研究者
J-GLOBAL ID:200901044559614179   更新日: 2020年12月22日

田原 大輔

タハラ ダイスケ | Tahara Daisuke
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 水圏生産科学 ,  動物生理化学、生理学、行動学
研究キーワード (6件): 養殖 ,  魚道 ,  アユカケ、カマキリ、アラレガコ ,  淡水カジカ類 ,  内分泌学 ,  繁殖生理
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2019 - 2022 有明海の第三の人工構造物・ノリひび網設置による流れの変化に伴う魚類成育場への影響
  • 2016 - 2019 河川工作物が底生魚類の個体群・群集に及ぼす生態的影響の多面的評価手法の確立
  • 2015 - 2019 亜寒帯バイカル湖のカジカ類の湖底1600mまでの適応放散を分子・生活史から探る
  • 2014 - 2017 カジカ個体群間の産卵期変異を通じた地域個体群の固有性の明示と保全
  • 2012 - 2015 タケノコメバルの放流が及ぼす遺伝的影響評価と多様性保全の為の精子凍結保存法の確立
全件表示
論文 (10件):
  • Yasunori Koya, Ryoji Fujii, Daisuke Tahara, Hidenobu Yambe, Takaharu Natsumeda. Effects of preventing a temperature decrease during winter on reproduction of male small-egged Kajika,Cottus polluxSE. FISH PHYSIOLOGY AND BIOCHEMISTRY. 2020. 46. 4. 1243-1253
  • Kimberly M. Burnett, Christopher A. Wada, Makoto Taniguchi, Ryo Sugimoto, Daisuke Tahara. Evaluating the Tradeoffs between Groundwater Pumping for Snow-Melting and Nearshore Fishery Productivity in Obama City, Japan. WATER. 2018. 10. 11
  • Yasunori Koya, Ryoji Fujii, Hidenobu Yambe, Daisuke Tahara. Hypertrophy and polysaccharide production in the kidney associated with sexual maturation of male small-egged Kajika, Cottus pollux SE. ICHTHYOLOGICAL RESEARCH. 2016. 63. 2. 260-266
  • Yasunori Koya, Ryoji Fujii, Hidenobu Yambe, Daisuke Tahara. Nesting behavior is associated with increased urinary volume in the urinary bladder during the reproductive period in small-egged Kajika, Cottus pollux SE. ICHTHYOLOGICAL RESEARCH. 2016. 63. 1. 59-67
  • Ryo Sugimoto, Hisami Honda, Shiho Kobayashi, Yoshitake Takao, Daisuke Tahara, Osamu Tominaga, Makoto Taniguchi. Seasonal Changes in Submarine Groundwater Discharge and Associated Nutrient Transport into a Tideless Semi-enclosed Embayment (Obama Bay, Japan). ESTUARIES AND COASTS. 2016. 39. 1. 13-26
もっと見る
MISC (17件):
  • 下村 雄志, 田原 大輔, 藤井 亮吏, 岸 大弼. 小型円形水槽におけるアユカケ0歳魚の成長および成熟特性. 岐阜県水産研究所研究報告 = Report of Gifu Prefectural Research Institute for Fisheries and Aquatic Environments. 2020. 65. 25-29
  • 田原 大輔, 青木 治男, 中村 圭吾. 九頭竜川におけるアラレガコ(カマキリ)の保全・再生に向けて. 応用生態工学. 2019. 22. 1. 1-17
  • 田原 大輔, 細井 公富. 産・学・官・金スポットライト 産学官による小浜市「鯖、復活」プロジェクト. テクノふくい = Techno Fukui : 技術情報誌. 2019. 99. 26-29
  • 田原 大輔. 小浜の地下水とその現状 (地域公共政策学会2016年度冬季研究大会講演). 地域公共政策研究 = Public policy in local governments. 2018. 26. 13-21
  • 藤井 亮吏, 下村 雄志, 田原 大輔, 棗田 孝晴, 岸 大弼. 飼育環境におけるカジカ大卵型・中卵型・小卵型の卵および仔稚魚の生残状況. 岐阜県水産研究所研究報告 = Report of Gifu Prefectural Research Institute for Fisheries and Aquatic Environments. 2018. 63. 7-16
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1996 北海道大学 水産増殖学
  • - 1996 北海道大学
  • - 1993 北海道大学 水産増殖
  • - 1993 北海道大学
学位 (1件):
  • 水産科学博士 (北海道大学)
所属学会 (4件):
日本魚類学会 ,  日本水産増殖学会 ,  日本水産学会 ,  応用生態工学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る