研究者
J-GLOBAL ID:200901044504595965   更新日: 2021年12月15日

亀田 裕介

カメダ ユウスケ | Kameda Yusuke
所属機関・部署:
職名: 助教
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (1件): http://sites.google.com/site/yusukekameda/
研究分野 (4件): 通信工学 ,  生命、健康、医療情報学 ,  知覚情報処理 ,  高性能計算
研究キーワード (4件): シーンフロー ,  オプティカルフロー ,  動き推定 ,  流体計測
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2020 - 2024 イメージセンサを用いた高時間分解能の動き分布の推定理論構築とその映像処理への応用
  • 2017 - 2021 立体映像符号化のためのシーンフロー推定法の構築とその動き補償と奥行き補償への応用
  • 2016 - 2019 画素毎の動き推定を用いた動き補償予測による高能率な動画像符号化方式
  • 2014 - 2016 映像上の加速度場の推定法の構築とその高速計算法に関する研究
  • 2015 - 2016 画素毎の動き推定による高精度な動き補償予測技術の開発
全件表示
論文 (76件):
  • Shinnosuke KURATA, Toshinori OTAKA, Yusuke KAMEDA, Takayuki HAMAMOTO. CMOS Image Sensor with Pixel-Parallel ADC and HDR Reconstruction from Intermediate Exposure Images. IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences. 2022. E105-A. 1
  • Yuya KAMATAKI, Yusuke KAMEDA, Yasuyo KITA, Ichiro MATSUDA, Susumu ITOH. Lossless Coding of HDR Color Images in a Floating Point Format Using Block-Adaptive Inter-Color Prediction. IEICE Transactions on Information and Systems. 2021. E104.D. 10. 1572-1575
  • Kyohei Unno, Yusuke Kameda, Yasuyo Kita, Ichiro Matsuda, Susumu Itoh, Kei Kawamura. Lossless Video Coding Based On Probability Model Optimization With Improved Adaptive Prediction. 2021 IEEE International Conference on Image Processing (ICIP). 2021. 1-5
  • Misaki SHIKAKURA, Yusuke KAMEDA, Takayuki HAMAMOTO. Scene Adaptive Exposure Time Control for Imaging and Apparent Motion Sensor. IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences. 2021. E104.A. 6. 907-911
  • Kurumi Kataoka, Yusuke Kameda, Takayuki Hamamoto. [Paper] Adaptive Exposure-time Control Based on Image Entropy for Multiple-exposure-time Image Sensor. ITE Transactions on Media Technology and Applications. 2021. 9. 2. 128-135
もっと見る
MISC (130件):
講演・口頭発表等 (176件):
  • 高速・高空間解像度CMOSイメージセンサのためのリングアンプを用いた列並列パイプラインADC
    (デザインガイア2020(電子情報通信学会 集積回路研究専門委員会 (ICD)) 2020)
  • 高ダイナミックレンジ画像の2段階可逆符号化に適したトーンマッピング関数の検討
    (第35回画像符号化シンポジウム(PCSJ 2020)・第25回映像メディア処理シンポジウム(IMPS 2020) 2020)
  • 適応予測と事例探索を併用した確率モデル最適化に基づく可逆符号化方式の動画像への拡張
    (第35回画像符号化シンポジウム(PCSJ 2020)・第25回映像メディア処理シンポジウム(IMPS 2020) 2020)
  • 単一光子検出型撮像方式のための画素毎に推定した注目度に基づく動きぼけ抑制
    (第35回画像符号化シンポジウム(PCSJ 2020)・第25回映像メディア処理シンポジウム(IMPS 2020) 2020)
  • 事例探索に基づく低解像度画像の可逆符号化のための共通辞書の検討
    (第35回画像符号化シンポジウム(PCSJ 2020)・第25回映像メディア処理シンポジウム(IMPS 2020) 2020)
もっと見る
学歴 (6件):
  • 2008 - 2012 千葉大学 情報科学専攻
  • 2006 - 2012 国立情報学研究所
  • 2006 - 2008 千葉大学 知能情報工学専攻
  • 2005 - 2006 国立情報学研究所
  • 2002 - 2006 千葉大学 情報画像工学科 情報工学コース
全件表示
学位 (2件):
  • 博士(工学) (千葉大学)
  • 修士(工学) (千葉大学)
経歴 (8件):
  • 2021/04 - 現在 上智大学 理工学部 情報理工学科 助教
  • 2021/04 - 2022/03 東京理科大学 工学研究科 客員研究員
  • 2019/04 - 2021/03 東京理科大学 工学部電気工学科 嘱託講師
  • 2017/04 - 2019/03 東京理科大学 理工学部電気電子情報工学科 嘱託特別講師
  • 2013/04 - 2017/03 東京理科大学 理工学部電気電子情報工学科 嘱託助教
全件表示
委員歴 (69件):
  • 2020/11 - 現在 電子情報通信学会 画像符号化シンポジウム・映像メディア処理シンポジウム実行委員(PCSJ / IMPS)
  • 2020/10 - 現在 日本光学会 欧文誌 Optical Review 査読委員
  • 2021/06 - 2025/06 電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ和英論文誌(A)編集委員会 編集委員
  • 2017/06 - 2023/06 電子情報通信学会 画像工学研究専門委員会 専門委員
  • 2021/09 - 2023/03 電気学会 2022年電気学会産業応用部門大会実行委員会委員
全件表示
受賞 (24件):
  • 2021/05 - 映像情報メディア学会 丹羽高柳賞(論文賞) Lossless Color Image Coding Based on Probability Model Optimization Utilizing Example Search and Adaptive Prediction
  • 2021/03 - 電子情報通信学会 画像工学研究専門委員会 IE賞 単一光子検出型撮像方式によるビットプレーン列からの被写体毎の動き推定とその応用
  • 2021/01 - The 24th International Workshop on Advanced Image Technology (IWAIT 2021) IWAIT Best Paper Award Probability Model Adjustment for the CNN-based Lossless Image Coding Method
  • 2020/09 - 情報処理学会 シニア会員称号
  • 2020/05 - 電子情報通信学会 画像工学研究専門委員会 IE特別賞 CTIA画素回路を用いた高感度・高DR信号を同時に出力可能なイメージセンサ
全件表示
所属学会 (15件):
日本応用数理学会 ,  SIAM ,  国際光工学会(SPIE) ,  精密工学会 画像応用技術専門委員会 ,  画像電子学会 ,  米国電気電子学会(IEEE) ,  電気学会 ,  人工知能学会 ,  日本視覚学会 ,  ACM ,  画像センシング技術研究会 ,  情報処理学会 ,  映像情報メディア学会 ,  電子情報通信学会 ,  国際パターン認識連盟(IAPR)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る