リモートセンシング ,  空間情報学
競争的資金等の研究課題 (39件):
  • 2017 - 2018 公立大学防災センター連携によるコミュニティ防災システムの構築
  • 2017 - 2018 公立大学防災センター連携によるコミュニティ防災システムの構築
  • 2016 - 2018 WebGIS3次元地質モデラーを効率的に活用するための地層対比支援システムの開発
  • 2016 - 2018 WebGIS3次元地質モデラーを効率的に活 用するための地層対比支援システムの開発
  • 2016 - 2017 北部ベトナムの都市における人間活動が与える地形環境への影響評価
全件表示
論文 (107件):
  • Pavithra Jayasinghe, Venkatesh Raghavan, Go Yonezawa. Spatio-Temporal Growth Pattern Analysis and Urban Simulation in Colombo City Using Open Source Software Tools - Application of Futures Simulation Model. 40th Asian Conference on Remote Sensing (ACRS2019). 2019. 1-9
  • Chen, H, Xu, C, Raghavan, V, Song, X. Exploring Human Spatio-Temporal Travel Behavior Based on Cellular Network Data: A Case Study of Hangzhou, China. International Journal of Geoinformatics. 2019. 15. 3. 1-14
  • Xuan Luan Truong, Xuan Quang Truong, Tuan Anh Nguyen, Raghavan Venkatesh, Chi Cong Nguyen. Development of HUMGEOSTAT: A New Geological Tool for Geostatistical Analysis of Mineral Deposit: A Case Study at Sin Quyen Mine (Northern Vietnam). JOURNAL OF THE GEOLOGICAL SOCIETY OF INDIA. 2019. 93. 5. 574-582
  • Do, H.T, Raghavan, V, Truong, L.X, Yonezawa, G. Multi-scale object-based fuzzy classification for LULC mapping from optical satellite images. Spatial Information Research. 2019. 27. 2. 247-257
  • Do, H.T, Raghavan, V, Yonezawa, G. Pixel-based and Object-Based Terrace Extraction using Feed-forward Deep Neural Network. ISPRS Annals of the Photogrammetry, Remote Sensing and Spatial Information Sciences. 2019. IV-3. 1-7
もっと見る
MISC (174件):
  • 升本 眞二, 根本 達也, 櫻井 健一, 野々垣 進, ベンカテッシュ ラガワン. ボーリングデータを用いた3次元地質モデリングのための地層対比支援システムの検討. 第29回日本情報地質学会講演会講演要旨集. 2018. 41-42
  • RAGHAVAN V. Leveraging OSGeo Ecosystem for Citizen Science. ISPRS Summer School, Indian Institute of Remote Sensing. 2017. 56-65
  • 升本 眞二, 根本 達也, 櫻井 健一, ベンカテッシュ ラガワン, 野々垣 進. 3次元地質モデリングシステムを有効活用するための地層対比支援システムの検討. 日本地質学会第124年学術大会講演要旨. 2017
  • Go Yonezawa, Susumu Nonogaki, Muneki Mitamura, Kenichi Sakurai, Luan Xuan Truong, Shinji Masumoto, Tatsuya Nemoto, Venkatesh Raghavan. Utilization of Elevation and Borehole Data of Hanoi City, Vietnam -Construction of 3D Geological Model-. Proc. GIS-IDEAS 2016. 2016. 190-196
  • Tuan Tran, Venkatesh Raghavan, Song Xianfeng, De N.V, Tung L.H. SOIL PROPERTIES MAPPING USING A SOIL LAND INFERENCE MODEL (SoLIM) IN SOUTHERN VIETNAM: A CASE STUDY IN BINH PHUOC PROVINCE. Proc. GIS-IDEAS 2016. 2016. 178-182
もっと見る
書籍 (26件):
  • Proc. Intl. FOSS4G-Asia 2018 Conference
    Geoinformatics International and Bhumi 2018
  • Proc. Intl. Symp. On GeoInformatics for Spatial-Infrastructure Development in Earth and Allied Sciences (GIS-IDEAS2018)
    Japan-Vietnam Geoinformatics Consortium (JVGC) 2018
  • Proc. Intl. Symp. On GeoInformatics for Spatial-Infrastructure Development in Earth and Allied Sciences (GIS-IDEAS2016)
    Japan-Vietnam Geoinformatics Consortium (JVGC) 2016
  • Proc. FOSS4G-2015, Seoul, Korea
    2015
  • Special Issue FOSS4G-Asia 2014, International Journal of Geoinformatics
    GeoInformatics International Journal 2015
もっと見る
講演・口頭発表等 (313件):
  • Beyond the Jargon: FOSS4G, OSGeo, Geo4All and ME4E
    (International Cartographic Conference 2019 2019)
  • Leveraging Libre/Free & Open Ecosystem for Spatial Informatics and Analytics
    (STAR Seminar 2019)
  • Integrated Web and Mobile GIS Service Oriented Platform
    (OSGeo.TH Workshop 2019)
  • Leveraging the Open Geospatial Ecosystem for Urban Management and Disaster Mitigation
    (FD Program on Geoinformatics 2019)
  • Leveraging the Open Geospatial Ecosystem for Urban Management and Disaster Mitigation
    (CEaS Seminar 2019)
もっと見る
学歴 (8件):
  • 1994 - 1995 大阪市立大学大学院 研究生
  • 1991 - 1994 大阪市立大学大学院 理学研究科 後期博士課程 地質学専攻
  • 1991 - 1994 大阪市立大学 地質学
  • 1990 - 1991 大阪外国語大学 日本語コース
  • 1980 - 1982 プ-ナ大学 地質学
全件表示
学位 (2件):
  • 博士(理学) (大阪市立大学)
  • Doctor of Science (Osaka City University)
経歴 (23件):
  • 2018/04 - 現在 大阪市立大学 工学研究科 都市系専攻 空間情報学 教授
  • 2016 - 現在 ナレースアン大学 客員教授
  • 2015/03 - 現在 大阪市立大学 都市防災教育研究センター 兼任研究員
  • 2009 - 現在 中国科学院大学 客員教授
  • 2006/04 - 現在 大阪市立大学 大学院 創造都市研究科 教授
全件表示
委員歴 (23件):
  • 2016/02 - 現在 Spatial Information Research Co-Editor-in-Chief
  • 2016 - 現在 Spatial Information Research 副編集長
  • 2014 - 現在 Geo for All 顧問メンバー
  • 2014 - 現在 Geo for All Advisory board
  • 2010/10 - 現在 GIS学会 FOSS4G分科会 代表者
全件表示
受賞 (3件):
  • 2019 - 一般社団法人 地理情報システム学会 GIS名誉上級技術者
  • 2012 - Open Source Geospatial Foundation Sol Katz Award
  • 1995 - 一般社団法人 資源・素材学会 Young Scientist Award
所属学会 (7件):
日本-ベトナム空間情報学連合 ,  日本地質学会 ,  日本リモ-トセンシング学会 ,  日本GIS学会 ,  インド地質学会 ,  日本情報地質学会 ,  国際数理地質学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る